こんにちは、ためくにです。

 

最近、ニュースやネットを眺めていると、
年金問題、孤独死、老後問題など、将来への
不安要素がたくさん取り上げられています。

 

これからは年収100万円台の人が現れたり、
老後破産する人が増えるというニュースもあります。

 

こういったニュースは嫌でも耳にするので、
みんな色々と対策を練っています。

 

 

で、老後を豊かに暮らすために、
毎日、朝から晩まで真面目に働いたり、
せっせと貯金をしているわけですが、

 

正直言って、どれだけ真面目に働いても、
どれだけ貯金をしても将来の不安は拭えないし、
老後生活を安心して迎えることはできないです。

 

では、どうすれば老後破産を回避して、
豊かな人生を送ることができるのか?
を今日は書いていきたいと思います。

老後破産への対策は間違っている

老後破産という言葉をよく聞くのですが、
Wikipediaによると以下のような意味らしいです。

 

老後破産とは、高齢者が貧困により破産状態の生活を送らざるを得ないような状態になっているということ

 

つまり、年金や退職金、貯蓄だけでは、
生活できなくなっている高齢者のことを指します。

 

会社員として40年間ほど一生懸命働いても、
余生を楽しむどころか、破産状態になるなんて
なんだか真面目に働くことが馬鹿みたいに思えますね。

 

 

老後破産を強いられている人は、
2014年の時点で200万人以上いるみたいです。

 

この数字はさらに増えているでしょう。

 

これから年金受給額は下がり、
医療費は高まっていく予定なので、
老後の心配をしている若者は多いです。

 

ただ、みんな対策を間違えているよなーと。

 

 

以前、僕のメルマガに返信くれた人も、
典型的な間違った対策を取っている人でした。

 

彼は現在、大学2年生で、
就職やお給料、年金のことを考えた時、
将来に漠然と不安を感じたそうです。

 

老後生活を豊かに送るために、
色々と対策を練っていると言っていました。

 

で、何をやっているのかというと、
ひたすら貯金をする日々らしいです。

 

学業の合間を縫っては、
バイトばかりしているそう。

 

 

あとは、資格の勉強を始めたみたいです。

 

そんな時、たまたま僕のブログにたどり着き、
メッセージを送ってくれたという流れです。

 

「このままだと豊かにはならないですよ」
と正直に返信しました。

 

大学生の頃から将来のことを考えて
いること自体は素晴らしいことですが、

 

どれだけ貯金をしても安心ではないですし、
資格の勉強は何の役にも立たないです。

 

簿記、ファイナンシャルプランナー、宅建など、
資格を取得して将来の不安がなくなった人は皆無です。

 

僕の知り合いには月収100万円以上稼ぎ、
中には月収1000万円近く稼ぐ人もいますが、
資格の勉強をしてよかったと言っている人はいません。

 

そもそも資格を持っている人は
ほとんどいない印象です。

 

もちろん、資格があったほうが、
多少は就職で融通が効くかもしれませんが、

 

収入がずば抜けて増えることはないですし、
ましては将来の不安がなくなることはないです。

 

そういう人は資格の数が足らないと思い、
別の資格の勉強を始めようとします。

 

こうやって資格ビジネスに
どっぷりハマっていきます。

 

資格の勉強をするためのお金と時間、
やる気を少しでもビジネスに費やしたら、
速攻で成功できるんですけどね。

 

 

老後破産の対策として問題なのは、
消費を抑えることと、お給料を増やす
ことしか対策が練られていないことです。

 

「老後の生活を豊かに!」
みたいなサイトを幾つかみましたが、
どれも言っていることは同じでした。

 

・できるだけ節約する
・できるだけ貯金する
・定年後も働く
・年金の勉強をする
・定期的に健康診断に行く

 

もちろん、何もやらないよりはマシですが、
そもそもの収入が少ないのが原因なわけで、

 

少ないお給料からお金を捻出しよう
と思っても、すぐに限界が訪れます。

 

自分の力でお金を稼ぐという発想がないと、
人生の選択肢は極端に狭まりますし、
豊かな人生とは程遠いものになると感じます。

貯金をしても老後破産は起きる

貯金をすれば将来への不安は取り除かれる
というのは真っ赤な嘘です。

 

65歳で退職後、85歳まで生きるとして、
毎年300万円のお金が必要とすると、

 

300万円×20年間=6000万円が
老後の資金として必要になります。

 

年金などを考慮しても、
最低5000万円は欲しいところです。

 

毎月10万円、年間120万円を貯金する生活
を40年間続けてもやっと5000万円弱です。

 

毎月10万円を貯金できる人は少ないですし、
仮に5000万円を貯金しても不安は消えません。

 

 

先ほども言ったように、
どれだけ貯金をしても、
将来への不安って拭えないんですよね。

 

知り合いに30代前半で
資産が1億円弱ある人がいます。

 

世間一般で考えたら、
かなり貯金額がある方です。

 

ただ、そんな彼でも、
将来が不安と常々言っています。

 

彼が極度の心配性というわけではなく、
他にも数千万円以上の貯金があるのに
将来に不安を抱えている人は多いです。

 

確かに数千万円の貯金があれば、
目先のお金で困ることはないです。

 

ただ、数千万円って長期的に考えたら、
普通に使い果たしてしまう金額です。

 

また、人間は弱い生き物で、
収入が増えたり、貯金が増えると、
贅沢な生活をしてしまいます。

 

結果、収入はそこそこあるのだけど、
老後への蓄えがない人は結構います。

 

住宅ローンや車のローン、
養育費、医療費などで年齢を重ねると
出費も膨大なものになっていきます。

 

子供の養育費だけでも
3000万円近くかかりますからね。

 

まぁ本来、家も車もローンを組んで
購入しなければいいのですが。

 

ちなみに、なぜ会社は社員に、家の購入
や結婚をさせようとするのかというと、
出費が多くなれば一生懸命働くし、
他の会社に転職しなくなるからです。

 

(かなり闇が深い)

 

そう考えると35年ローンとか悪夢ですね。

 

 

結論、会社員として真面目に働いても
老後生活は豊かにならないということです。

 

で、なんとか老後破産を逃れようと、
変な投資詐欺に騙されてしまいます。

 

老後生活の不安を煽られて、
詐欺に騙される高齢者は増えています。

 

知り合いにも60代の方がいますが、
その人も数百万円単位で騙されて、
退職金も年金も失った人がいます。

 

甘い儲け話は全て詐欺ですし、
必死に働いても不安は消えないのです。

 

せめて真面目に会社員生活を送った先に
天国のような老後生活があればいいですが、
現実は地獄のような生活しか待っていません。

老後破産の心配をなくすには?

どれだけ貯金をしても、
真面目に働いても、
将来への不安は消えません。

 

ただ、一部、将来への不安を
全く抱えていない人たちがいます。

 

彼らに将来への不安を聞くと、

 

「え、全然ないですよ」

 

「てか、老後の自分が何をしているのか
めちゃくちゃ楽しみです」と返答がきます。

 

老後生活を不安に思うどころか、
むしろ楽しみにしているのです。

 

彼らは億単位の莫大な資産を
築いているわけでもないです。

 

では、なぜ彼らは将来への
不安がないのでしょうか?

 

彼らに共通することは2つあります。

 

1,ゼロからお金を生み出すスキル
2,自分が働かなくても入ってくる自動収入

 

将来の不安を拭い去り、
豊かな老後生活を送るためには、
この2つを手に入れることが大切です。

 

 

数千万円単位で貯金をしても、
将来への不安がなくならないのは、
貯金額がゼロになった時に
再びお金を増やすことができないからです。

 

しかし、ゼロからお金を生み出すスキル
があれば、お金を失っても怖くないです。

 

僕自身、これから300万円以上かけて、
ゼロからお金を生み出すスキルを習得しました。

 

自分の身体さえあれば、
お金を生み出すことができます。

 

ネットでもリアルでも
商品を販売して収入を獲得できるのです。

 

なので、仮に収入がゼロになっても、
短期間で復活することができます。

 

このスキルは会社員としても使えるので、
「うちで働いてくれませんか?」と、
欲しがってくれる会社も沢山あります。

 

最悪、会社員になって、
資金を貯めたらいいだけですからね。

 

その間に事業を拡大させていけば、
月収100万円程度ならすぐに稼げます。

 

なので、一生食いっぱぐれないだろうなーと。

 

 

もう一つ大事なのが、
自分が働かなくても収入を得る仕組みです。

 

どれだけスキルを高めていっても、
突然の事故や病気に遭遇する可能性があります。

 

しかし、自分が働かなくても
収入が発生する仕組みがあれば安心です。

 

代表的なもので言えば、
不動産、株式投資、ビジネスの自動化です。

 

不動産や株式投資は初期費用として
最低でも1000万円は必要なのですが、
ビジネスの自動化は初期費用がほぼゼロです。

 

なので、僕がお勧めしているのは、
ビジネスの自動化をして不労所得を作る方法です。

 

僕は大学時代からビジネスをして、
1年後には自動化に成功しました。

 

現在は労働時間ゼロで
日給10万円ほど稼いでいます。

 

朝起きたらサラリーマンの月収の
2倍以上稼いでいたこともあります。

 

 

自分が働かなくても収入が発生し、
ゼロからお金を生み出すことができる。

 

この状態になれば、お金の不安は消え去り、
精神的にも肉体的にも安定します。

 

老後破産が現実になることもないです。

 

お金を稼ぐスキルであったり、
不労所得を作るのって難しくもないです。

 

やることはシンプルなので、
ちょっとだけ学んだら、
小学生でも理解できる内容です。

 

むしろ何十年も働いたり、
少ないお給料から節約する方がしんどいです。

 

 

まとめると、

 

・消費を減らしてお給料を増やすのは意味がない
・お金を稼ぐスキルと不労所得を作ることが大事

 

この2点が大事です。

 

どれだけ真面目に働こうが、
せっせと貯金をしようが、
将来の不安は消え去りません。

 

それよりも自分の力で稼ぎ、
不労所得を作る方が賢明です。

 

努力の方向性を間違えたら、
どれだけ頑張っても徒労に終わります。

 

豊かな老後生活を送るためにも、
正しい努力をすることが大事ですね。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収100万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket