どうも、ためくにです。

 

先日、マトリックスを観ました。

 

今さら?と思われるかもしれませんが、
そうです。今さらです。笑

 

マトリックスといえば、主人公のネオが
銃弾を軽やかに避けるシーンが有名です。

 

だから、てっきり銃撃ものの野蛮な映画
だと勝手に思い込んでいたですが、内容も
かなり濃かったのでレビューします。

 

で、どんな内容だったかというと、
人間対コンピューターの対決です。

 

主人公トーマスは大手ソフトウェア会社で
プログラマーとして働いています。

 

実はこの人、天才ハッカー「ネオ」
という裏の顔を持っています。

 

ネオは、現実世界と夢の世界を混合するような
違和感を覚えながら日常生活を過ごしています。

 

ある日、モーフィアスとその仲間に連行され、
「この世界は仮想現実である」と衝撃の事実を告げられます。

 

なんと人類はコンピューターに支配されていたのでした。

 

現実世界を生きている少数の人類は、
コンピューターから人類を解放する戦いをしています。

 

ネオも現実の世界に戻り、
人類対コンピューターの
戦いに巻き込まれていきます。

 

戦いの場は、仮想現実なので、
想像力次第で銃撃も避けられるというわけです。

 

 

『自分が信じているものが現実とは限らない』

 

マトリックスの感想はこれに尽きるなーと。

 

作中には以下の言葉が出てきます。

 

「君は、自分の心の囚人である。」
「心を解き放て。」

 

かなり印象に残った言葉です。

 

主人公ネオは、人類対コンピューター
の対決の救世主として迎えられます。

 

しかし、はじめネオ自身は
自分が救世主だと信じていません。

 

「僕が救世主なわけないんだよ」
と後ろめたさでいっぱいです。

 

ところが、徐々に徐々に
救世主だと信じ始めます。

 

結果、恐るべき能力を発揮して、
コンピューターを次々に倒します。

 

 

前者のネオも後者のネオも同一人物です。

 

違いは「救世主と考えているかどうか」です。

 

これって僕たちも同じで、
自分が何を信じているかで
人生は大きく変わると思います。

 

これまでの僕の人生を振り返っても、
自分が何者なのかは自分次第だという
経験はたくさんありました。

 

僕は昔、自分は目立ってはいけない
人間だと信じていました。

 

普段の投稿とか、僕と実際に会ったこと
がある人は信じられないかもしれません。

 

ただ、これは事実でして、
高校時代までは自分で自分を
閉じ込めて生きていました。

 

友達は少なくクラスで2、3人。
当然、彼女もいないし、コンビニの店員と
話すのもド緊張するような人見知りでした。

 

今考えると、かなり底辺人生です。笑

 

そこから大学に入り、自分の運命は
自分で決めることができると知りました。

 

自分は目立ってもいいんだと考えるよう
になり、徐々に人見知りを克服しました。

 

今では、たくさん友達がいますし、
先輩経営者にも物怖じせず話したり、
50名以上の前で堂々と話をしたりも
できるようになりました。

 

人見知りの僕もコミュ力がある僕も同一人物です。

 

変わったのは考え方、何を信じるかだけです。

 

 

同じように自分の運命はこんなもの
だと悲観している人は多いです。

 

・ビジネスなんてできないよ
・お金が欲しいけど稼げないよ
などなど。

 

でも、そういう人と接していても、
客観的見たら、別に能力が低いわけではないです。

 

ただただ、その人が自分を信じていなくて、
能力が発揮できていないだけのように思えるのです。

 

これってかなりもったいないことです。

 

自分を信じることは成功につながりますね。

 

 

自分自身を信じることもそうですが、
社会に対しても何を信じるかが大事です。

 

社会に対して洗脳されている人は多いです。

 

僕は大学3年の頃までは、良い大学に入り、
良い会社に入るのが勝ち組だと疑わず生きてきました。

 

実際は大手企業に就職しても幸せそう
ではない人が多かったですし、逆に就職
しなくても幸せそうな人もたくさんいました。

 

あー、会社員として働くだけが全てでは
ないんだなって思いました。

 

会社員もお金を得る一つに手段なだけ、
自分の力で稼げばもっと自由な人生を
味わえると感じました。

 

一度きりの人生、もっと自由に生きよう
と思って就活を放棄して起業しました。

 

今では労働時間ゼロで日給10万円ほど
稼げるようになり、かなり自由度の高い
人生を歩めるようになりました。

 

結局、自分の価値観、信念次第で
人生は大きく変わります。

 

僕の一つ信念として、
「思考が変われば人生が変わる」
というものがあります。

 

思考が変われば行動が変わりますし、
結果、人生も大きく変わります。

 

なので、今の人生に不満があるなら、
自分が信じているものを疑ってみる、
価値観や信念を変えてみることをお勧めします。

 

僕は普段、起業家、経営者と
お会いすることが多いのですが、
成功者ほど自分を信じています。

 

新しい事業を始める時も、
「俺は絶対成功する」と
確信して始める人がほとんどです。

 

もし、彼らが「自分にできるかな」
と疑いながらビジネスをしていたら
失敗する可能性が高いでしょう。

 

自分を信じることができる人は
それだけで成功する可能性が高いですね。

 

 

で、重要なこととして、最初から
成功者マインドを持っている人は少ないです。

 

僕も最近では「自信満々ですね」と
言われることが多くなったのですが、
数年前まではクソみたいな価値観でしたからね。

 

他の成功者も極貧家庭に育ったり、
イジメられたり、借金背負ったり、
不遇な環境から這い上がった人が多いです。

 

なので、マインドは鍛えられるし、
鍛えることで成功することができます。

 

マインドを鍛えるために大事なのは
価値観を広げることです。

 

僕もビジネス本を読み漁って、
成功者の価値観に触れたことから
全てが始まりました。

 

価値観を広げることで、
自分の価値観だけが全てではない
と客観視できるようになります。

 

具体的には、本を読むのはもちろん、
教材を購入したいり、セミナーに参加する
など方法はいろいろあります。

 

今の時代、SNSからでも
いろんな価値観を学べるので、
できることからやってみてください。

 

 

というわけで、
マトリックスを観た感想でした。

 

「自分が信じているものが全てではない。
心の囚人から解放されよう」と思えた映画でした。

 

また、お勧め映画があればレビューします。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収100万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket