どうも、ためくにです。

 

Twitterでは軽く報告していたのですが、
今月10日から東京(表参道)に引っ越しました。

 

4年近く住んでいたら大阪を離れて、
心機一転、東京で頑張ろうと思っています。

 

 

以前から東京に引っ越そうと思っていましたし、
友人からも「いつ東京に引っ越すんですか?」
と長らく言われていました。

 

1年前でも引っ越せたのですが、
なぜ、このタイミングで引っ越したのか?
また、東京に引っ越して、
今後、何をする予定なのか?
について書いていこうかなと思います。

 僕はただただ普通の生活がしたかった。

ビジネスの世界で上を目指すなら、
地方より東京の方が有利になります。

 

別に月収100万円レベルなら、
地方だろうが東京だろうが難易度は変わりません。

 

けど、年収1億円とか目指すなら、
人脈を作った方が有利になるので、
東京に住んでいる方がいいんですよね。

 

起業家としてレベルアップするなら、
東京に住んでいる方が間違いないのですが、
それでも大阪に住み続けた理由は、
ただただ普通の生活をしたからでした。

 

 

起業家や経営者の世界は少し特殊で、
みんな毎日のようにお金のことを考えています。

 

口を開けば儲け話のことを話すし、
中には睡眠時間や友人・家族関係を疎かにして、
ひたすら売り上げupを追い求めている人もいます。

 

別にそれが悪いとは思いません。

 

そもそも資本主義社会というのは、
お金を基準とした世界なので、
よりお金を稼いだ人間が賞賛されますし、
お金があればあるほど選択肢は広がります。

 

 

まぁ実際には、個人の幸福度でいうと、
月収300万円を超えたあたりからは、
どれだけ収入を増やしても、
あまり幸福度は変わらないのですが・・・

 

(これはあくまでお金を基準にした場合で、
仕事にやりがいを見出している人は、
ビジネスをすればするほど幸せになるでしょう)

 

 

で、僕自身、月収300万円を超えたあたりから、
収入が増えても嬉しいという感情は無くなりました。

 

銀行口座に数字が増えていくだけで、
精神的な幸福度は変わらなかったのです。

 

そんな状態に1年ほど前になったのですが、
次、何をしようかと考えた時、
ビジネスに没頭するのは悪手だと思いました。

 

 

僕は学生時代から起業して自動化するまで、
何かしら一つのことに取り組んできました。

 

学生時代はテニスや受験勉強でしたし、
起業してからはビジネスに没頭していました。

 

良いのか悪いのか分かりませんが、
僕は一つのことに没頭すると、
そればかりやってしまう性格です。

 

なので、この20数年間、
普通の生活をしてきませんでした。

 

 

普通というのは高校時代でいうと、
友達とボーリングやカラオケをしたり、
サイゼリヤで談笑したりです。

 

また、大学や社会人になると、
旅行やグルメ、趣味を始める人もいます。

 

そういった普通の生活を
今まであまりやって来ませんでした。

 

人生、長い目で見たら、
ビジネスにずっと没頭するよりも、
そういった普通の生活を一度経験した方が、
幸せな人生を歩めると思ったのです。

 

 

東京に引っ越してしまうと、
周りは経営者ばかりになるので、
どうせビジネスをやってしまうし、

 

それなら大阪でもうしばらく住んで、
旅行やグルメ、趣味などなど、
今までできなかったことをしようと思ったわけです。

 

他のブログ記事にも書いているように、
この半年、1年ほどは、
ビジネスの作業はあまりやっていませんでした。

 

それこそ2ヶ月〜3ヶ月、
パソコンも開かない時期もありました。

(それでも収入が伸びていく、
ネットビジネスは本当に素晴らしいです)

 

 

ビジネスをする代わりに、
旅行に行ったり、美味しい料理を食べたりしていました。

 

他にも色々と遊んだのですが、
それはまた別の記事で書けたらなと。

 

また、高校や大学時代の友人とも遊んだりして、
少し遅い青春時代を過ごしている気がしました。

 

 

そんな感じで自由に暮らしていたのですが、
やはり自由だけだと物足りなくなってきました。

 

旅行も大阪の高級ホテルは一通り行きましたし、
沖縄や北海道にも行ってきました。

 

またグルメも北新地のお店はかなり制覇しました。

 

それこそ一泊10万円のホテルや
一食5万円の料理も経験してみたのですが、
ある程度、経験すると、
「まぁこんなものだよね」と思うようになりました。

 

高級といっても上限は決まっているので、
たとえ新しいホテルだろうと、
新しいお店だろうと刺激は薄くなっていきました。

 

もうかなり遊んだし、
次のステージに行かないとなーと思った次第です。

 

 

1年近く自由に過ごしてみましたが、
やはり僕は何かしら成長しないと
気が済まない性格だと気付きました。

 

自由に過ごしていたと言っても、
気づいたら哲学や歴史の書籍を読んだり、

(今も天皇の歴史について学んでいます。)

 

自分に足りないものは何か?
と内省し始めたりしていて、
本当にのんびりするのが苦手だなと感じました。

 

また旅行やグルメに興じて来たのも、
その経験が足りないからという、
成長志向から行動していたので、
結局、成長のためにやっていたようなものです。

 

僕は成長にお金と時間を割いていきたいですし、
そのためには東京の方が良いなと思い、
東京に引っ越したという流れです。

 

 

あと、大阪で仲良かった人が、
6月から東京に転職することになったんですよね。

 

「俺、東京に転職することなりましたわ」
というLINEが届いて、

 

その1分後には、
「じゃあ僕も東京に行きます」
と返信していました。

 

そんな感じで色んなタイミングが重なって、
東京に引っ越しをしたというわけです。

 

 

大阪にも仲良い人はいるので、
かなり居心地が良かったのですが、
さらに成長するには東京一択だなと思いました。

 

ちなみに、大阪で仲良かった人も、
5人くらい僕の教材でビジネスの勉強をしてくれています。

 

自動化に成功したら東京に引っ越すみたいなので、
すごく楽しみにしています。

やはり東京の方が情報は集まってくる

今後はネット起業家界隈だけでなく、
色んな業種の人と人脈を作って行こうと思っています。

 

そこで得た情報をブログやメルマガで発信したり、
他のビジネスに挑戦したりしていきたいなと。

 

 

自分もそうだったのであまり強く言えませんが、
ネット起業家はある程度自由になると、
堕落した生活を送るようになる人が多いです。

 

ネットビジネスは自動化が簡単にできるので、
ちょっと本気でビジネスをすれば、
月数百万レベルは達成できてしまいます。

 

その時、お金だけを基準にしていたら、
自分が何をすればいいか分からなくなります。

 

先ほど言ったように、
月300万円を超えると幸福度はあまり変わりません。

 

かといって、他のビジネスを始めるのも億劫です。

 

 

利益率やリスクの低さでいうと、
ネットビジネスが最強なので、

 

実店舗ビジネスなど、
他の事業に参入しようと思っても、
面倒くさくなって辞めてしまいます。

 

しかし、お金と時間だけは有り余っているので、
結局、飲みや女遊び、ゴルフなどに辿り着きます。

 

別に明確な目的があればいいのですが、
ほとんどの人は、別にやりたいことがないから
という理由で、
夜の街で遊んだり、ゴルフをしたり、
まるでおっさんのような生活をしてしまっています。

 

(誤解がないように言っておくと、
これは誰か特定の人を指しているわけではないです)

 

貴重な20代をダラダラと過ごすのは
すごくもったいないと感じるのです。

 

 

ゴルフはできると人脈形成にも繋がるので、
僕も本格的に始める予定ですが、
ちゃんと目的意識を持って、
毎日を過ごしたいなと思っています。

 

特に東京は格上の人間がゴロゴロいるので、
どんどん会っていきたいなと思います。

 

 

東京に引っ越してまだ10日ほどですが、
やはり東京の方が、
良質な情報が集まってくると感じています。

 

億越え経営者から「今から会える?」
というLINEが来たりするのですが、

 

大阪ならどれだけ急いでも、
3時間とかかかるところを、
10分あれば合流とかできるわけです。

 

この前もその流れで一緒に飲んで、
いろいろと有益な情報を教えてもらいました。

 

 

また別の日は、友人の紹介で、
某大手広告代理店の人とランチしました。

 

コミュ力が高く自信がみなぎっていて、
純粋にカッコ良いなと思いました。

 

仕事もテレビ局と組んで、
マス向けの広告を打ったりしていました。

 

僕も広告を出稿していますが、
規模感が全く違うのですごく勉強になりました。

 

 

あと、お会いする前から気になっていたのが、
エリートサラリーマンは、
個人起業家のことをどう思っているのか?
ということです。

 

僕は大学4年の時に就活を放棄して、
起業した立場なので、
言ったらエリート人生から逃げた人間です。

 

まぁお金の問題を解決するなら、
ネットビジネスが最適だと思ったので、
当時の選択を後悔はしていませんが、

 

金融や広告代理店、商社など、
エリートサラリーマンに対して、
ちょっとした劣等感を感じていました。

 

 

で、僕が今やっている情報ビジネスの話をすると、
「めちゃくちゃ良いよね!」と褒めてくれました。

 

というのも、今、株価が伸びている企業は、
コンテンツビジネス(情報ビジネス)か金融、
あとはコンサル業がほとんどだそうです。

 

コンサル業も大枠で見ると情報ビジネスなので、
今の世の中って、情報と金融、
このどちらかに携わることが正解の動きです。

 

金融(不動産、株式投資など)に関しては、
ある程度、資産に余裕がないと旨味がないので、
個人が金持ちになろうと思ったら、
情報ビジネス一択ということになります。

 

 

で、その広告代理店の会社も、
社内で伸びている事業は、
コンテンツビジネスばかりと言っていました。

 

情報ビジネスって怪しいと思っている人も多いですが、
時流に乗ったビジネスモデルですし、
今や大手企業も推奨しているので、
今、情報ビジネスをしている人は、
自信を持って続けて欲しいなと思います。

 

・・・と、そんな感じで、
東京では生活していこうと思っています。

 

今後はさらに足を動かして行動する予定なので、
またその辺りもシェアしていきますね。

PS、

大阪と東京の一番の違いは、
人の多さもそうですが、
タクシー運転手の愛想のなさです。笑

 

大阪だと約半分の運転手が、
向こうから話しかけて来たのですが、
東京だと今のところ一回しかありません。

 

大阪だとお勧めのお店だったり、
向こうからバンバン教えてくれたので、
それがないのは少し寂しいです。

 

 

で、昨日乗ったタクシー運転手は、
向こうから話しかけてくる人で、
その話をしてみたら、

 

東京は芸能人が乗ったり、
仕事で忙しい人が乗ったりするから、
運転手側から話しかけることは少ないのだとか。

 

なるほどと妙に納得しました。
次は自分から話そうと思います。

 

 

ちなみにその運転手曰く、
よく元SMAPの中居君を乗せていたそうで、
理由は、表参道に、
キクタクの家があったからだそう。

 

キムタクの家にSMAPのメンバーで集まり、
タクシーでよく帰って行ってたと言ってました。

 

さすが東京、すごいですね!!と、
田舎もん丸出しでした。笑

 

せっかく東京に引っ越したので、
楽しみつつビジネスも頑張りたいと思います。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収200万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「暇な金持ちの賢い生き方」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket