どうも、ためくにです。

 

僕は一時期、交流会を主催していたこともあり、
大勢の経営者、お金持ちと接してきました。

 

その中には幸せそうな人もいれば、
お金はあるのに不幸な人もいました。

 

せっかく幸せになるためにビジネスを始めて、
努力してお金持ちになれたのに、
それでも不幸ってすごくもったいないです。

 

そこで今回は、どんな生き方をすれば、
幸せな生活が手に入るのかを書いていきます。

 

ネットビジネスをすれば、
半年、1年でかなり豊かな生活が手に入ります。

 

ぜひ稼いだ後、不幸な経営者にならないためにも、
今回の記事は読んでくださいね。

不幸な経営者の特徴とは?

結論から言うと、
不幸な経営者はライバルを常に意識しています。

 

他人に勝てるかどうかが幸せの基準です。

 

仮に年収が1億円を超えても、
上には上がいるので、
社会全体でみるとかなり豊かな生活を送っているのに、
いつまでも劣等感を抱いていたり、
休む暇もなくずっと働き続けています。

 

なので、お金持ちに中には、
精神的にも肉体的にもボロボロな人も一定数います。

 

 

どんな物事もそうですが、
本来、幸せを手に入れるために取り組むはずです。

 

ビジネスを始める理由は様々ですが、
根本にあるのはお金を稼ぎ幸せになることです。

 

しかし、ライバルに勝つことばかり意識していると、
どれだけ稼いでも幸せになれず、
お金があるのに精神的に病んでいる状態になります。

 

そういう経営者は意外と多いので、
これからビジネスをする人は気をつけて欲しいなと思います。

 

 

では、どうすればいいのかというと、
他人との競争から抜け出すことが幸せの第一歩です。

 

お金という基準だけで他人と戦っていると、
果てには孫正義や前澤友作などと戦うことになります。

 

万が一、彼らに収入や資産で勝ったとしても、
次は世界の億万長者たちが待っているわけです。

 

ライバルに勝つことだけが幸せの基準だと
ビジネスでは一生涯に渡って心の平安は訪れないでしょう。

 

 

当たり前の話かもしれませんが、
彼ら日本を代表する経営者たちに勝てないと、
不幸なのかというと違いますよね。

 

どんな業界でもトップは一人だけです。

 

ナンバーワンを目指し、
負けたら敗者の烙印を押すのは間違っています。

 

けど、経営者界隈では、
どうしてもお金や収入が基準値になり、
稼いでいる人が偉いという風潮があります。

 

 

もちろん、お金は大事ですし、
たくさんお金を稼ぐのは悪いことではないです。

 

ただ、それは誰のためにやってるの?
もう十分、資産があるのに、
さらに身を粉にして働く必要あるの?と思ってしまうのです。

 

ビジネスが楽しくて楽しくて、
寝食忘れて取り組んでしまうというなら良いことです。

 

けど、いろんな経営者と接して分かったのは、
すでに十分な収入があり、
そこまで今のビジネスに熱量が高いわけでもないのに、

 

周りの経営者がビジネスをしているから、
周りの経営者に負けないために、
どうでもいい見栄やプライドでビジネスをしているケースが多々あります。

 

(一応、誤解のないように言っておくと、
僕の知り合いには経営者が多いですが、
別にこれは特定の誰かを批判するものではないです)

 

(世間一般的に起業家・経営者は、
ライバルに勝つために、
ビジネスをやっている人が多いよねって話です)

 

 

僕はというと、
あまり他人に勝つことに興味がないです。

 

僕も一時期、経営者界隈の風潮に染まり、
「1億円稼がないと人間じゃない。」
「経営者たるもの収入は伸ばし続けないといけない」
と思っていました。

 

もちろん、今でも年収1億円は目指していますし、
ビジネスは好きなので、
これからもやっていきたいと思っています。

 

ただ、ライバルと収入を比較していると、
金は稼げても精神的には不幸だなと気づきました。

 

同年代で自分より稼いでいる人を見ると、
俺も頑張ろうと刺激は受けますが、
別に収入で負けようがあまり悔しくないです。

 

結局、自分がどう生きたいか?が大事なので、
それに見合うビジネススタイルを取ることの方が大事だと思っています。

ただ目の前の幸せを手に入れたかった。

僕が起業した理由は、
雇われ生活が嫌だったからです。

 

大学時代まではテニス漬けの日々で、
好きなことに没頭していて楽しかったです

 

けど、就活が始まると現実に戻されました。

 

来年からサラリーマンになり、
週5日勤務で朝から晩まで働かないといけませんでした。

 

別に会社員としてやりたいこともなく、
どれだけ頑張っても手取りは20万円台です。

 

なぜ一度きりの人生を、
やりがいのない仕事に費やさないといけないのか?

 

別に僕は高級車を乗り回したり、
ブランド品を買い漁ったり、
キャバクラで豪遊したりしたかったわけではないです。

 

ただただ自分が好きなことを思う存分できる
お金と時間が欲しかっただけです。

 

 

雇われの身にならないために僕は起業しました。

 

するとあっさりと小金持ちになり、
今は何のストレスもなく、
毎日やりたいことをやっています。

 

僕の今の月収は400万円ほどで、
経営者界隈だとひよっこです。

 

けど、自分が興味あることに対して、
お金と時間のリソースを全て割けますし、
嫌な人間関係もないので、
本当に毎日充実しているなと思っています。

 

 

別に上を目指すことが一概に悪いことではないです。

 

成長を止めるとあとは退化するだけですし、
僕自身、成長欲求は人一倍あります。

 

しかし、成長欲求の矛先を間違えて、
ライバルに勝つため、
お金のためだけにビジネスをすると、
不幸な生活が待っていますよということです。

 

僕もまだまだ成長していきたいですが、
それはビジネスだけでなく、
人生全般で成長していきたいと思っています。

 

 

今は収入を上げることは優先順位で一位ではなく、
知的好奇心に従い、
やりたいことを全力でやるようにしています。

 

それこそこの三ヶ月くらいは、
ビジネス活動はほとんどせず、
プライベートの充実に全振りしていました。

 

旅行、ヘリ、バンジー、船etc。
いろんな経験をしてみましたし、
かなり濃い三ヶ月を過ごすことができました。

 

やりたいことも一通りやったので、
またビジネス活動を再開しようという感じです。

 

こんな風に自分が興味あることを
毎日やり続ける日々が続けば、
それだけで幸せだなと思っています。

月200万円あれば幸せになれる。あとは自己満の世界。

僕の体感として、
月200万円あれば何不自由な生活が手に入ります。

 

月100万円でも十分豊かな生活が手に入りますが、
税金などのことも考えると、
月200万円は安定した収入が欲しいところです。

 

僕は月200万円を突破したあたりから
お金への執着が消え去りました。

 

移動はほとんどタクシーですし、
食事や買い物も値段を見ずに買えます。

 

ビジネスを自動化すれば、
フラッと旅行に出かけることもできます。

 

毎日キャバクラで豪遊したり、
高級な時計や車を買い漁らないければ、
生活に困ることは一切ありません。

 

 

月200万円以上は自己満というか、
自分がどうなりたいか?で決まるべきだと思っています。

 

より社会貢献したいなら、
収入を伸ばしていけばいいですし、
ビジネスに満足したなら、
趣味に没頭したり、
田舎や海外でのんびり過ごすのも良いでしょう。

 

僕の場合は知的好奇心が強いので、
興味あることをどんどんやるようにしています。

 

ビジネス活動をまだ続けているのも、
お金のためというよりも、

 

一流の経営者たちの視点を見てみたい。
一人でも多くの人に
自分の発信を通じて豊かな生活を手に入れて欲しい。

 

といった理由からです。

 

 

経営者界隈はよりお金を稼いでいる人が偉い
という風潮がありますが、それは間違いだと思っています。

 

もちろん、ビジネスという観点で言うと、
収入が高い=凄いことなので、
自分より格上の経営者に会うときは、
謙虚に接するようにしています。

 

ただ、お金はあくまで価値基準の一つですし、
それだけで人間を見ると悲惨なことになります。

 

お金は幸せになるための手段の一つです。

 

最低限の生活費だけ自力で稼いで、
あとは家にこもる生活をして、
それが満足しているならそれでいいですし、

 

逆に1億円稼いでも周りと比較して、
次は10億円だと焦って、
身を粉にして働いていたら、
その人は精神的には幸せじゃないはずです。

 

 

つまり何が言いたいのかというと、
他人と比較するのではなく、
自分軸で考えて、
自分が満足するライフスタイルを確立することが大事ということです。

 

先ほども言ったように、僕の体感として、
月200万円を安定して入るまではビジネスをした方が僕はいいと思います。

 

(月50万円とかならできることに制約があるので)

 

ただ、月200万円を超えたなら、
別に趣味中心に生活に切り替えてもいいですし、
飲食店をやったり、
より大きな事業をやるのもありです。

 

別に全員が全員、億の世界を目指す必要はないです。

 

成功しても不幸な人は一定数いるので、
そうならないように気をつけて欲しいです。

ライバルは自分だけ。

いろんな経営者と話して思いますが、
お金はあるのに不幸な人は結構な数います。

 

人間なので他人と比べるのは仕方ない部分もありますが、
いつまでも他人と比較していると、
どれだけ収入が増えても幸せにはなれないです。

 

僕は、他人に勝った負けたよりも、
目の前のことを全力で楽しんでいきたいです。

 

僕は中学から大学までテニスをしていて、
大学3年の頃までは下手くそだったのですが、
その原因の一つは、
ライバルに勝つことばかり考えていたことでした。

 

本来、スポーツを上達するためには、
自分のできないプレーを練習したり、
自分の得意なプレーを伸ばす必要があります。

 

けど、そんなことあまり考えず、
ライバルに勝つか負けるか?しか考えていませんでした。

 

 

そのままだと全然上手くいかず、
試合にもほとんど勝てませんでした。

 

それから取り組み方を変えて、
テニスを純粋に楽しみ、
ライバルのことは考えず、
練習に没頭するようにしました。

 

すると1年でかなり上達し、
今まで歯が立たなかった相手に勝てるようになったのです。

 

 

ビジネスも同じで、
ライバルに勝とうと思っている人は上手くいかないです。

 

仮に上手くいったとしても、
上には上がいるので精神的には安定しません。

 

ビジネスの本質はお客さんの悩み解決です。

 

僕たちがやるべきことは、
文章や動画で、
お客さんの悩みを解決することです。

 

するとお客さんは喜んでくれるし、
自分もビジネスが楽しくなり、
収入もどんどん増えていきます。

 

なので、あまり同業者とか意識しない方がいいよなと思いいます。

 

 

結局、何が言いたいのかというと、
僕はライバルに勝ちたいという欲求はなく、
ただ目の前の幸せがあればいいということです。

 

他人が何億円稼ごうが、
後から参入した人に月収を越されようが、
あまり気にしないです。

(上手くいっている秘訣は盗むようにしていますけどね)

 

大事なのは自分の理想の生活を追い求めることです。

 

自分軸をしっかり構築して、
それに向かって全力で成長していたら、
毎日が充実して精神的にも安定します。

 

 

繰り返しになりますが、
ビジネスを始めた理由は、
自分が幸せになるためのはずです。

 

その根本を忘れて、
ライバルに勝つこと、収入を伸ばすことばかり考えて、
お金はあるけど不幸な人は一定数いるので、
気をつけて欲しいなと思います。

 

お金はあくまで手段の一つなので、
ある程度、収入が増えたら、
あまり固執しない方がいいですね。

PS、

先日、友人に誘われて、
リッツカールトン京都に三人で行ってきました。

大阪のリッツはお城みたいな外観ですが、
京都は和風テイストでした。

 

土地によってコンセプトが違うので、
他のリッツも泊まりたくなりますね。

お風呂はこんな感じ。

 

緊急事態宣言中だからか人は少なく、
家族連れが何組か泊まっているくらいでした。

 

ジムやプール、サウナも貸切状態で、
三人で満喫していました。

 

ジムで運動し、プールで泳ぎ、
サウナで汗を流し、外気浴に当たる。
という最高の流れでした。

 

晩飯はリッツのレストランが閉まっていたので、
祇園四条のお店で焼き鳥をテイクアウト。

 

ただそれだけでは物足りず、ルームサービスも頼みました。

シャンパン、ケーキ、ポテトフライ、キャビア
という少し変な組み合わせ。笑

 

春頃には沖縄のリッツも泊まる予定なので楽しみです。
京都のリッツとの比較レビューもしようかなと思います。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収200万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「暇な金持ちの賢い生き方」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket