どうも、ためくにです。

 

情報発信ってシンプルで
インプットとアウトプットを繰り返すことで
売り上げを伸ばすことができます。

 

ただ、ネット業界を見渡すと多くの人が
インプットとアウトプットを誤解しているように感じます。

 

特にインプットとは何か?分からずに
とりあえず情報発信している人が多いと感じたので、
今回の記事では、インプットとは何か?を書いていきたいと思います。

アウトプットが下手な本当の原因は・・・

今回の記事を書こうと思ったことの発端は、
僕が今、所属しているコミュニティでのとある出来事が原因です。

 

僕を含めて4名のネット起業家がグループラインを作って、
より質の高い情報発信をするためのアドバイスをし合うようにしています。

 

で、そのコミュニティの一人が、

 

「僕はアウトプットが下手くそだと思って、
ひたすら情報発信をしていたけど、
そもそもの弱点はインプットだった」

 

と言ったんですよね。

 

これに対して、グループラインの他のみんなも

 

「それは確かにありますね。
インプットを疎かにしていました」

 

とすごく共感していました。

 

 

これは情報発信をしていたら
誰もが一度は通る道だと思うのですが、
ブログやメルマガを書くことに必死になって、
情報を仕入れる(インプット)を怠ります。

 

確かに、本を読んだり、人に会ったりって地味ですし、
それだけでは売り上げは伸びません。

 

メルマガを1記事書いている方が
目標に向かっているような気がします。

 

だから、インプットをあまりやらず、
ひたすら情報発信(アウトプット)ばかりします。

 

けど、良質なインプットがなければ、
質の高い情報発信もできないので、
作業量の割に、あまり売り上げは伸びません。

 

大きく売り上げを伸ばしている人ほど、
アウトプットよりもインプットに力を入れています。

 

それこそ億越えの経営者と話すと、
みんな情報量がエグいですし、
それを発信するから読まれて売り上げも伸びるのです。

 

インプットを疎かにして
アウトプットばかりしがちですが、

 

長期的に考えたら、
インプットに力を入れている人の方が、
質の高い情報発信ができるようになって、
結果的に売り上げも伸びていくということです。

インプットの3つの本質とは?

僕もこの一件があってから、
インプットとは何か?を改めて考えてみました。

 

それこそ、カフェに2〜3日篭って、
どんな発信をしたらいいのか?を言語化していきました。

 

途中、袋小路に入ってしまい、
情報発信のことを考えるのが嫌いになりそうでした。笑

 

それでもインプットとはなんぞや?を考えていくと、
一つの結論に辿り着きました。

 

それはインプットとは、
知識量、経験値、思考力から成り立つということです。

 

まぁよく考えたら当たり前なのですが、
これを真の意味で理解している人は少ないのかなと。

 

 

そもそも情報発信は、
面白いものや役に立つ発信が読まれます。

 

この辺りの話に関しては、
詳しくは無料のメルマガで解説をしています。
興味があれば読んでみてください。

 

 

じゃあ面白さや役立つ情報に根本は何か?
と考えてみると、
知識量、経験値、思考力にたどりつきました。

 

どれか一つに偏っていてもダメで、
この3つの総合力で情報発信の質は決まります。

 

 

例えば、膨大な知識量があっても
経験が伴わなかったら。説得力にかけます。

 

最近はワインにはまっていて、
安物から高価なもの(5~10万円代)のものまで飲んでいます。

 

けど、これがもし、ワインの本だけを読んで、
一度も自分で飲んだことがなければ、
そんな人の発信は誰も読もうと思わないでしょう。

 

どれだけ知識を仕入れても、
実践(経験)をしないとその情報の価値はグンと下がります。

 

 

じゃあ経験があればいいのか?
というと、そうでもないです。

 

どれだけ経験値が高くても、
思考力がないと深いコンテンツにならないからです。

 

例えば、ゴルフはある程度練習をすると、
誰でも打てるようになります。

 

けど、どうやれば打てるようになるのか?
その本質を考えないと他人に教えることはできないです。

 

これは天才タイプに多いのですが、
自分はできるけど、他人には教えられないパターンです。

 

(イケイケの営業マンに多いですね)

 

(自分は喋ったら商品が売れるけど、
その理由が分かっていないから、
部下にも「気合が大事だ」など、
本質とはずれたアドバイスをしてしまう)

 

 

ありがたいことに、僕の発信を読んだ人からは、
「すごく分かりやすいです」
「スラスラと読めます」
と言ってもらえることが多いです。

 

これは僕がすごいわけではなく、
ひたすら思考をしてきたからなんですよね。

 

今回の記事も、先ほど書いたように、
カフェで思考した後に書いています。

 

インプットという抽象的なことを、
言語化して書いているので、
多分、読みやすいのかなと思っています。

 

 

僕は起業家として才能がなかったので、
マーケティングやセールスなど、
ビジネススキルを全て言語化してきました。

 

誰でも理解出来るレベルに落とし込んでいるので、
再現性は高いと自負しています。

 

これがもし天才タイプの起業家だったら、
情報発信しても理解されないかったでしょう。

 

(有名な例で言うと、野球の長嶋茂雄さんは、
プレーヤーとしては超一流だけど、
天才がゆえに他人にはアドバイスできないなど)

 

そう考えると凡人で良かったなと思います。

 

 

話を戻します。

 

思考力があれば他人に教えられますが、
ただ、思考力だけが優れていてもダメです。

 

これは当たり前の話ですが、
どれだけ頭で考えていても、
知識や経験がないと机上の空論になります。

 

ゴルフをしたことも見たこともない人が、
こうすればいいんじゃね?とアドバイスしても、
何も役に立たないですからね。

(そんなシチュエーションはまずないと思いますが)

 

結論、インプットの本質とは、
知識量、思考力、経験値を伸ばしていくことですし、
その結果、情報発信の質も高まります。

知識はどこから仕入れたらいいのか?

知識量、経験値、思考力が大事なわけですが、
ただ単に知識を詰め込んだり、
経験をすればいいわけではありません。

 

どんな情報を仕入れるか?何を経験するか?
で情報発信の質は決まります。

 

 

知識に関して言うと、
誰でも気軽に手に入る情報にはあまり価値はないです。

 

僕は普段、SNSやYouTubeはほぼ見ませんし、
テレビも家にありません。

 

そういった無料で手に入る情報は
価値の低い情報がばかりですし、
誰でも気軽にアクセスできるので差別化もできないからです。

 

ビジネス系のインフルエンサーの投稿を読んで、
「役に立ちました!」「有料級の情報ですね!」
とコメントしている人がいますが、
マジでもったいないなーと思って見ています。

 

インフルエンサーがどうやって収益化しているのか?
そのマーケティング戦略をリサーチするならありですが、
TwitterやYouTubeの情報だけで成功するのはまず無理です。

 

 

まぁ僕もYouTubeとかで発信しているので、
「お前も発信してるじゃん」と思うかもですね。

 

一応、補足しておくと、
僕もブログやYouTubeでは、
起業家として基本的な思考や知識を発信していますが、
それだけでは成功するのは厳しいです。

 

ちょっとビジネスの戦略を話すと、
ブログやYouTubeでは、
ファンを作ったり、信頼を得るために発信しています。

 

で、本気で成功したい人には、
有料企画でガッツリとビジネスを教えるという流れです。

 

他の情報発信者もだいたい同じ流れなので、
無料の情報だけで学ぶのはお勧めしません。

 

(そもそも良い情報を得るには、
お金など何らかの対価を払うのは当たり前ですからね)

 

 

話が脱線したので戻すと、
無料の情報を仕入れてもダメですよって話でした。

 

じゃあどんな情報を仕入れたらいいのかというと、
他人がなかなかアクセスできない情報を集めるのが大切です。

 

代表的な例で言うと、高単価な教材やコンサルです。

 

僕はこれまで1000万円近く情報に投資をしてきて、
それらの情報を嚙み砕いで発信をしたり、
実践して効果があったものを有料商品として販売しています。

 

1000万円分の知識が詰まっているので、
そりゃ読まれるし、満足されるよねって思っています。

 

もちろん、初心者がいきなり
1000万円も投資する必要はないですが、
収入の差は、情報の差に比例するので、
お金を払って情報を仕入れる人は起業家として伸びていきます。

 

 

高単価な教材以外にも、リアルで人と会ったり、
論文や海外のサイトから情報を仕入れるのも有効な手段です。

 

リアルで人と会うと、
ネットでは手に入らない情報が手に入ります。

 

この前も夜系のお店の経営者と会ったのですが、
どんな仕組みなのか色々と裏側を教えてもらいました。

 

ちなみに、その経営者はネットから集客したいらしく、
一緒に組みましょうか?という話になっています。

 

Webマーケができない実業家は多いので、
そういう人と会うと仕事が決まりやすいです。

 

ネット業界の人はネット界隈だけで集まる傾向があるので、
あえて他の業界の人脈を作れば差別化になりますし、
そこで得た知識を情報発信することで、
より質の高い情報発信ができますね。

 

 

あと、論文や海外のサイトから
情報を仕入れる人は少ないので、
それらを発信すれば質の高い情報発信になります。

 

僕が使っているマーケティング戦略も、
アメリカ最先端のもので、
日本ではまだ使いこなしている人は少数です。

 

海外で流行ったものを日本に持ち込めば、
それだけで十分価値になります。

 

このようにお金を使ったり、労力をかけて
一般人がなかなかアクセスできない情報を仕入れたら、
質の高い情報発信ができます。

 

 

ここまでしないといけないの?
と思っている人もいるかもしれません。

 

ただ、情報発信はどんな情報を持っているか?
で決まると言っても過言ではないので、

 

妥協してネットの情報や安価な書籍から
しか情報を仕入れなかったら、結局、売り上げは伸びません。

 

それならちょっと面倒だけど
上記のような場所から情報を仕入れて、
それを発信した方が、売り上げは伸びますし、
結果的に豊かな生活が手に入ります。

 

これは人生全体に言えることですが、
目先の快楽をとるか、将来の豊かさをとるか、
で、収入も人生の質も決まります。

 

どちらを選ぶかは人それぞれですが、
僕は後者を選びました。

 

起業家として成功したいなら、
長期的な視点は必須なので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

いきなり全てできなくても、
お金や時間をかけて質の高い情報を
仕入れようとする姿勢は初心者でも必ず持つべきですね。

偏った経験が面白さを生む

経験値に関しても、
他人がなかなかやらないレベルまでやることが大切です。

 

例えば、僕はテニス歴10年ですが、
10年間の経験値が溜まっているので、
それを元に発信すればある程度質の高い発信ができます。

 

(テニスはある程度やり切った感があるので、
最近はあまりやっていないですし、
ビジネスにする予定も今のところないですが)

 

これがもし、テニスを1回、2回だけした人だと、
経験値が少ないので、あまり質の高い情報発信はできないです。

 

 

じゃあ大きな実績(経験)がないとダメなのかというと、
別にそういうわけではないです。

 

もし、今、何も経験がない人は、
一つのことをとことん経験してみてください。

 

コツは、一つのことを徹底的にやることです。

 

あれもこれも手を出す人よりも、
一つのことを愚直にしている人の方が
深くまで経験しているので面白い発信ができます。

 

 

例えば、僕は最近、筋トレをしていて、
パーソナルトレーナーの人に、
たんぱく質を大量に取れを言われています。

 

たんぱく質を取る手っ取り早い方法は、
肉を食べることなので、
気づいたら10日中7日、
晩飯に焼肉を食べていたんですよね。笑

 

知り合いを誘って、
大阪の北新地で毎日のように焼肉巡りをしていました。

これはトリュフ入りのおにぎりに、
さっと炙ったお肉を巻いて食べます。

 

さすがに毎日食べていたら飽きるかなと思いましたが、
そんなことなかったですね。

 

お店ごとに差別化ポイントがあり、
(食材、タレ、内装、接客など)
マーケティングの勉強にもなりました。

 

有名な焼肉屋さんはほぼほぼ行きましたし、
この話を他の人にするとめちゃくちゃ興味を持たれます。

 

深く経験するってこういうことなのかなと感じた出来事でした。

 

 

もし僕が今、初心者なら、何か一つでいいから、
他人に負けないレベルまで経験値を伸ばします。

 

ブログを100記事書くでもいいし、
Twitterで毎日30投稿するでもいいし、
筋トレをしまくる、英単語を覚えまくる、
でもなんでもいいでしょう。

 

一ヶ月も同じことをしていたら
一般人よりは経験値が貯まりますし、
それを発信すれば読まれるようになります。

 

何も発信することがない人ほど、
まずは一つの武器を手に入れることが大切です。

 

 

これでいうと、いろんな成功者と話していると、
成功している人ほど偏った経験を持っています。

 

他人と違う経験をしているから成功するんだなと思いますし、
その方が思い出に残る人生を送れます。

 

この辺りは僕もまだまだ弱い部分なので、
僕ももっと偏った生活をしていこうと思います。

 

 

・・・と、ここまでインプットとは何か?
を解説してきました。

 

知識量、経験値、思考力を鍛えるのって
地味なのであまりやる人は少ないです。

 

けど、成功者ほどこういう地味なことをしています。

 

質の高い情報発信をしたい場合は、
ぜひ試してみてください。

 

僕ももっとインプットの質を高めて、
より良い情報発信をできるように頑張りたいと思います。

PS、

実家に帰って父親と釣りをしてきました。

 

ベラやガシラなど合計20匹ほど釣れました。

 

起業家って売り上げを伸ばすことばかり考えて、
プライベートを疎かにしている人が結構います。

 

売り上げを伸ばすことは大事ですが、
他にもっと大事な時間があると思っています。

 

お金なんていつでも稼げるので、
売り上げばかりに固執せず、
今しかできないことにも時間を使いたいですね。

 

(今、まだ売り上げが安定していない人は、
まずはお金を稼ぐことに全力コミットしましょう)

PPS、

ちなみに、僕が20匹近く釣ったのに対して、
父親は3匹しか釣れていませんでした。

 

年一回くらい一緒に釣りに行きますが、
毎回同じような結果になります。

 

なぜ同じ漁場で結果が大きく異なるのかというと、
僕は魚がいる場所をひたすら探すことに注力するからです。

 

釣りって集客とすごく似ていると思っていて、
魚(お客さん)がいる場所を探して、
そこに餌(コンテンツ)を撒くと釣れます。

 

(お客さんを魚と呼ぶのには違和感がありますが、
わかりやすいように敢えてそう書いています)

 

 

僕は釣り場に着いたら、
ひたすら魚がいる場所を探します。

 

一つの場所で3分と釣れなかったら
すぐに別の場所に移動して、
魚がいる場所が見つかるまでひたすら移動し続けます。

 

で、魚がいる場所が見つかれば、
そこでひたすら釣ります。
(今回も入れ食い状態が何回もきました)

 

 

一方、父親は、一つの場所で糸を垂らして、
あとはぼーっと海を眺めています。

 

運良くそこに魚がいれば釣れますが、
そんなことは滅多にないのであまり釣れません。

 

まぁ本人は楽しそうにしていたので
あれこれ言うつもりはないですが、
釣りと集客は似ていると思ったのでシェアしました。

 

また何かあれば記事を更新したいと思います。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収200万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「暇な金持ちの賢い生き方」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket