どうも、ためくにです。

 

個人でビジネスをするなら、
高単価リピート戦略が最も儲かります。

 

その理由はこちらのブログ記事で
詳しく書いているので、
興味あれば合わせて読んでみてください。

→【脱うまい棒。ルイヴィトンを目指せ】

 

 

で、高単価リピート戦略の代表格なのが、
GUCCIやLOUIS VUITTONなどのファッションハイブランドです。

 

ブランド品のマーケティング戦略を取り入れると、
高単価でも人気になり、売れ続けるようになります。

 

僕自身は、ハイブランドとかあまり興味がなくて、
別に清潔感のある格好だったら、
ブランド品じゃなくてもいいという意見です。

 

ブランド品に何十万円もかけるくらいなら、
ハイレベルな人に会ったり、
情報コンテンツに自己投資して、
知識を増やしたほうがいいでしょって考えです。

 

ただ、ハイブランドのマーケティング戦略を学ぶことは、
ビジネスをする上で非常に大切になってきます。

 

なので、起業家仲間と一緒に、
阪急メンズ館に行ってきました。

 

メンズ館は高級ブランドが全て揃っていて、
マーケティング戦略を学ぶにはもってこいです。

 

実際、行ってみて色々と学べたので、
アウトプットがてら書いていきます。

なぜ高単価でも大人気なのか?

ハイブランドは一般的に超高単価です。

 

それこそT シャツが5万円や10万円します。

 

ユニクロやGUだと3000円以下でも買えるので、
いかにハイブランドが高単価か分かるはずです。

それでもハイブランドが好きな人は一定数います。
平均価格よりも10倍以上の価格でも喜んで買う人がいるんですよね。

 

 

なぜ高単価でも売れるのかというと、
優越感に浸れるからです。

 

人間には本能的に、他人に勝ちたい、
他人によく思われたいという欲求が備わっています。

 

これは言い換えると、
承認欲求であり、特別な人間になりたいという欲求です。

 

これらの欲求を、
ハイブランドはうまく利用しています。

 

 

ハイブランドというのは、
持っているだけで一種のステータスになります。

 

街中でも、ヴィトンのカバンや
GUCCIの財布を持っていると羨望の眼差しで見られます。

 

すると、ハイブランドを身につけている人は、
お金持ちや特別な人間になった気分になれます。

 

優越感には中毒症状があるので、
「もっと、もっと」という気持ちが強くなり、
ハイブランドにどんどんハマっていくのです。

 

 

逆にハイブランドは高くてなかなか買えない人は、
街中でブランド品を身につけている人を見ると、

 

「羨ましいな〜」
「私もあの服が欲しいな」

 

と思うようになります。

 

なので、仕事を頑張ってお金を貯めて、
誕生日などにご褒美として買ったりします。

 

で、ブランド品を持っていると承認欲求が満たされるので、
また仕事を頑張って、他のブランド品も買おうとするのです。

(あるいは、借金をして買うケースも)

 

このように、優越感に浸れるから、
人間は高単価でもハイブランドを買うというわけです。

 

 

ちなみに、たまに「私は承認欲求がない」
という人がいますが、
これも裏を返せば、
興味ないという宣言をすることで、
他人より優れているという意思表示になります。

 

例えば、僕は二十数年間、
ハイブランドに全く興味がありませんでしたが、

 

その理由の一つは、
「あんな高値で買うなんて馬鹿らしい」
という考えがあったからです。

 

これってちょっとうがった見方をすると、
「ハイブランドに振り回されない俺は、特別な人間だ」
という優越感に浸っていたことになります。

 

何が言いたいのかというと、
人間は本能的に他人に勝ちたいいう欲求があるということです。

 

だから、ハイブランドを買いたくなる人も、
ブランド品とか興味ないと言う人も、
自分は特別な人間になりたいいう欲求に沿って行動しています。

 

その欲求を上手く使えば、
高単価でも商品を売ることができます。

高単価でも売れるブランド戦略

では、どうすれば優越感を与えて
高単価でも売ることができるのか?というと、
大きく分けると2つの戦略があります。

希少性を高める。

こちらの記事でも書いていますが、
【なぜピカソの絵は215億円で売れるのか?美術館に行って考察してみた】
の記事を読んでみる。

 

人間はなかなか手に入らないもの、
ここでしか手に入らないものに価値を感じます。

 

ハイブランドの商品は高単価ですが、
これもある意味、希少性を高めています。

 

一般人がポンと払うには躊躇われる金額なので、
だからこそ、「欲しい」と思うのです。

 

 

また生産数もあえて少なくしています。

 

例えば、高級自動車のフェラーリが、
街中で大量に走っていたらその価値は落ちますよね。

 

たまに街中で見かけるから、
フェラーリを見かけたときは目で追ってしまいます。

 

だから、服も車もなんでもそうですが、
高級ブランドは、生産数を限定して、
市場への供給量をわざと減らしています。

 

 

他にも人気のサービスは、
希少性を上手に使っています。

 

ぜひいろんなサービスに触れてみて、
希少性の事例をストックしてみてください。

ニーズを無視する

一般的にはビジネスというのは、
お客さんのニーズを解決するものです。

 

お腹が減ったから食事を摂る
裸だと寒いから服を着る
掃除するの面倒だから自動ロボットに任せる。

 

という風に、お客さんの悩みがあって、
それを解決する手段が商品でありビジネスです。

 

しかし、ハイブランドはそのニーズを無視しています。
正確には、ニーズ以外の部分に重きを置いています。

 

それは何かというと、「感情」です。

 

 

これかなり大事なので覚えておいて欲しいのですが、
人間は感情で動く生き物です。

 

衝動買いという言葉があるように、
人間は理性で判断しているようで、
意外とその場の感情で商品を買ったりしています。

 

なので、感情を動かすことができる人は商売が上手いです。

 

 

で、ハイブランドというのは、
いかに感情を動かすか?を重要視しています。

 

・デザイン性
・美しさ
・歴史
・ストーリー

 

これらを活用して、
ただのファッションではなく、
一種のアートや文化に昇華しています。

 

その結果、
持っているだけでステータスになるし、
承認欲求が満たされます。

 

だから、たとえ高単価でも、
熱狂的なファンが繰り返し購入してくれますし、

 

ライバル企業に左右されず、
独自の経済圏を作り、
安定して利益を上げ続けることができるのです。

ゼロからハイブランドになるまで

今では確固たる地位を築いたハイブランドも、
当然ながら、最初は無名でした。

 

そこからどうやって今の地位を築いたのか?
少しだけ解説したいと思います。

 

結論から言うと、地道に箔をつけただけです。

 

 

ブランドというのは移行する性質があるので、
すでにブランドがある有名人とコラボしたり、
名誉ある賞を受賞したりすると、
そのブランドの価値は高まっていきます。

 

例えば、ジバンシィは、
オードリーヘップバーンに愛用されることで、
一気にそのブランド価値を高めました。

 

オードリーヘップバーンは当時の有名人、
現代社会でいうインフルエンサー的な役割です。

 

インフルエンサーに使用されることで、
ジバンシィにもブランドが付いたのです。

 

 

また最近だと、シュプリームが
ヴィトンとコラボしていましたが、

 

これもシュプリームはヴィトンの
ブランドを借りたということです。

 

このように価値あるものとコラボすることで、
どんどん箔がつき、ハイブランドになっていきます。

 

 

現代社会も同じです。

 

フォロワー数が何万人もいるインフルエンサーには、
一見当たり20万円とかの報酬で、
商品を宣伝させて欲しいという依頼が届くそうです。

 

インフルエンサーに紹介してもらうと、
そのインフルエンサーのブランドが移行し、
インフルエンサーのファンが買ってくれるからです。

 

 

有名人とコラボしたり、
何かしらの賞を獲得するのは、
難しそうに思えるかもしれませんが
意外と簡単だったりします。

 

お金を払えば有名人と写真を撮ることもできますし、
電子書籍を出版やブログランキングで1位を取る
くらいなら、誰でもやろうと思えばできます。

 

初心者でもできることはあるので、
ぜひ地道に箔をつけて行って、
ブランドを構築してみてださい。

ハイブランドは商品の質も一流

どれだけ箔をつけても、
コンテンツの質が低かったら意味がないです。

 

インフルエンサーが高額な報酬に目がくらみ、
粗悪品をSNSで紹介してしまい、
買った人からクレームがきて、
インフルエンサーも商品販売者も信用を失った

 

なんて話はちらほら聞きます。

 

紹介する側は本当に良いものだけを
紹介しないといけないですし、
商品販売者は質の高い商品だけを売るべきです。

 

もちろん、初心者がいきなり最高級の
商品を作ることはできないですが、
できるだけ良い商品を作るというマインドが大事です。

 

 

で、ハイブランドというのは、
コンテンツの質も超一流です。

 

知り合いのアパレルブランド会社の社長さんは、
イタリアに行って、
ハイブランドの工場を見学したりしているのですが、

 

最高級の皮を使ったり、
職人が一つ一つ手作りしたりしているそうです。

 

高品質だから一度買ってしまえば、
何年も使い続けることができます。

 

 

最近だと、ユニクロやGUなども
高品質になってきていますが、
所詮、工場での大量生産なので、
ハイブランドに質で劣ります。

 

高単価な価格に負けないような、
高品質な商品を作っているから、
ハイブランドは満足度が高いのでしょう。

(まぁ機能的な部分だけを重要視するなら、
わざわざハイブランドを買う必要はないですが)

 

 

で、僕たち個人起業家も同じで、
商品の質はできるだけ高める必要があります。

 

マーケティングがうまければ、
商品の質が低くても単発でドカンと売ることができます。

 

それこそ楽して稼げる系の詐欺商材を販売して、
一気に数千万円稼いでいる人もいるほどですが。

 

しかし、粗悪品を売ってしまうと、
リピーターにはならないですし、口コミも起きません。

 

ビジネスにおいて一番大変なのは集客なのですが、
その集客に頼りっぱなしになるので、
結果的に粗悪品を売っているとジリ貧になっていきます。

 

 

逆に、コンテンツの質を高めていれば、
たとえ高単価でもリピートされるようになります。

 

僕自身、高単価商品ばかり売っていますが、
かなり商品は作り込んでいるので、
一人のお客さんがリピートしてくれて、
100万円以上買ってくることもあります。

 

また、口コミが起きて、
集客に力を入れなくても人が集まってくます。

 

 

ハイブランドとかまさにそうですよね。

 

自社でわざわざネットで大々的に宣伝しなくても、
お客さんが勝手に友人に自慢したり、
ネットで拡散してくれるので、
口コミだけでお客さんが集まってきます。

 

集まってきたお客さんがまたにファンになり、
リピーターになったり、口コミを起こしてくれます。

 

これこそビジネスの理想形です。

 

一朝一夕ではできませんが、
ちゃんと戦略を立てていけば、
個人ビジネスでも作り上げることができます。

 

僕ももっと強固なビジネスにして、
口コミだけで人が集まってきて、
リピーターが生まれるようにしたい思います。

 

 

結論、ハイブランドが高単価でも売れ続けるのは、
高品質かつ、優越感に浸れるからです。

 

多分、実体験するのが一番手っ取り早いので、
あまりブランド品を手に取ったことない人は、
一度、ハイブランドのお店に出かけてみてください。

 

別に商品を買わなくても、
ブランド品を実際に目で見てみたり、
接客されるだけで学べることはあるはずです。

PS、

今回は、研究目的で言ったので、
僕はブランド品を買うつもりはなかったです。

 

けど、一緒にいた起業家仲間が、
「どうせなら買おうぜ」と言ってきました。

 

(その人は、ベルサーチを全身に身にまとっているほど、
大のブランド好きです)

 

まぁ人生経験の一つとしていいかと思い、
ノリで何個かブランド品を買ってみました。

 

シャツ、スニーカー、カバンなど、
合計30万円近く購入してみました。

フェンディのカバン。
これだけで15万円とかします。

 

 

で、買ってみて思ったのは、
ブランド品をいくら買っても収入は増えない
ということです。

 

確かにハイブランドは承認欲求が満たされるし、
高品質で長持ちするので、買うのはありです。

 

ただ、ビジネスをする上では、
優先順位としては低い方です。

 

月100万円も達成していないなら、
ブランド品に30万円を使うよりも、
自己投資したり、
広告費に回した方がよっぽど良いです。

 

お金は自己成長やビジネスの拡大に使って、
ある程度、お金に余裕ができてから、
ブランド品は購入するくらいがいいですね。

 

僕もまだ月200万円程度の雑魚なので、
自己成長にお金をどんどん使いたいと思います。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収200万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「暇な金持ちの賢い生き方」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket