こんにちは、ためくにです。

 

先日、大学の友達と1年ぶりに会いました。

 

僕が起業していることは知っていて、
「どんな感じなん?」と聞かれたので、

 

「今、月収〜円くらい稼いでるよ」
「しかもほぼ自動で収益が発生しているよ」
と正直に話すと、

 

「やっぱりお前は凄い奴だな」
「俺には絶対に無理だわ」と言われました。

 

いやいや大学時代、起業しても失敗するぞ
って言っていたはずなんだけどなー。笑

 

まぁ人の意見なんて
コロコロ変わるということですね。

 

 

彼は大手メーカーに就職して、
今は法人営業しています。

 

ブラック企業というわけではないですが、
やりがいがなく、毎日、車で社外営業する
日々にうんざりしているそうです。

 

お給料も手取り22万円ほどで、
「そこそこ高学歴だったんだけどな」
と、ボヤいていました。

 

転職活動も考えているようだったので、
「そんなに嫌だったら副業でもしたら?」
と提案しました。

 

19時頃には会社から帰宅するようなので、
1日2〜3時間でも副業に時間を割けば、
数ヶ月で会社員のお給料くらいなら稼げるでしょう。

 

が、しかし、

 

「いや、俺にはそんな勇気ないよ」
「仮にやっても才能ないし無理だよ」
と言われてしまいました。

 

いやいや、僕には勇気も才能もなかった
ことぐらい知っているだろうと。

 

単純なバイトすら1ヶ月も続かず、
人見知りで初対面の人と話したら
すぐに偏頭痛になっていた僕を。

 

 

けど、これが日本の現状なんだなと感じました。

 

誰でも起業できる下地があるのに、
ハナから起業=ハードルが高いと決めつけているのです。

 

起業していると周りも起業家だらけで、
まるでほとんどの20代が何らかのビジネス
しているように錯覚してしまいます。

 

しかし、実際は20代でビジネスを
している人は100人中1人くらいです。

 

逆を言えば、今起業したら、
すぐにその他大勢から抜け出せるよなーと。

 

会社員として満足しているなら大丈夫ですが、
不満があるなら起業したほうがいいです。

 

大学を卒業して会社員になるしか選択肢がなければ
人生は狭くつまらないものになると実感しています。

 

 

起業に対する誤解が解けたら
もっと豊かに生きる人が増えるはずなんですけどね。

 

別にいきなり大きな事業をする必要はないわけですよ。

 

会社を設立して
立派なオフィスを構えて、
社員を何人も雇って・・・

 

というだけが起業じゃないですからね。

 

そもそも起業は社会に価値を与えることです。

 

世界中にいる誰かたった1人にでも
価値を与えたらそれはもう立派な起業といえます。

 

 

20代でセミリタイアしたとある人がいます。

 

その人が最初何したのかというと、
会社の愚痴をブログに書きまくったのです。

 

仕事や社会、お給料に対する
不満をブログに綴っていったそう。

 

すると、同じように会社に不満がある人が
共感してくれてブログに訪れてくれたみたいです。

 

これだって立派な起業なわけです。

 

芸人のウーマンラッシュアワー村上が
時事ネタで社会をぶった斬り、

 

「俺が思っていることを言ってくれた」
とスッキリする人がいるのと同じ原理です。

 

ちなみに彼はブログに訪れた人たちに
ビジネスの基礎を教えて稼ぎました。

 

ブログの開設、メルマガ配信スタンドの登録、
自己アフィリエイトの方法などなど、

 

ちょっと勉強すれば誰でも教えられることを
これからビジネスしたい人に教えて初期実績を作っていきました。

 

このように会社の愚痴でさえもお金を稼げるのです。
(もちろんただの愚痴の垂れ流しはダメだけど)

 

 

少し前の出来事ですが、年商25億円の
7歳YouTuberライアン君が話題になりました。

 

YouTubeにはライアン君がひたすら
おもちゃで遊んでいる映像がアップされています。

 

それでもサラリーマンの生涯賃金の何十倍
もの金額を一年で稼いでいるのです。

 

すごい時代だなーと思うわけですが、
このように遊びが仕事になります。

 

ライアン君のYouTube動画は、
貧しくてなかなかおもちゃで遊べない
子どもたちの疑似体験の場になっています。

 

あるいは不要なものを買ってしまわないために
ライアン君が遊んでいる映像を見て、
購入する決め手にしている視聴者もいます。

 

このように現代社会は
誰でも気軽に起業できる時代になっているのです。

 

ひと昔前だったら7歳の子どもが
年間25億円も稼ぐなんてありえなかったですからね。

 

 

起業と聞くと、失敗話がつきものです。

 

・事業に失敗して借金1000万円
・家賃を払えずホームレス生活

 

ただこれって間違っていて、
失敗する人は勉強不足なだけです。

 

誰でも気軽に起業できますが、
ある程度の勉強は必要です。

 

これは当たり前の話です。

 

東大に合格したければ、
予備校に通って勉強しますし、

 

筋肉ムキムキになりたければ、
ジムでトレーニングします。

 

それと同じで起業して成功したければ、
ビジネススキルを身につける必要があります。

 

 

勉強と聞くとハードルが高そうですが、
別に難しいことはないですからね。

 

最低限の読み書き計算ができたら、
個人が自由になるくらいなら稼げます。

 

知り合いにも高卒でロクに勉強しなかったけど
月収400万円稼いでいる人がいます。

 

ちょっとだけ勉強すれば、
ビジネスは簡単に結果が出るのです。

 

 

余談ですが、大人になってからの勉強は楽しいです。

 

義務教育っていつ使うかもわからない
知識ばかり覚えさせられるじゃないですか。

 

サインコサインタンジェントとか、
鎌倉幕府が何年にできたとか。

 

いつ使うんだよって話なわけですよ。

 

そうやって勉強嫌いの子どもを作る
今の教育制度は害悪だよなーと。

 

ビジネスの勉強をすれば、
人がどういった時に動くのか、
どんな時に商品が売れるのか
大手メディアなど仕掛ける側の戦略
が手に取るようにわかります。

 

情弱から脱却して騙されなくなりますし、
プライベートに応用すれば、
家族関係が改善されて異性からもモテます。

 

起業家がモテる一つの要因は
人間心理を理解しているからです。

 

僕も起業する前と後では、
人生の質が何十倍も高まりました。

 

 

別に起業に資金もいらないですからね。

 

一昔前までだったら数百万円を銀行から
融資してもらい起業するのが一般的でした。

 

例えば、飲食店を開業するには、
保証金、内装費、敷金、礼金、
その他各種保険などがかかります。

 

なので売り上げが多少あっても
赤字になるなんてザラでした。

 

しかし、ネットを使って起業すれば、
リスクゼロでビジネスを始められます。

 

 

僕は現在、固定費が月5000円以下です。

 

商品を複数作っていますが、
全て原価ゼロなので利益率はほぼ100%です。

 

商品が売れれば売れるほど
黒字になります。

 

これって超異常な数字で、
実業家にこの話をすると驚かれます。

 

月5000円程度なら誰でも可能です。
飲み会を1回、2回我慢すればいいだけですからね。

 

仮に無理だったとしても、
SNSやYouTubeは無料で使えるので
固定費ゼロで起業することもできます。

 

 

これはいわゆるネットビジネスと呼ばれるものです。

 

怪しいだとか詐欺だとか
世間一般では言われています。

 

まぁ実際に一部では詐欺師がいるし、
自動で月収100万円とか疑うのも当然です。

 

でも、これって誤解で、
ネットビジネスは真っ当なビジネスです。

 

そもそも実業のビジネスモデルを
ネット上で展開するだけですし、

 

YouTubeもFacebookもTik Tokも
全てネットビジネスですからね。

 

YouTuberのヒカキンを
怪しいとは言う人はいないでしょう。

 

 

いやいや、そんな大企業と個人起業を
一緒にするなと言われるかもですが、

 

でも、どんな世界的な企業も
はじめは小さな事業から出発しています。

 

Facebookは最初ハーバード大学
で使われる出会い系アプリでした。

 

それが人気を博し、次第に全世界で
使われるSNSへ発展していったのです。

 

「Google先生」と言われるほど
大勢の人に頼りにされているGoogleも
大学の論文を検索するシステムが始まりです。

 

それが発展して世界中の情報を整理する
大きな大きなシステムになったのです。

 

YouTubeだってTik Tokだって同じで、
最初は小さなビジネスから開始しています。

 

だから、ネットを使ってスモールビジネスを
始めることは怪しくもなんともないですし、
将来、世界を牽引する事業になるかもしれないです。

 

 

あとは、よく誤解されるのが、
起業には情熱が必要というもの。

 

「世界を変える」「地方を活気づける」
といった熱い想いがないとダメと思われがちです。

 

別に世の中を良くしたい気持ちがなくても
最初は不純な動機で起業してオッケーです。

 

僕がネットビジネスを始めたのも
「働きたくない」「自由に生きたい」
「金が欲しい」という超不純な動機でした。

 

大学の同期が就職活動をする中、
働かない宣言をしていましたからね。

 

完全に社会不適合者です。

 

でも意外とそういう人は多いです。

 

会社を辞めたいから起業する
異性にモテたいから起業する
有名になってチヤホヤされたいから起業する

 

そんな超個人的な理由で起業して
成功した人は星の数ほどいます。

 

 

逆に熱い想いを持っている人
ほど失敗している傾向にあります。

 

地方活性化をしたい
世界を変えるサービスを作りたい
僕はお金なんていらないです。

 

そうやって熱い想いがあるけど、
フェードアウトした人は数知れず・・・

 

その理由はいきなり大きな事業はできないし、
自分が幸せじゃないと周りを幸せにできないからです。

 

地方活性化させようと思っても、
そもそも自分が豊かじゃないと無理ですからね。

 

だから、自分が豊かになるために
起業するスタンスでいいのです。

 

不思議なもので、ビジネスは
価値提供しないと稼げないので、

 

不純な動機で起業しても、
しっかりと社会貢献に繋がります。

 

 

一番ダメなのは本音に嘘をついて、
世のため人のためと言っちゃう人です。

 

だいたいが失敗に終わっています。

 

お金がないのに、私はお金はいらない
とか絶対嘘じゃんってなりますからね。

 

最初は不純な動機でも、
自分が豊かになっていくうちに、
次第と大きな社会貢献に繋がっていきます。

 

 

僕は大学4年の夏に知識ゼロ、人脈ゼロ、
資金ゼロから起業の世界に飛び込みました。

 

それでも今はこのネットビジネス
で培ったスキルを買われて、

 

WEBマーケティングを教えてよと
言ってくださる企業も増えてきました。

 

2年半ほど前までただの大学生が
30代、40代の経営者に教えているのです。

 

不思議な感覚です。

 

今の自分に誇れるものがなくても、
ちゃんと結果が出ますし、
社会貢献になるので安心して欲しいです。

 

 

僕が今回、伝えたいことは起業に
勇気も才能も情熱もいらないということです。

 

変にハードルを感じる必要はなくて、
はじめはブログを書くとかでいいわけです。

 

起業って華やかなイメージがあるけど、
儲かるビジネスほど地味です。

 

起業当初は、起業=華やかなイメージ
がありました。

 

それこそ起業家仲間と都内にオフィスを構えて、
スーツを着て画期的なサービスを発明するため
にお洒落な会議室で議論するみたいな。

 

先ほども言ったように、そういう人ほど、
事業が頓挫してしまいます。

 

だいたいが本気で世界を変えたいのではなく、
起業している自分に酔っているだけなので。

 

夜はタワマンでシャンパンを飲み散らかして
たまの休みは美女に囲まれてクルージングパーティという。

 

僕もそんな生活に憧れたことありましたが、
自己顕示欲のために動いているうちは、
どれだけ稼いでも幸せにはなれないと気づきました。

 

 

話が逸れてしまいましたが、
地味なビジネスほど儲かります。

 

社員を雇ったり、オフィスを構えたりしたら、
それだけ固定費が高くなってしまいますし、
利益を出すハードルは高くなります。

 

僕が今やっていることは
1日3〜4時間ほどパソコンを叩くだけです。

 

家でコタツに入りながら、あるいは、
近所のカフェでカプチーノを飲みながら
ブログやメルマガを書いています。

 

服も家だとジャージだし、
外で作業する時もラフな服装です。

 

パッと見、ただの大学生です。

 

それでもコンテンツが資産になり、
自動収益が増えていっています。

 

 

基本的には1人でビジネスしているので
人間関係でドロドロすることもないです。

 

これ結構良くて、複数名で起業したら、
お金の面や事業方向性の面で揉めることが多々あります。

 

もちろん全て自己責任というデメリット
はありますが、1人だと気軽ですし、
そもそも他人依存の人は起業しないほうがいいです。

 

で、あとは起業家の知り合いと
テニスしたりご飯行ったり、
元師匠と情報共有したりする日々です。

 

愚痴を言う人はおらず、揉め事もないので、
ストレスフリーです。

 

「ためちゃんって本当にストレスなさそう」
とよく言われます。笑

 

 

あとはメルマガ読者さんから
成果報告をいただいたり
直接会ったりしていますね。

 

この前も半年間副業しても稼げず、
諦めかけたけど僕の教材を買って、
2ヶ月半で初収益が出た人がいました。

 

まだ初収益が出ただけなので
これからが本番という感じですが、
それでもこういう報告は嬉しいですね。

 

そんな感じで、地味だけど儲かり、
社会貢献にもしっかり繋がっています。

 

 

社会貢献の幅は小さいですが、
デカイ夢を掲げて、何も成し遂げれない
よりはいいというのが僕の考えです。

 

で、WEB関係の知識は
かなりついてきたので、
(まだ改善の余地はあるけど)

 

この知識を引っさげて、
大きな事業に挑もうかなと構想しています。

 

 

誰だって最初はゼロですからね。

 

いきなり大きなことをしなくても
家でブログを書くだけでもいいわけです。

 

その延長線上に、豊かな人生と
大きな社会貢献が待っています。

 

だから、起業にハードルを
感じなくてもいいんですよね。

 

ちょっと買い物に行こうかくらいの
軽いノリで始めるのがちょうどいいです。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket