こんにちは、ためくにです。

 

今回は時給の世界で戦う危険性を
話していきます。

 

最近、会社のお給料だけでは足らず、
本業とは違うお仕事をする
ダブルワーカーが増えているそうです。

 

あるデータによると、ダブルワークを
する人の数は五人に一人に上るとか。

 

めちゃくちゃ多いなー
というのが率直な印象です。

 

副収入を得ることで、今よりも
自由な生活を望んでいるわけですが、

 

ダブルワークを会社員がいくらしても
一生自由になることはないです。

ダブルワークをしても収入に限界がある

ダブルワークは本業とは別にアルバイト
や日雇い派遣で稼ぐことです。

 

本業のお給料だけでは生活が厳しいので、
本業のお仕事終わりや土日に掛け持ちで仕事をします。

 

 

ダブルワークをする人の気持ちもよくわかります。

 

なんせ20代、30代で手取りが15万円〜
20万円の人が世の中には多いですからね。

 

それこそ会社員なのに時給880円で
年収120万円みたいな人もいます。

 

アルバイトと変わらないやんと思います。

 

いや、アルバイト以下か。。。

 

社会の闇を感じますね。

 

そんな本業の収入を補填するために
ダブルワークをしてプラス5万円とか
稼ごうとするわけです。

 

 

ただ、僕はこれには反対です。

 

というのも、時給の世界で戦っている
うちは収入の限界があるからです。

 

残念ながら、人間の1日は24時間と人類平等です。

 

どれだけ自分の身体にムチを打って
ダブルワークをしたところで限界があります。

 

例えば、本業の収入が月20万円の人が
時給千円のバイトでダブルワークをしました。

 

かなり頑張り屋さんで、本業が18時
に終わって、19時から夜中2時まで
アルバイトをします。

 

3時に帰宅して3時間だけ睡眠をして
翌朝6時には起きて会社に向かいます。

 

土日は10時間勤務して、
一ヶ月間1日も休まずに働きます。

 

収入を計算してみると、
千円×7時間×23日(平日勤務日数)
+千円×10時間×8日(土日勤務数)
=24万1千円

 

本業の20万円をプラスしても44万1千円です。

 

月収40万円以上あれば万々歳と思うかも
しれませんが、睡眠時間を3時間に削って、
一ヶ月間無休でこれですからね。

 

プライベートも睡眠時間も削って
この生活をずっと続けることは厳しいでしょう。

 

2ヶ月目、3ヶ月目で病院送り。

 

入院代などで、結局マイナスになるオチです。

1日4時間の仮眠で働く60代のおじちゃん

ある起業家セミナーで出会った
60代のおじちゃんがいます。

 

彼は本業で床屋さんを営みながら
ダブルワークで警備員の派遣をしています。

 

なんでも、借金が数百万円あり、
本業の床屋もとても順調とは
いけない客足だそう。

 

このままではやばいと思い、
ダブルワークをしていると言っていました。

 

僕は彼の日常生活を聞いて驚愕しました。

 

彼の生活は、朝7時から床屋で働き、
20時頃仕事が終わり、23時頃まで仮眠。

 

24時から朝5時まで派遣の仕事をして、
1時間ほど再び仮眠をした後、本業の仕事に
戻るという生活でした。

 

まとまった休みも1週間に一度か、
ひどい時は2週間に1度しか取れないそうで、
心身ともにボロボロに疲れているようでした。

 

労働収入の限界を感じて
起業家セミナーに来たようです。

 

 

彼の話を聞いた時、
あーこれが日本の現状かと思いました。

 

40年以上頑張って毎日毎日働いても
残ったのは数百万円の借金だけ。

 

60歳を超えてもダブルワークをして
身を削りながら仕事をする。

 

年金も当てにならないので、こういう
生活をする人はこれからどんどん増えて
いくのかなと予想しています。

 

僕たち20代は年金が月1万円ほど
しかもらえないという噂も、、

 

その上、安月給だし、もう会社や
国に頼って生きる時代は終わった
と言っても過言ではないです。

 

 

60歳のおじちゃんの話を聞いて、
誰も彼を責めないと思います。

 

一生懸命頑張っているなーと
感心するに違いないです。

 

でも、現実として、お金の問題は
一向に解決する見込みがないです。

 

1年くらい今の生活をしているけど、
お金が増えないと悲痛な胸の内を
明かしてくれました。

 

 

つまり、ダブルワークをしても
お金の問題は解決しないということです。

 

1ヶ月、2ヶ月間頑張って収入を5万円、
10万円増やすだけならダブルワークの効果はあります。

 

でも、所詮、バケツに水を汲んで
火事現場に投げ込むようなもの。

 

付け焼き刃でしかないです。

 

短期的には稼げるかもしれませんが、
本質的には一生自由にはなれません。

 

最初に言ったように、時給の世界で
戦っているうちは自由にはなれないです。

 

ダブルワークをしようが、
トリプルワークをしようが、
1日は24時間しかないので
収入に限界があります。

 

 

これは副業・起業も同じです。

 

会社員のお給料だけでは足らず、
副業を始める人が増えています。

 

これ自体は素晴らしいことです。

 

ダブルワークをするよりは
よっぽど賢い選択と思います。

 

しかし、多くの副業ワーカーは自分が
働いて収入を得る、労働収入型ビジネス
をしています。

 

たとえ副業をしても自分が動いて収入を
得ているうちは時給の世界で戦っている
ことになるので、ダブルワークと大差ないです。

 

もちろん、副業・起業の方が収入の幅は
大きいので、時給5000円、1万円・・・
とダブルワークより大きな金額を稼ぐことができます。

 

しかし、たとえ時給1万円稼げても
10時間で10万円しか稼げません。

 

収入を増やせば増やすほど
今度は自由な時間がなくなります。

 

結局、副業・起業しても自分が働いて
収入を得ているうちは、本質的には
自由になることができないということです。

時給無限大の世界へ

時給の世界で戦っているうちは
収入に限界があります。

 

大事なのは、自分が働かなくても
収入が入ってくる仕組みを作ることです。

 

世の中には、月収500万円、月収1000万円
を稼ぐ起業家が存在します。

 

彼らは毎日朝から晩まで仕事仕事仕事
と誰よりも働いているイメージでした。

 

でも、実際のところ、その真逆。

 

超絶に暇人です。
はたから見たらニートです。

 

なーーーんにもしてないです。

 

でも、時々スマホを確認して
「おー、今日は30万円儲けたわ」
とか平然と言っています。

 

いやいや、それ、会社員が1ヶ月間
必死に働いていただくお給料ですから。

 

そんな世界本当にあるのかよと
最初は疑っていました。

 

起業の世界に入れば入るほど、
自動で日給30万円はごく当たり前
の世界だとわかってきました。

 

 

自分が働かなくても収入が入ってくる
仕組みを作ることがお金の問題を解決
する最善の方法です。

 

例えば、10万円の自動収入の仕組みを
10個作れば月100万円が銀行口座に
勝手に振り込まれることになります。

 

起業家はそういう仕組みをたくさん
持っているからお金も時間もあります。

 

そんな簡単に自動収入の仕組みを
作れるのかと思うかもしれませんが、

 

僕は初月から20万円の自動収入の仕組み
を作りましたし、今では日給10万円ほど
自動でお金が入ってきます。

 

僕の周りの起業家も、3ヶ月で月収40万円
の自動収入の仕組みを作ったりしています。

 

自動収入の仕組みには明確なロジック
があります。

 

そのロジックさえ学べば、あとはパズル
を組み立てるように仕組みが出来上がります。

 

だから、自動収益の仕組みは、
絵空事ではなく、誰でも可能といえます。

 

 

自分が働かなくても収入が入ってくる仕組み
を作れば、時給の概念がなくなります。

 

労働時間ゼロで収益が発生するので
時給無限大の世界に突入します。

 

なので、自由になりたい、お金の問題を
解決したいなら、時給の世界で絶対に
戦ってはダメです。

 

20代のうちはダブルワークをして
副収入を得ることも可能かもしれません。

 

しかし、歳をとるごとに肉体的にも
精神的にも厳しくなります。

 

過労でぶっ倒れて病院代でマイナス
収支なんてシャレにならないですからね。

 

ダブルワークをしていても
倒れたら収入は途切れます。

 

一方、自動収入の仕組みがあれば
勝手に収入が入ってくるので心配ないです。

 

自由になりたいなら、ダブルワークではなく、
自分が働かなくても収入が入ってくる仕組み
を作ることをお勧めします。

 

月5円、10万円などダブルワークで
得られる収入レベルなら3ヶ月もあれば
稼げるようになります。

 

時給の世界で戦っているうちは
ダブルワークだろうが、副業だろうが
いつまでも労働者のままです。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は今、月収100万円以上自動で稼ぎ、
お金と時間に縛られず自由に生きています。


満員電車も嫌な上司もサービス残業も無縁で、
毎日が夏休みのようなストレスフリー生活です。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイトも
怒られてばかりの典型的なダメダメ人間でした。


半額のお惣菜とカップ麺が主食の貧乏時代もありました。


知識も人脈も資金も全てゼロでしたが、
勇気を出してビジネスを始めると、
短期間で人生が180度好転したのです。


起業家仲間も、借金800万円、高卒フリーター、
いじめ、うつ病などマイナスからスタートして
半年そこらで月収100万円を突破しています。


これまでどんな悲惨な人生を歩んでいても、
やる気があれば誰でも理想の人生は手に入ります。


今の日本はお金のため、生活のため、
イヤイヤ仕事をしている人が多いです。


僕は、そんな労働に支配された人生なんて
おかしいんじゃね?って思っています。


どうせ一度きりの人生なんだし、
自由に好きなことをして生きるべきです。


とはいえ、何をしたらいいのか、
分からない人がほとんどだと思います。


そこで、僕がどのようにして、会社に
雇われず豊かに生きれるようになったのか?
をまとめた電子書籍を出版しました。


すでに購読してくれた人からは、
「成功する方法が明確になりました」
「めちゃくちゃ面白かったです」など
嬉しい感想をたくさんいただいています。


もっと多くの人に読んでもらいたいので、
そこで期間限定で無料公開することにしました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
興味があれば一度読んでみてください。
→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴はこちらの記事で詳しく書いてます。
→自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Pocket