こんにちは、ためくにです。

 

僕は現在、年収1億円を
本気で目指して活動中なのですが、

 

「年収1億円になる人の習慣」という
気になる本があったので読んでみました。

 

ザックリと内容を言うと、習慣を変え
たら年収一億円達成できるぜって本です。

 

 

著者は山下誠司さんという方で、
全国展開している美容室チェーン「EARTH」を
展開するアースホールディングスの取締役です。

 

専門学校卒の年収180万円から
31歳で年収1億円を達成した経歴をお持ちです。

 

「年収1億円になる人の習慣」では、
数々の億万長者に共通する習慣を
基本、仕事、生活、学び、人生の
5つの章に分けて教えてくれます。

 

僕も習慣は大事だと考えていますし、
役立つ内容も多分にあったのですが、

 

「年収1億円になる人の習慣」を
読むだけでは年収1億円にはなれない
というのが僕の率直な意見です。

 

なぜ習慣を変えても年収一億円を達成できないのか?

 

どうすれば年収一億円を達成できるのか?

 

について解説していきたいと思います。

年収一億円プレーヤーは超絶に早起き

山下誠司さんは本書の中で、
早起きの重要性を謳っています。

 

「超早起きは30億円の得」と豪語するほどです。

 

この意見には僕も賛成です。

 

僕は一時期、交流会を主催していたので、
いろんな起業家、経営者に会ってきました。

 

その中でやはり成功している人ほど、
早起きをしている人が多かったです。

 

 

なぜ早起きが大事なのかというと、
作業効率が高いからです。

 

本書の中でも「朝の1時間で昼以降の
4時間分の仕事をできる」と主張しています。

 

それほど朝のパフォーマンスは高いのです。

 

脳は朝が一番目覚めていて、最も集中力
が高いというデ医学的なータがあります。

 

僕も早起きをずっとしています。

 

ラッキーなことに実家が全員、
5時台に起きるような家でした。

 

なので自然と僕も早起きになり、
その習慣が残り、24年間ずっと早起きです。

 

このブログも朝6時起きで
スタバに行って書いています。

 

やはり夕方になるにつれて、
どんどんパフォーマンスは落ちていきます。

 

だから早起きをするって大事なんですよね。

 

 

知り合いの経営者も朝は誰とも
会わずに重要な仕事をする人多いです。

 

で、昼から人に会ったり、
単純作業をするようにしています。

 

一番ダメなのが朝に単純作業をして、
昼〜夕方に重要な作業をすることです。

 

作業効率が悪いので、
同じ作業をしても結果が全然違います。

 

「朝に重要な作業をして、
昼以降は単純作業をする」

 

という流れを組むだけでも
パフォーマンスは変わってきます。

 

 

あと、早起きのメリットとしては、
時間を有意義に使えることです。

 

僕は今、1日の仕事時間が、
4時間ほどしかないです。

 

朝6時半〜10時半まで
家やカフェで仕事をしておしまいです。

 

たまにガッツリ仕事をするときは、
昼以降もやることはあるのですが、
基本的に午前中で仕事は終えています。

 

するとみんなが仕事を始める時間に
仕事を終わるから謎の優越感があります。笑

 

で、家に帰って食事を済ませても
まだ昼前なので1日フリーのような感じです。

 

昼からは友達とテニスをしたり、
読書をしたり、デートをしたりしています。

 

こんな自由気ままな生活をできているのは
早起きをしていることが大きいです。

 

会社員の人はなかなか、午前中だけで
仕事を終えることは厳しいかもですが、

 

早起きをして読書をしたり、
収入を上げる作業をしていけば、
どんどん人生は豊かになります。

 

毎日1時間でも早起きしたら、
人生の質は高まるのでお勧めです。

年収一億円プレーヤーはお金が好き

もう一つ印象に残ったのが、
成功者はお金が大好きだということです。

 

僕がお会いした経営者たちも、
みんな自分の欲求に素直でした。

 

お金が欲しい、
モテたい、
快適な暮らしがしたい
権力が欲しい

 

などなど、子どもさながらの
素直な気持ちに従って生きていました。

 

山下誠司さんが美容師になった
きっかけも経営者に簡単になれるし、
かっこいいと思ったからだそうです。

 

 

高尚な理念とか熱い想いがないと
起業してはいけないと思われがちですが、
そんなことないんですよね。

 

僕が起業をしたきっかけも
「自由になりたい」「働きたくない」
という超自己中な理由でした。

 

当時、大学4年だったのですが、
そこそこ高学歴の大学だったので、
大学の友達は大企業や公務員に
就職していく人が多かったです。

 

僕も良い大学に入って、良い会社に
入れば幸せになれると思っていたので、
高校時代までは真面目に勉強していました。

 

けど、就活でお会いした会社員は
全く幸せそうじゃなかったのです。

 

お金のためにいやいや働いている人ばかりでした。

 

もちろん、中には情熱を持って、
会社員として働いている人もいるでしょう。

 

ただ僕はやりたいこともなかったので、
大企業の社員や公務員になっても、
一生幸せにはなれないと思いました。

 

 

そんな時、ネットサーフィンをしていると、
20代で年収1億円稼いだ人の存在を知りました。

 

・帰りの切符を買わずにふらっと海外旅行
・時間を気にせず趣味の音楽に没頭
・目覚まし時計もスーツもネクタイも無縁
・一食数万円の食事を毎日のように食べる

 

といった、大企業の社員や公務員よりも
圧倒的に自由な世界が広がっていました。

 

彼以外にも20代で月収100万円以上稼ぎ、
自由な人生を手に入れた人は多いと知りました。

 

どうせ一度きりの人生だし、
僕も自由な人生を送りたいと思い、
彼らに憧れてビジネスを始めたのです。

 

あのまま自分の気持ちに嘘をついて
会社員になっていたら後悔していたでしょう。

 

 

自分の気持ちに嘘をついて、
仕事をしてもうまくはいかないです。

 

「世界を変える」「地方創生」「社会貢献」
など失敗する人ほど、綺麗事を言います。

 

それらは素晴らしいことなのですが、
自分が豊かじゃないのに、
他人やましてや世界は変えられないです。

 

まずは自分が豊かになることが大事です。

 

 

で、「お金を稼ぎたい」「自由になりたい」
というと怪訝な目で見られることが多いです。

 

というのも世間一般ではお金=悪、
お金持ち=何か悪いことをしている
という風潮が流れているからです。

 

ただ、これって間違いで、
お金は悪いものではないですし、
お金持ちは良い行いをしています。

 

お金持ちの脱税や破産ニュースが
たまに流れることがありますが、
あれは珍しいからニュースになるのです。

 

そもそもお金は価値提供の対価です。

 

世の中に何かしらの価値を提供した結果、
お金は稼げます。

 

そしてお金持ちはお金持ち同士で、
情報を共有しあっているので、
お金持ちはお金持ちであり続けます。

 

だから、お金は悪いものではないですし、
何としてもお金持ちになる必要があります。

「年収1億円になる人の習慣」を読んでも年収一億円稼げない理由

最初に言いましたが、
「年収1億円になる人の習慣」
を読んでも年収一億円稼げないです。

 

というのも、ビジネスは習慣(マインド)
を鍛えても戦略がないと意味がないからです。

 

プロ野球選手になりたいと思った時に、
たとえ毎日素振りを500回する習慣をつけても、

 

何も考えずに素振りをしていたら
一生プロ野球選手にはなれないですよね。

 

気合いだけでは大きな結果は得られないです。

 

どんなフォームをすればいいのか?
どんな筋肉をつけたらいいのか?

 

といった戦略を練ってから
練習するから上達するのです。

 

 

ビジネスも同じです。

 

年収一億円を稼ぐ戦略を練らないと
どれだけ一生懸命頑張っても意味がないです。

 

習慣をどれだけ変えても、
収入を上げる作業に直結しないと
一生、年収一億円には到達できないです。

 

僕がビジネスを始めたきっかけの
20代で年収1億円稼いだ人は、

 

才能やセンスがあったわけでも、
環境が良かったわけでもありませんでした。

 

むしろ仕事ができないような、
ダメ人間側の人種でした。

 

それでも20代で年収1億円稼いで、
セミリタイア生活に突入したのは、
明確な戦略があったからです。

 

他にも月収100万円や年収1億円を
稼いでいる人というのは、
決して特別な能力があるわけではないです。

 

だから、どんな人でも正しい戦略と
少しの努力で成功できると確信しています。

 

では、どうすれば凡人でも年収一億円を
稼げるのか?その戦略を話していきます。

年収一億円には仕組み化が必須

山下誠司さんは著書の中で、
19歳から39歳までほぼ休みなく
ぶっとうしで働いていると言っています。

 

特に24歳から39歳までは始発から終電まで
1日も休まずに働いているから驚きです。

 

これを読んで、もっと働かないと
いけないんだと思ったら大間違いです。

 

誰よりも働いたら年収一億円稼げる
というのは非常に危険な思考です。

 

 

はっきり言って山下誠司さんの
やり方は賢い稼ぎ方ではないです。

 

僕が知っている年収1億円の経営者は
一切、働かずに1億円稼いでいます。

 

労働時間ゼロで年間億を稼ぐって
超絶に怪しいですが、仕組み化をすれば可能です。

 

1日は24時間と有限なので、
どれだけ働いても、
一人の力だとどこかで限界がきます。

 

体感として年収2000万円までは
誰よりも働いたら到達できますが、
それ以上は厳しいイメージです。

 

また、自分が働かないと収入が増えないので
お金はあっても時間がないというジレンマに陥ります。

 

 

僕も起業当初は、お金持ちにはなるには、
誰よりも働くことが大切だと勘違いしていました。

 

1年ほど月28日労働、
朝から晩まで働いていました。

 

しかし、月収100万円
にも到達できませんでした。

 

しかも働きすぎて体調を崩してしまったのです。

 

それでも自分が働かないと
収入が発生しないので、
体に鞭を打ち仕事をしていました。

 

このままではやばいと思い、
周りの起業家、経営者を見渡しました。

 

すると、お金持ちほど
自分が働かずに収入を得ていました。

 

そこではじめて自分が働かずに
収入を得る仕組みが大事だと気づいたのです。

 

 

山下さんは誰よりも働いていますが、
実はその裏側にはあるからくりがあります。

 

それは人を雇っているということです。

 

社員を雇うのも自動化の一つの方法です。

 

自動化の方法は4つしかありません。

 

1,投資(株式、事業出資など)
2,不動産投資
3,社員を雇う
4,仕組み(ツールやシステム)

 

この4つのどれかに働いてもらうことで
自動で収入を得ることができます。

 

先ほども言いましたが、
収入は価値提供の対価です。

 

つまり、自動で価値提供する
状態を作れば、自動で稼げるのです。

 

 

山下さんは社員を雇い、
年収1億円を稼いでいます。

 

例えば、20万円で社員を雇い、
社員が50万円の売り上げを出せば、
山下さんは30万円の自動収入です。

 

同じように30人雇えば、
月収900万円、年収1億円達成です。

 

実業は固定費など諸経費がかかるので、
ここまで単純にはいかないのですが、
理論的には上記のようなイメージです。

 

他人が働いて価値提供しているから、
自分は働かなくても稼げるのです。

 

これはあくまで予想ですが、
山下さんが誰よりも働いていたのは、
社員の育成や事業拡大のために
働く必要があったからでしょう。

 

そういった裏側を知らずに、
誰よりも働いたら年収一億円稼げる
と考えるのは危険です。

 

 

で、僕が知っているお金持ちは、
仕組みに働いてもらい、自動で稼いでいます。

 

インターネットの仕組みを使って
自動で1億円を稼いでいるのです。

 

ブログやYouTubeやメルマガを使うのですが、
それらは合計しても月数千円で使えます。

 

起業するには、数百万円の
借金をするのが一般的ですが、

 

仕組みを使えばほぼ無料で、
リスクゼロで起業できるのです。

 

それでいてブログやYouTube、
メルマガは一度投稿すると、
勝手に人を集めて商品を売ってくれます。

 

なので、自動で稼げるというわけです。

 

僕も仕組みに働いてもらい、
労働時間ゼロで日給10万円〜20万円稼いでいます。

 

 

個人がお金持ちになるためには
仕組みに働いてもらうことが最も効率的です。

 

というのも、社員や投資、不動産投資は、
1000万円単位で資金が必要だからです。

 

世界のトップ投資家でも年利20%なので、
仮に年利20%で1000万円の資金でも、
年間220万円の自動収入です。

 

100万円単位だと旨味はないです。

 

また、社員は20万円で雇えますが、
社員を雇うほど事業を拡大するまでに
数百万円の資金が必要です。

 

また、雇用代より売り上げが低ければ
どんどん赤字になってしまいます。

 

そういったリスクがあるので、
1000万円単位で資金がないなら
仕組み化が最もお勧めです。

 

 

僕が強く強くお伝えしたいのは、
自分が働いているうちは、
お金持ちになることはできないということです。

 

朝から晩まで死ぬ気で働いても
年収一億円には遠く及ばないですし、
労働地獄から一生抜け出せないです。

 

自動で価値提供をしてくれる
仕組み作りが大事ですね。

年収1億円稼ぐ戦略

僕が普段からお伝えしていることですが、
がむしゃらに働いてはダメで、
収入が増える作業をすることが大切です。

 

僕は起業してから半年間で
たった3万円しか稼げませんでした。

 

誰よりも努力をしていたのですが、
収入は全然増えなかったのです。

 

その理由は明白で、収入に直結する
作業をしていなかったからです。

 

今思い返すと、収入に繋がる作業は
全体の1割未満でした。

 

そりゃ稼げないよなって思います。

 

逆に世の中には短期間で
劇的に収入を高める人もいます。

 

彼らはセンスや才能があるわけではなく、
ただただ収入に直結する作業をしているだけです。

 

 

収入を上げる方法は以下の4つだけです。
それ以外の作業は全て無駄です。

 

1,集客数を増やす
2,商品単価を上げる
3,商品数を増やす
4,成約率を高める

 

この4つの数字を改善することで、
収入が上がっていきます。

 

年収一億円って異世界のようですが、
実は100円稼ぐのも月収100万円も
年収1億円もやることは同じです。

 

商売の本質は「人を集めて商品を売る」です。

 

あとはお客さんの数を増やしたり、
商品単価を上げたり、商品数や成約率を増やすだけです。

 

 

例えば、1万円の商品を100人に売るとします。

 

成約率が1%だったら、
100人×1万円×1%=1万円の売り上げです。

 

年収1億円を達成するために、
集客数、商品単価、商品数、成約率を改善します。

 

集客数=1000人

 

商品数=4つ

 

商品単価と成約率=5万円(4%)、
10万円(3%)、20万円(2%)、30万円(1%)

 

上記の数字は戦略を練っていけば、
誰でも到達できる数字です。

 

計算すると・・・

 

1000人(5万円×4%+10万円×3%+20万円×2%+30万円+1%)

 

=1100万円

 

これを一年間続けたら年収1億円の達成です。

 

なんとなく年収一億円の
イメージを掴んでいただけたらと。

 

 

大事なのは全体像を把握して、
足りない部分を補うことです。

 

これからビジネスを始めるなら、
まずは商品を一つ売ることがスタートですし、

 

すでにビジネスをしていて、
商品が一つしかないなら、
商品数や商品単価を増やすべきです。

 

同じ集客数でも商品数や商品単価を
増やすだけで収入は2倍、3倍に増えます。

 

収入を上げる方法は4つしかないので、
その中で何をするべきか考えることが大事ですね。

 

 

ちなみに収入を上げる方法は、
僕の無料メルマガで詳しく発信しています。

 

ブログではなかなか話しづらい、
生々しいお金稼ぎの手法も教えていますし、

 

脱サラして自由な人生を手に入れた人も
多いので、興味があれば読んでみてください。

→ためくにの無料メルマガを読んでみる

「年収1億円になる人の習慣」まとめ

「年収1億円になる人の習慣」は、
良書なのは間違いないのですが、

 

年収一億円を稼ぐ具体的な戦略を
学べるわけではないです。

 

なのでこの本を読んだら
年収一億円を稼げることはないです。

 

すでに何かしらの事業をしていて、
明確な戦略がある人にとっては、
プラスに働くことはあるでしょうが、

 

これからビジネスをする人は
まずは戦略を練ることが大事です。

 

「年収1億円になる人の習慣」に限らず、
ほとんどの本はマインド論ばかりで、
具体的な戦略面は教えてくれないですからね。

 

いくら本を読んでも年収1億円はおろか
月収100万円も稼げない人がほとんどなのは
こういったことが原因です。

 

どれだけ頑張っても
無思考だったら意味がないです。

 

しっかりと戦略を練った上で
正しい習慣を身につけることが大事ですね。

 

では、では。

PS,

ちなみに年収1億円プレーヤーは
日本に2万人ほどいるそうです。

 

全体の0,2%ほどなので、
確率的には少ないかもですが、
僕は意外と多いなーと思いました。

 

そもそも年収1億円を本気で目指している
人は世の中にほとんどいないので、
ライバルはほぼいないのと同じです。

 

しっかりと戦略を練って
数年だけ努力をしていけば、
誰でも到達できるのかなーと。

 

僕も2年以内には年収1億円稼ぐ
ために淡々と作業をしていきます。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収100万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket