どうも、ためくにです。

 

最近、Twitterを再開したのですが、
Twitterを見ているとビジネスの本質を無視して、
無駄な努力をしている人が多いなとすごく感じます。

 

その最たるものが、

 

「成功するためには、有名になる必要がある」

 

というものです。

 

インフルエンサーになるために、
毎日、Twitterに大量投稿したり、
ブログやYouTubeを更新したり、
インフルエンサーにリプしたり、
仲間と返信やいいねしあっているのです。

 

アクセス集めやフォロワー集めに必死なのですが、
正直言って、上記の作業は全て無駄なことです。

 

これらの作業を毎日必死にやっているなら、
成功からどんどん遠ざかっていることになります。

 

なぜインフルエンサーを目指してはいけないのか?
そしてどうすれば成功できるのか?

 

を今日のブログでは解説していこうと思います。

 

インフルエンサーにならず、
少ないアクセスで成功した事例も載せるので、
かなり役立つのかなと思います。

インフルエンサーはブラック企業の社員並みに働いている

僕はインフルエンサーを目指すことに
否定的な最大の理由は、
時間的な自由がなくなるからです。

 

インフルエンサーにとって、
収入の生命線はアクセスです。

 

薄いアクセスを大量に集めて、
有料Noteやオンラインサロンなどの
情報コンテンツを数千円で売っています。

 

仮に3000円の商品を売っていたら、
月収100万円稼ぐためには、
月333本も売らないといけないです。

 

1日10本以上も売るというのはかなり至難の技です。
(僕にはとてもじゃないけどできる気がしません)

 

安価な商品を大量に売るために、
冒頭にいったように、

 

・1日30ツイートしたり、
・ブログ、YouTubeを毎日更新し続けたり、
・他の有名人とコラボ企画をしたり

 

なんとかアクセスを集めようとしています。

 

 

確かにアクセスが集まったら、多少は稼げますが、
ひとたび投稿を止めてしまうと、
アクセスは急激に減り、収入も激減します。

 

なので、インフルエンサー達は、
収入を維持するためには、
有名になった後も大量投稿しているのです。

 

常に新鮮なネタを探して、
Twitterを四六時中開き、
アンチコメントにも対処しています。

 

多少はお金を稼げていますが、
こんな生活って自由とは程遠いですし、
まるで彼らが否定していると、
ブラック企業の社員と同じような生活です。

 

お金と時間に縛られたくなった僕にとっては、
少なとも彼らの生活に憧れられませんでした。

 

 

人間はすぐに飽きる生き物なので、
アクセスを集め続けるためには、
ずっと注目を集めないといけないです。

 

そのためには、
過激なことをいうことが手っ取り早いです。

 

だから、有名になった人たちは、

 

「大学は不要だ!」
「会社員は奴隷だ!」

 

など、炎上を狙って、
尖った発信をするようになります。

 

そういった発信をすると、
アクセスは確かに増えるのですが、
その大半は見込み客ではなくアンチだったりします。

 

なので、アクセスは増えたのに、
収入はさほど増えないという現状が起きます。

 

 

収入を増やすためには、
アクセスを集めるしかないと彼らは思っているので、

 

「もっと過激なことを言って、
アクセスを集めないといけない」

 

と、どんどん発信がエスカレートしていきます。

 

その結果、価値提供というビジネスの本質を忘れ、
コアなファンからも見放されて、
表舞台から消え去ったインフルエンサーは過去に山ほどいます。

目立ては目立つほど発信の価値は下がっていく。

もう一つ、有名になるデメリットは、
希少性が下がっていくことです。

 

人は希少性の高いものに価値を感じるので、
あまりに露出が高いと、
高単価な商品が売れなくなります。

 

僕は元芸人島田紳助さんが好きなのですが、
もし彼とご飯に行けるなら、
100万円でも余裕でお金を出します。

 

それは彼と直接会うことが滅多にできないからです。

 

もし彼がTwitterをやっていて、
「食事しましょう」と誘ったら、
誰でも会えるような存在だったら、
100万円を出したいとは思わないです。

 

つまり、人間は手の届かない存在に、
価値を感じるし、
それを手に入れるためなら高価でも払うのです。

 

 

で、Twitterでインフルエンサーを目指している人は、
誰とでも気軽に絡んでいるし、
毎日、大量に投稿をしています。

 

これらは希少性が低いことをアピールしているので、
どんどん自分の価値を下げてしまい、
結果的に商品が売れづらくなってしまいます。

 

1000円や3000円の商品なら、
希少性が低くても売れるのですが、
5万円、10万円、30万円といった、
高単価商品は全く売れなくなります。

 

それでもインフルエンサーは、
大量のアクセスがあるので、
なんとか生計を立てることができています。

 

けど、初心者はアクセスも少ない上に、
なおかつ商品単価も低くなるので、全然儲からないわけです。

 

で、もっと目立たないといけないと思い、
露出を増やそうとして、
さらに価値を下げていくという悪循環に陥ります。

 

 

もちろん、アクセスがゼロだったら、
商品は売れないので、露出を増やすことも大切です。

 

けど、誰とでも絡んだり、
むやみやたらに露出するのは危険です。

 

有名インフルエンサーのコメント欄に、
毎回のように薄っぺらいコメントをして、
露出を増やそうとしている人がいますが、

 

お客さんの立場になったら、
一発でレベルが低い人とバレますし、
そんなに毎日に大量投稿するくらいなら、
お客さんのサポートに力を入れろよって思われます。

 

インフルエンサーの発信に共感したりして、
その気持ちをコメントするのは良いですが、
ただただアクセスを増やすためだけに、
誰とでも絡んだり、コメントするのは逆効果なので気をつけましょう。

インフルエンサーに媚びるためにビジネスを始めたのですか?

初心者がインフルエンサーを真似してしまうのは、
ある意味、仕方がないことだと思います。

 

Twitterのビジネス界隈を見ると、
インフルエンサーが目立っていますし、

 

彼らにはフォロワーがたくさんいて、
いいねやリツイートも一般人よりあるので、

 

彼らが正解だと思うし、
彼らを目指してしまうのも当然の流れです。

 

ただ、ここで一つ考えて欲しいのが、
何のためにビジネスを始めたのか?ということです。

 

大半の人は、会社員生活に疑問を抱き、
自由を夢見てビジネスを始めたはずです。

 

経済的な成功を目指してビジネスを始めたのに、
やっていることは大量投稿したり、
インフルエンサーに媚びたりするだけです。

 

これって会社で上司や取引先に
媚び売っている構図と全く変わらないです。

 

インフルエンサーに媚び売ることが、
やりたいことなら別にいいですが、
経済的な成功を手に入れたいなら、
進むべき道を少し変えないといけないです。

 

 

僕はインフルエンサーが悪いとは思いません。

 

彼らは毎日、大量投稿をして努力したり、
時には体を張って自虐ネタを投稿したりもしています。

 

並大抵ではできないことなので、尊敬する部分もあります。

 

ただ、この記事を読んでいる人に伝えたいのは、
目立っている=稼いでいるとは決めつけない方がいいということです。

 

僕は分析するのが好きで、
よくいろんな企業、個人をリサーチするのですが、

 

世の中にはあまり目立たず、
こっそりと儲けている個人がたくさんいます。

 

それこそ労働時間ゼロで、
年間1億円以上稼いでいる人もいますし、
月100万円レベルならゴロゴロいます。

 

5年、10年と毎日投稿し続ける生活が良いなら、
インフルエンサーを目指したらいいですが、

 

けど、経済的に成功して、1日24時間、
好きなことができるライフスタイルが良いなら、
インフルエンサーを目指すのはお勧めしません。

1万フォロワーで月10万以下の理由・・・

僕はもう3年以上、情報発信していますが、
その過程で、インフルエンサーになろうとして、
失敗した人をたくさん見てきました。

 

例えば、美女が情報発信すると、
瞬く間にフォロワー数は増えていきます。

 

以前もかなり可愛い大学生が、
Twitterで情報発信を始めて、
3ヶ月も経たないくらいで、
フォロワー数は1万人を達成していました。

 

周りの人からも、

 

「〜ちゃんすごいね〜」
「これで有名インフルエンサーの仲間入りね」

 

と、もてはやされていました。

 

 

けど、肝心の収入は10万円にも満たなかったのです。

 

なぜかというと、フォロワーの大半は
下心のあるおっさんだったからです。

 

当たり前ですが、
ビジネスは商品を売って初めて利益が出ます。

 

どれだけフォロワーを集めても、
見込み客(商品を買う可能性がある人)
を集めないと意味がないのです。

 

彼女のフォローしていた人たちは、
彼女の商品に興味があるのではなく、
彼女の美貌に興味があっただけでした。

 

なので、1万人もフォロワーがいるのに、
お小遣い程度しか稼げなかったのです。

 

 

Twitterのビジネス界隈ではよく、
「とにかく大量更新だ」と言われています。

 

こういう根性論ってマジで無駄だなーと思って見ています。

 

確かにビジネス初心者で、
大量行動が必要な時期もありますが、
むやみやたらに行動してもダメです。

 

実際、インフルエンサーの教えに従い、
ブログを1年半、毎日更新し続けたのに、
収益は月1万円以下だった人もいます。

 

その人は副業をやめてしまったのですが、
ブログの更新を辞める時、
「私には努力が足りませんでした」
と言っていました。

 

それを見て僕は、
「いやいや、あなたは立派に努力していますよ」
と思いました。

 

1年半もブログを更新するなんて、
かなり大変なことですからね。

 

彼が足りないのは、
努力量ではなく、戦略的に行動することです。

 

正しい方向に1年半努力していたら、
彼は今頃、脱サラしていたでしょう。

 

 

他に有名インフルエンサーの中にも、
炎上して、アンチが湧き、
精神的に疲弊しているのに、

 

アクセスがないとお金を稼げないので、
毎日投稿し続けている人は結構います。

 

インフルエンサーはパッと見凄そうですが、
全然稼げていないケースも多いので、
ハリボテの姿に騙されないようにしたいですね。

月1万PVのブログで月200万円の裏側

もし個人ビジネスで成功したいなら、
アクセスを集めることに必死になったらダメです。

 

個人が使える資源(お金、時間、労力など)は
限られているので、
アクセスを集めることに注力すると失敗します。

 

大切なのは少ないアクセス数でも、
効率よく稼げるようになることです。

 

 

例えば、僕のビジネスメディアは現時点で、

 

・YouTube登録者1000人
・ブログ月間1万PV
・Twitterフォロワー数120人

 

と、超弱小アカウントです。

 

それでも月200万円以上、安定して稼げています。

 

それは濃いファンを作り、
彼らに徹底的に価値提供しているからです。

 

なので、一人のお客さんから100万円近く
お金をいただくこともあります。

 

商品力、コンテンツ力を高めているので、
顧客満足度が高く、リピーターになる人が多いのです。

 

 

いきなり僕と同じレベルは無理でも、
ちょっとビジネスを学べば、
5万円、10万円の商品はポロポロ売れるようになります。

 

もし10万円の商品が月3本売れたら、
それだけで十分、生活することもできます。

 

そのために、

 

・SEOに特化したつまらない記事ではなく、
ファン作りを意識した情報発信をしたり、

 

・メルマガを書いて、自動で価値提供したり、

 

・書籍を読んだり、人に会ったり、
教材学習して、コンテンツ力を高めたり

 

・質の高い商品を複数作り、
リピーターを生み出す仕組みを作ったり

 

する必要があります。

 

アクセスを大量に集める代わりに、
上記のことを意識して作業すれば、
少ないアクセスでも成功できますし、

 

一度、コンテンツを作れば、
あとは自動で価値提供してくれるので、
やればやるほど労力は減っていき、
最終的に労働時間ゼロで月100万円以上稼げます。

フォロワー1000人で月収400万円達成した事例

インフルエンサーを目指しても、
初心者が稼げない理由の一つは、
実績者と初心者では戦い方が違うことが挙げられます。

 

僕はビジネスである程度、実績があるので、
ビジネスで成功する方法を発信しても読まれます。

 

けど、まだ1円も自力で稼いだことがない人が、
僕と同じような発信をしても、
誰も反応してくれないですよね。

 

それと同じで、
インフルエンサーは成功マインドなど、
自己啓発的な発信が多いですが、

 

まだ成功していない人が
成功マインドを発信しても滑稽なだけです。

 

 

じゃあ初心者は何を発信するべきなのかというと、
ニッチな悩みに特化して発信することをお勧めします。

 

例えば、ビジネスの発信一つとっても、

 

・商品が売れない
・集客できない
・商品が作れない

 

など悩みは様々です。

 

さらに悩みを深掘りすると、

 

・YouTube集客ができない
・動画のサムネイルが作れない。
・動画の編集ができない。

 

と、悩みを細分化することができます。

(本当はもっと細分化できますが)

 

上記のように悩みを細分化していき、
その中の一つに特化して発信します。

 

すると、ライバルは少ないですし、
市場は少ないのですが、
悩みは深いので、
ターゲットには発信がモロ刺さります。

 

なので、稼げるのです。

 

 

一つ事例を挙げると、

 

とある起業家は「リスト取りのプロ」と名乗り、
メルマガ集客に特化して発信していました。

 

集客ができない人は多いです。

 

情報発信していてフォロワーは増えるけど、
集客できない(見込み客が集まらない)
人が彼の発信を熱心に読んでいました。

 

Twitter開設して2日も経つと、
熱狂的なファンが何人かできていました。

 

彼はさらにメルマガ集客に関して、
有益な発信を続けていき、
確実にファンを増やしていきました。

 

Twitterのフォロワーは1000人以下なのに、
毎回の投稿にはコメントやいいねが多数ついていました。

 

 

ある程度、ファンが集まってきた頃に、
彼は本格的に集客を学びたい人向けに、
10万円の商品を販売しました。

 

結果、10万円の商品が40本売れて、
月収400万円を達成したのです。

 

Twitterを開設してから月400万円稼ぐまで、
わずか2ヶ月半の出来事でした。

 

ここまで上手くいく事例は稀ですが、
初心者でも濃いファンを作っていけば、
同じように大きな利益を出すことができます。

 

 

今日のブログをまとめると、

 

・アクセス数はあくまで一つの要素
・大事なのはファンを作り、商品を作ること。

 

です。

 

ファン作りと商品販売という、
ビジネスの本質から外れて、

 

必死にアクセスだけを集めても、
あまり稼げないので要注意です。

 

仮にインフルエンサーになっても、
時間的な自由は奪われますし、
ブラック企業並みに毎日労働しないといけないので、

 

有名になろうとしている人は、
本当にその道であっているのか?考えてみてくださいね。

 

PS、

最近はちょくちょく東京に出張に行ってます。
先日も恵比寿のカフェで
広告運用のプロと情報交換しました。

僕は元々、大阪で交流会を主催していたので、
大阪の知り合いは結構いますし、
僕が住んでいる難波という場所は、
繁華街が近く、何不自由ない生活を送れています。

 

なので、2年ほど大阪に住んでいたのですが、
年収1億円やそれ以上を目指すとなると、
東京に引っ越す方がいいのかなとも思っています。

 

そのため、東京に月2回ほど行って、
ちょっとずつ人脈を広げていっています。

 

やっぱり東京は刺激が多いですね。

 

コロナが落ち着いた頃には、
東京に引っ越そうかなーと。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収200万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「暇な金持ちの賢い生き方」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket