こんにちは、ためくにです。

 

「メルマガは時代遅れだ」
という言葉を最近よく耳にします。

 

僕自身、メルマガを配信していて、
現在1000人以上の購読者がいるのですが、

 

「LINE@はやらないんですか?」
「メルマガって本当に稼げるんですか?」

 

といった質問をちょくちょくいただきます。

 

今回はその質問に答える感じで書いていきます。

 

結論、LINE@より断然メルマガです。

 

というか、個人がビジネスをするなら、
メルマガは必須ツールといえます。

メルマガは時代遅れだの言い分

LINE@が良いと言っている人は、
その到達率や開封率の高さを主張しています。

 

メルマガは配信しても読まれないし、
そもそも迷惑メールに入ってしまい、
届かないこともあると。

 

正直に言いますが、到達率や開封率
はメルマガよりLINE@の方が高いです。

 

これって当然で、LINEはどんな内容
でも既読する文化があります。

 

ただ、既読スルーという言葉があるように、
開封されても読まれていないケースは多々あります。

 

実際にLINE@で配信している人で、
「読んでもらえない」と嘆いている人は多いです。

 

逆にメルマガでもしっかりと読んでくれる人はいます。

 

僕のメルマガ読者さんからも
「毎日楽しみにしています」
といった返信が頻繁にきますし、

 

たまに商品をオファーしたら、
一回で100万円以上売り上がります。

 

 

開封率の高さよりも
大事なのは読まれているのかどうかです。

 

どれだけ開封率が高くても
読まれていなければ意味がないですし、

 

逆に開封率が多少、低くても、
濃いファンが何人もいたら、
商売は余裕でできてしまいます。

 

この前も5000人以上LINE@の
読者さんがいる人とお会いしたのですが、
7割、8割の人にブロックされていました。

 

配信内容も見せてもらいましたが、
まぁ見事につまらない内容ばかりでした。

 

アフィリエイトなど商品オファーが多いですし、
辞書みたいな内容で読むに耐えなかったです。

 

コンテンツの中身が良かったら、
LINE@だろうがメルマガだろうが読まれますし、
メルマガの開封率も高まっていきます。

 

 

あと到達率が低い問題ですが、
これも対策することができます。

 

迷惑メールに入っていたら、
取り除くように指示できますし、
独自ドメインを使えば到達率は高まります。

 

だから、到達率や開封率は、
あまり重要じゃないのです。

 

もちろん高いに越したことはないですが、
もっと重要な事(コンテンツの中身)があるよねって話です。

発信媒体より発信内容が大事

僕はかれこれ2年半以上も
ネット業界に携わっているのですが、

 

「どの媒体が稼ぎやすいか論争」が
この業界ではよく起きています。

 

・Twitterが熱いよ
・仮想通貨で一攫千金だ
・これからは動画の時代だ
・Facebook広告が儲かる

 

そんな事を年がら年中言われているのです。

 

どれが本当の情報で、
何のノウハウを学んだらいいのか
わからない人もいるでしょう。

 

 

どの媒体が儲かるかは枝葉の部分です。

 

野球で言えばグローブやバットです。

 

「このバットだとホームラン打てるよ」
「このグローブ使えばエラーしないよ」
そんな話で盛り上がっているのと同じです。

 

どれだけ優れたバットやグローブを使っても、
そもそもフォームやキャッチのスキルがないと
ホームランも華麗な守備もできないですよね。

 

それと同じで、媒体はどこでもよくて、
もっと本質を学ぶことが成功する近道です。

 

ネット業界は枝葉のノウハウにばかり
振り回されている人がほとんどなので、
本質を学べば一気にその他大勢から抜け出せます。

 

 

で、ビジネスの本質は何かというと、
集客×教育×販売の3ステップです。

 

ビジネスってやることはシンプルで、
人を集めて、価値提供して、商品を売る。
この3つだけです。

 

この3ステップさえできたら、
媒体はどこでもいいわけです。

 

集客の本質を学んでしまえば、
一般的にオワコンと言われている、
mixiからも集客することができます。

 

もちろん、時代によって、
集客しやすい媒体は変わりますが、
大事なのは本質を学ぶことです。

 

 

価値提供(教育)をしていくと、
自然と長文のメッセージになります。

 

長ければ長い方がいいわけでもないですが、
100文字と3000文字だったら、
後者の方が良い発信なのは一目瞭然です。

 

で、大事な考えとして、
LINE@は長文に向いていないです。

 

だって知らないおっさんから
長文メッセージがきたらウザいじゃないですか。

 

LINE@は気軽なコミュニケーションが
取れることが長所です。

 

メルマガの感想をもらったり、
ブログやYouTubeの更新をお知らせする
くらいなら使いやすい媒体です。

 

ただ長文は向いていないので、
高確率でブロックされてしまいます。

 

一方、メルマガは長文に向いている媒体です。

 

僕自身、1万文字以上のコンテンツを発信
する時もありますが、しっかり読んでくれます。

メルマガは億を稼ぐことができる

先ほども言ったようにビジネスの旬な媒体
は流行り廃りが非常に早いです。

 

ここ10年間ほどで、mixi、Facebook、
Twitter、YouTube、Instagram・・・
と、1年、2年で媒体が変遷してきました。

 

LINE@が稼げると言われ始めて、
早くも2年が経とうとしていますが、

 

最近だとLINE@の垢BAN祭りがあり、
2019年の4月からは大幅に値上げされます。

 

今年中にはLINE@は衰退するでしょう。

 

 

そんな流行り廃りが早い中で、
唯一、ずっと生き残っているのがメルマガです。

 

実は「メルマガが時代遅れだ」とは、
10年以上前から言われているのです。

 

それでも未だに使い続けられていますし、
億を稼ぐ起業家たちもメルマガを活用しています。

 

有名どころで言えば、
ホリエモンこと堀江貴文さん。

 

ホリエモンは2006年に
証券取引法違反で逮捕されてました。

 

2011年から2013年まで刑務所
生活を強いられていたわけですが、

 

その間もメルマガを書いており、
年収1億円を稼いでいたのです。

 

現在もホリエモンは月額864円、
月4回配信の有料メルマガを書いています。

 

2018年末の時点で会員数は
22000人を突破しているらしく、

 

月ベースで約2000万円、
年間4億円をメルマガだけで稼いでいます。

 

税金で半分持って行かれても
手元には2億残る計算です。

 

 

メルマガを書くだけで
年間4億ってやばくないですか?

 

メルマガは1通も100通も1万通も、
書く労力は同じですし、
原価もほとんどかからないです。

 

僕が使っているメルマガ配信スタンドは
月々三千円で使えます。

 

つまり利益率はほぼ100%です。

 

ホリエモンレベルは中々厳しいですが、
無名の個人でも月収100万円以上稼ぐ人は多いです。

 

僕がメルマガビジネスを始めたきっかけの人は
20代で年間1億円を自動で稼いでいました。
(その人はセミリタイア中です)

 

他にもメルマガを始めて、
1年、2年で月収1000万円近く稼ぐ人はいます。

 

 

メルマガで億を稼ぐ人がいるわけで、
「メルマガで稼げない」は大嘘になります。

 

メルマガは稼げないと言っている人は、
コンテンツの中身が伴っていない人か、
ポジショントークを展開している人です。

 

「メルマガは稼げない」「LINE@が儲かるぞ」
と言っている人はLINE@のツールやノウハウ
を販売して儲けています。

 

結局、大事なのはコンテンツの中身です。

 

LINE@だろうがメルマガだろうが、
中身が悪かったら読まれないです。

 

メルマガが読まれないと言っている人は
そもそも発信内容がつまらないので、
LINE@に移行しても結果は同じです。

 

自分の発信力、ライティング力の拙さを
媒体のせいにするのはお門違いだよなーと。

 

 

どんな媒体でも面白かったら読まれます。

 

メディアはラジオ→テレビ→YouTubeと、
旬なメディアが移行してきましたが、
未だにラジオを聞く人もいるわけです。

 

発信が読まれない人は媒体よりも
発信の中身を鍛えることをお勧めします。

メルマガは最強の発信媒体

僕はメルマガを最強の発信媒体と考えています。

 

というのも、顧客管理ができるからです。

 

YouTubeもFacebookもTwitterもLINE@も
お客さんの個人情報を取得することができないです。

 

プラットフォーム依存なので、
アカウントが凍結されたらthe end。

 

僕の知り合いでもLINE@が凍結されて、
収入が激減した人がいました。

 

これって恐怖でしかないわけですよ。

 

毎日のようの発信していた内容が消えて、
見込み客との連絡手段が途絶えるわけですからね。

 

一方、メルマガはメールアドレス
を登録してもらいます。

 

登録先に自分のタイミングで
メッセージを送ることができますし、

 

仮にメルマガ配信スタンドが消えても、
メールアドレスを自分で管理していたら、
連絡手段が途絶えることはないです。

 

顧客の連絡先(メールアドレス)を
取得していない起業家が多いのですが、
これって大きな機会損失といえます。

 

 

ネット業界だけでなく実業の世界でも、
顧客管理は最重要事項です。

 

江戸時代の商人たちは、店が火事になったら、
商品や家財道具を持って逃げる前に
『顧客台帳』を真っ先に持ち出して逃げたそうです。

 

顧客台帳はお客さんの名前など
個人情報が書かれたものです。

 

それほど顧客管理は大事です。

 

顧客管理が他の媒体ではできないので、
賢い起業家はメルマガ登録を促しています。

 

そうやってリスク管理することは、
長く安定して稼ぐ上で必須と言えます。

 

 

あと、他の媒体だとアカウント乗っ取り問題もあります。

 

LINEが乗っ取られたケースは多いですが、
そうなったら非常に面倒なことになります。

 

だから未だに重要な情報は
メールアドレスで管理されています。

 

クレカの身分証明だったり、
Amazonで商品を買う時だったり、
全てメールアドレスを入力します。

 

LINEを登録してとは言われないですよね。

 

それはメルマガが世界基準で、
最も安全で使い勝手が良いからです。

 

 

まとめると、

 

・読まれないのはコンテンツの中身が悪い。
・LINE@はプラットフォーム依存で危険
・メルマガは顧客管理ができて安心。

 

メルマガはこれからも当分は使われますし、
メルマガビジネスは個人が自動で億を稼げます。

 

これから個人でビジネスを始めるなら、
ぜひメルマガを活用することをお勧めします。

 

では、では!

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket