こんにちは、ためくにです。

 

先日、起業家仲間、5人でテニスをしました。
今年初打ちです。

 

1月にもかかわらず快晴で
半日ほど思いっきり体を動かしました。

 

で、終わって帰宅すると、
5万円の商品が一個、
10万円の商品が一個、
合計15万円の利益でした。

 

 

僕はビジネスを自動化しているので、
寝ていても遊んでいても収益が発生します。

 

ここだけ聞くと超絶に怪しいですが、
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
という手法を使っているだけに過ぎません。

 

DRMは集客×教育×販売から構成されており、
この3つを自動化することで収益が自動で発生します。

 

それこそ5万円、10万円の商品は当たり前で、
50万円、100万円という商品もポロポロ売れています。

 

DRMは小難しいように思えますが、
一度学べばどんなモノでも売れますし、
好きなことを仕事にすることも可能になります。

 

 

ネット起業と聞くとビジネスの発信をしない
といけないと思い込んでいる人が多いです。

 

ただ、それは間違いで、
どんなジャンルでも商品は売れます。

 

ビジネス系の発信者は非常に多いので、
むしろ他のジャンルで発信した方が儲かりやすいです。

 

まぁビジネス系の発信も正しい戦略を練って
発信している人はごくわずかなので、
まだまだ参入する余地はありますが。

(ちなみに僕はビジネスの知識を深く
学びたかったのでビジネス系の発信をしてます)

 

ちょうどいいタイミングなので、
今回はテニスを事例にDRMで
儲ける手順を話していこうと思います。

テニス×DRMで儲ける流れ

僕はテニス経験者で中学から大学まで
10年間ほど真剣に練習していました。

(ちなみに僕はソフトテニスです)

 

最高戦績は県ベスト4で、
全国トップには遠く及ばずでした。泣

 

テニスに限らず、スポーツの世界では、
中学、高校、大学と真剣に頑張ったけど、
プロにはなれず就職する人は非常に多いです。

 

これってもったいないよなーと。

 

せっかく青春時代をかけて培ったスキルを
活かさない手はないですからね。

 

 

市場の需要や本人のスキルにもよりますが、
どんな分野でもDRMと組み合わせたたら、
個人で食っていくことは可能になります。

 

テニスを事例に見ていきましょう。

 

 

テニス×DRM事例スタート
=========

 

DRMは集客×教育×販売です。

 

この3つを使うことで、
利益は最大化することができます。

 

集客はブログ、YouTube、SNS
を活用していきます。

 

 

テニスなので特に動画に力を入れていきます。

 

解説動画をYouTubeにアップロードして、
無料コンテンツを充実させていきます。

 

ブログでは「テニス ストローク」
「テニス フォアハンド」といったキーワード
で全力で上位表示を狙います。

 

ちらっと確認したところ、機能的価値だけの
つまらないブログがほとんどなので、
今から参入しても十分に上位表示を狙えます。

 

 

これはノウハウの一つですが、
すでに知名度のある人にはアクセスが集まっています。

 

なので、錦織圭や大坂なおみの解説動画を出して、
そこからアクセスを引っ張ってくるのもありです。

 

 

動画やブログはSNSで拡散していきます。

 

若者をターゲットにするなら
TwitterやInstagram、

 

中高年をターゲットにするなら、
Facebookを活用していきます。

 

そうやってテニスをしている人の
フォロワーを増やしていきます。

 

これで集客は完成です。

 

ブログやYouTubeはある程度投稿すると、
自動で集客してくれるようになります。

 

 

教育と販売はメルマガでやります。

 

ブログやYouTubeでいきなり販売しても
信頼関係が薄いので成約率は低いです。

 

メルマガの中でしっかり価値提供して
濃い信頼関係を築いていきます。

 

また、アンケートをとって、
読者さんの悩みを聞くのも有効です。

 

メルマガ登録プレゼントとして、
テニスの基礎が学べる無料動画を
プレゼントしたら登録者は増えます。

誰をターゲットにするかで収益は変わる

で、これから販売をするわけですが、
ターゲットは主に2パターンあります。

 

一つ目は中学生、高校生です。

 

学生の悩みとしては、テニスを上達したいけど、
良い指導者が周りにいないということがあります。

 

僕がそのパターンでした。

 

中学の顧問はテニス経験ゼロの人で、
独学で練習した結果、変なフォームが
身につき、試合も勝てずという・・・

 

やはり良い指導者に出会うことができたら、
スキルは伸びる可能性は高くなります。

 

なので、指導者がいない、中学、高校生を
ターゲットにテニス教材を販売したら売れるのかなと。

 

 

ただ、問題は顧客単価が低いことです。

 

どうしても学生をターゲットにすると、
顧客単価が低くなってしまいます。

 

特に中学生、高校生はお金がないので、
売れても1万円ほどでしょう。

 

さらに顧客単価を増やしていくなら、
全国を回りながらその地域のテニス
学びたい人を集めて、一回数千円〜
1万円で直接指導することはできます。

 

仮に半日1万円で10人集まれば、
それだけ日給10万円ですからね。

 

あるいは一回三千ほどで
Skypeで個別指導などすれば、
顧客単価は増えていきます。

 

個人ビジネスは高単価リピート戦略なので、
学生相手だとなかなか厳しい部分がありますが、

 

しっかりと戦略を練っていけば、
個人で食っていくくらいなら可能です。

 

 

で、もう一つのターゲットが高齢者です。

 

テニスのメリットは生涯にわたって
できることです。

 

今回も平日の昼間にテニスしたのですが、
年配の人たちが20名ほどテニスしていました。

 

皆さん2時間、3時間と動きっぱなしで、
若々しくて健康的な人たちばかりでした。

 

これからは少子高齢化がますます進むので、
高齢者向けにテニス指導は需要があります。

 

 

例えば、テニスをメインにしつつ、
食事や筋トレ、ストレッチなど、
健康を総合的にサポートする教材を
月3万円で販売すれば売れるはずです。

 

(まぁこの辺りはもう少しリサーチすれば
正確な数字は出せます)

 

仮に10人獲得したら月30万円ですし、
30人で年収1000万円獲得できます。

 

30人をサポートって厳しく思えますが、
一度コンテンツを作ってしまえば、
あとはわからないことを個別指導するだけです。

 

なので時間的な余裕も作れます。

 

お客さんもテニスでストレス発散しながら
健康になれるなら満足度も高いでしょう。

 

高齢者の方々は人との繋がりを求めています。

 

なので、月一回、飲み会を開催したり、
ネット上でのおしゃべり会を開催したり、
会員同士で交流できるコミュニティにしたら
さらに満足度は上がります。

 

これは学生相手でも同じですね。
(飲み会は無理ですが。笑)

利益を最大化する販売戦略

さらに収益は増やしていきたいなら、
物販に繋げることもできます。

 

ネットショップを開設して、
テニスグッズを販売すれば、
顧客単価は上がります。

 

あるいは、技術面だけではなく、
メンタルや体力・筋力を強化する
教材を販売することも可能です。

 

僕が試合に負けたのもメンタル面が
ほとんどでした。

 

メルマガの中でメンタル教材、
体力・筋力教材を販売すれば、
顧客単価はどんどん増えていきます。

 

 

顧客単価を増やすもう一つの方法は、
集客数を増やすことです。

 

DRMは集客と教育と販売の
掛け算によって成り立つます。

 

なので、集客数が2倍に増えたら、
収益も2倍に増えます。

 

 

で、どうやればいいのかというと、
他のジャンルから引っ張ってくればいいです。

 

例えば、健康系のブログを立ち上げて、
健康にはテニスがいいですよと誘導できます。

 

すると、テニスに興味はないけど、
健康になりたいと思っていた人たちが
お客さんになってくれます。

 

あるいは学生をターゲットにするなら、
恋愛系のブログを立ち上げて、
テニスをすればモテると誘導できます。

 

そうすればモテたい学生たちが、
テニスに興味を持ってくれます。

 

こうやって違うジャンルから引っ張ってくれば、
どんどん集客数は増えてビジネスは繁盛します。

 

これだけで会社員のお給料以上稼ぐことは余裕ですし、
月収100万円以上も可能なのかなーと。

どんな分野でも食っていける

 

・・・と、テニス×DRMの事例を見てみました。

 

もちろん最低限のテニスの技術は必要ですが、
ある程度テニスをかじったことがあるなら、
プロでなくてもテニスで食っていくことは可能です。

 

 

この手法はテニスに限らず、
どんな分野にも応用できます。

 

色んな分野をリサーチしていると、
ニッチなジャンルにDRMを仕掛けて
飯を食っている人は結構多いです。

 

英語、転職、受験、投資、ダイエット、
筋トレなど王道の分野だけでなく、

 

ゴルフ、釣り、ピアノ教室、パソコン教室、
料理教室、ナンパ、婚活など、ニッチなジャンルでもいます。

 

ある程度の需要さえあれば、
売れないものはないと確信しています。

 

 

時代の変遷を見ても、ますます
個人が儲かりやすい時代になっています。

 

今の日本は物質的には豊かになり、
暇な人が非常に多い状態です。

 

暇を持て余した人たちは、
何か面白いことを探しています。

 

で、人の価値観は様々なので、
ニーズが多様化しているのです。

 

これって個人にとってはチャンスで、
大企業は資本力があるけど、
機動力が弱いという欠点があります。

 

一方の個人はニッチなジャンルにも
すぐに対応出来るという強みがあります。

 

また、インターネットの発達により、
小資本の個人が簡単に事業を起こせるようになり、

 

結果、多様化したニーズに個人が対応して、
どんどん儲かるようになったという流れです。

 

 

だから、一昔前に隆盛を極めていた大企業が
大量のリストラや倒産するようになってきましたし、

 

10代、20代で小金持ちになる
若者が増えてきたのです。

(もちろん30代以降で個人起業して
儲かっている人も大勢います)

 

テニスの事例を見たらわかるように、
小さな市場でもちゃんと戦略を練れば
普通に食っていけるようになります。

 

それこそ半年、1年で大企業の役員以上
の報酬を受け取ることも可能です。

 

僕が推奨しているDRMは
個人が人を雇わなくても年収5億円
までは到達できると言われてます。

 

僕がDRMの存在を知ったきっかけの人も
個人で年収1億円以上稼いでいました。

(その人はすでに引退してしまいましたが)

 

ネットを使えば無料で起業できますし、
利益率もほぼ100%なので、
多額の借金を背負う心配もないです。

 

これほど個人が儲かりやすい手法はないよなーと。

 

 

別に商品がなくても、アフィリエイト
(他人の商品を紹介する)でもいいわけです。

 

それこそテニスがうまい人を
プロデュースして稼ぐこともできます。

 

良い商品を持っているけど、
収益化がわからない人は多いので、
彼らと組めばバリバリ儲かります。

 

結局、マーケティングとセールスさえ学べば、
いくらでもマネタイズできます。

 

本質的なスキルを身につけた個人に
とっては今の時代は天国ですね。

PS、

テニスは13時から17時まで
ぶっ通しでやりました。

 

みんなクタクタになりながら近くのお店へ。

 

すき焼きを食べました。

 

いやー、体を動かした後の食事は最高ですね。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket