こんにちは、ためくにです。

 

Twitterなどで「新卒半年で会社辞めました」
といった報告をする人がちょくちょくいます。

 

それに対する反応はさまざま。

 

「嫌な会社なんて辞めて正解だ!」
と擁護する声もあれば、

 

「社会舐めんなよ!」
「俺たちはこんなに頑張っているんだぞ」
と批判する人もいます。

 

どちらの意見もわかるのですが、
僕としては圧倒的に前者の意見です。

 

嫌な会社ならサッサと辞めたらいいじゃん
という考えです。

優秀な人材獲得のために会社も平気で嘘をつく

僕は就職をしたことがないのですが、
周りの会社員たちは入社前とイメージが
違ったという声をよく聞きます。

 

福利厚生抜群、給与もまずまずと思って
入社したらブラック企業だったなんて話も・・・

 

半年に一回ほど、大学の友達と会うのですが、

 

・上司によるパワハラが横行している
・定時では絶対に帰れない極端なノルマがある
・土日出勤など違法な違法な長時間労働をしている

などなど、会社の愚痴のオンパレードです。

 

 

入社前と入社後にギャップが激しいのは
ある意味仕方がないのかもしれません。

 

会社側もできるだけ優秀な人材を集めたいので、
採用時は良いように見せるのは当然です。

 

男が女の子にモテたいがために、
合コンで過去に付き合った人数や
職業、年収を上乗せするのと同じです。

 

だから、インターンシップはエンター
テイメント性に溢れた楽しいものが多いし、
内定後も内定者限定の飲み会や旅行を
企画して会社のイメージアップに繋げます。

 

「うわーこんな良い会社ないよー」
と、学生たちを引き込みます。

 

入社したらこっちのものです。
どんどん化けの皮が剥がれていきます。

 

ただ、人間は一度手に入れた環境は
なかなか手放したくない生き物です。

 

なので、入社した会社がブラック企業
だったとしても留まってしまうのです。

 

 

僕の大学の先輩にもブラックすぎて
辞めたいと言っている人は多いです。

 

金融や商社で働いている人が多いのですが、
聞けば聞くほど過酷な仕事環境を耳にします。

 

ある先輩は22時まで仕事をして
(もうこの時点でおかしいww)

 

そのまま取引先と朝4時まで飲み、
会社で仮眠をとってそのまま仕事へ。

 

こんな生活だと言っていました。

 

いやいやいや、ハードすぎでしょ。
僕なら3日で倒れる自信があります。

 

耐えられるならいいけれど、
無理ならサッサとやめるべきです。

新卒はとにかく3年頑張れという罠

「新卒はとにかく3年間頑張れ」という
言葉がありますが、あれって全く信じなくてもいいです。

 

3年もいやいや働くぐらいなら、
すぐに転職するか自分の力で稼いだ方が
よっぽどその後の人生に活きます。

 

僕の周りには新卒で入った会社を
半年や1年で辞めて自由になった人が多いです。

 

 

ある人は朝から晩まで営業する
毎日に嫌気がさし、半年で独立。

 

今では日給5万円ほど稼いで、
全国を飛び回って遊んでいます。

 

またある人は、上司からのパワハラが
酷く、1年も経たずに鬱病気味に。。。

 

自宅療養しながら在宅ビジネスを始め、
会社員のお給料以上稼げるようになり、
今ではストレスフリーな生活をしています。

 

と、入社して半年、1年で辞めて、
理想の人生を手に入れた人は山ほどいます。

 

 

だから、別に新卒ですぐに辞めたい
というのは甘えでもなんでもないです。

 

むしろ一つの会社にしがみつく方が、
危険だし、体を壊す可能性も高いです。

 

会社なんて全国に100万社以上あるわけ
なので、その中のたった一つ合わなかった
からといって、どうってことないです。

フリーランスは収入が不安定?

嫌な会社にしがみついてしまう人に多いのが、
フリーランスは収入が不安定で怖いというものです。

 

たしかに、何の努力もしなければ
収入はゼロです。

 

だからと言って会社にしがみつくのは
決して賢い考えではないです。

 

社会における希少性、ひいては自分の魅力を
上げていたら収入は自然と高くなります。

 

会社員だろうが、起業家だろうが、
成長にフォーカスしていたら問題ないです。

 

新卒3年目までに多いのが、雑務ばかりで
何のスキルも身に付かないというものです。

 

月収20万円ほどで1日8時間以上
拘束された上に何のスキルも身に付かない
わけですから非常にもったいないです。

 

 

それこそビジネスの世界だったら
1年で月収100万円も可能です。

 

僕も起業して1年目後には、
労働時間ゼロで日給10万円
稼げるようになりました。

 

まぁ普通に考えたら怪しいですが、
ロジックさえわかれば誰でも可能です。

 

僕は人を動かすスキル、商品を売るスキル、
商品を作るスキルなどを磨いてきました。

 

自分の力でゼロからお金を生み出せる
スキルは社会においても希少性が高いです。

 

仮に今の事業が倒れたとしても
(まぁほとんどありえないけど)
高待遇で雇ってくれる会社はあります。

 

フリーランスは不安定ではなく、
普通に新卒で働く人よりも
よっぽど成長できるし、収入も増えます。

 

一つの会社に固執する意味はないし、
会社で働くだけが全てではないです。

社会ってこんなものだと思ったら終わり

一番怖いのは慣れです。

 

人間には、最初、拒否反応を示していても、
徐々に慣れてくるという特性があります。

 

これは良い面でもあるし、悪い面でもあります。

 

新卒で入社後、会社員生活に
疑問を感じる人は多いです。

 

ただ、多くの人は1年、2年もすると、
「社会人ってこんなものだ」
「俺の人生はこんなものだ」と
苦痛な会社員生活に慣れてきます。

 

イヤイヤ働くことが常識になったら
もう終わりです。

 

数年後には生気がなくなります。

 

死んだ魚の眼をして満員電車に乗り、
家に帰ったらYouTubeを観る、
SNSで他人の悪口を書く。

 

そんな毎日を繰り返すようになります。

 

 

どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に生きたいじゃないですか。

 

別に会社員生活だけが全てではないし、
死ぬわけじゃないんだしと思うのは、
僕だけですかね?

 

現に個人で自由に生きている人は多いです。

 

だから、新卒で入った会社が合わなかったら、
すぐに辞めて新しい人生を歩むべきです。

 

それを甘えとか逃げているとか
意見する人は間違っています。

 

いやだ、辞めたいという意思
があるうちにやめるべきですね。

PS、

ちなみに、僕の考えとしては
嫌なことからは逃げていいけど、
本当に大切なことからは絶対に
逃げたらダメという意見です。

 

僕自身、就活からは逃げましたが、
ビジネスからは逃げませんでした。

 

自分が本当に達成したい夢のために
乗り越えるべき壁からは逃げたらダメです。

 

それさえ守ったら人生の質は
自然と高いものになるのかなーと。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収100万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket