こんにちは、ためくにです。

 

映画「グレイテストショーマン」を観ました。

 

2018年の上半期に流行った映画なんです
けど、ビジネスをする上で学べることが
多々あったので書いていきます。

 

ネタバレもありますのでご容赦ください。

成功と家族どちらが大切?

グレイテストショーマンは、貧乏な家に
生まれた主人公バーナム(ヒュージャックマン)
が会社を解雇されたことを機に、

 

興行師として個性派の人間たちを集めて
サーカスを催し、成功を収めます。

 

愛する妻と2人の娘たち、サーカス仲間と
幸せに暮らすも、さらなる成功に目がくらみ、
家族を無視してビジネスに夢中になります。

 

そんな最中、サーカスが放火、ビジネス
パートナーの裏切りで一気に転落へ。。。

 

我に返ったバーナムは家族や仲間など
本当に大事なものを思い出し、再起を
果たし、再び愛すると家族と暮らす。

 

という流れです。

 

 

ミュージカル映画なので、劇中には突然
歌い出したり、踊り出したりと迫力満点です。

 

テンポもよくて、話がどんどん進んでいきます。

 

ミュージカル映画としても存分に満足できる
のですが、「グレイテストショーマン」は
メッセージ性のこもった作品でもあります。

 

小人、大男、髭の濃い女、全身刺青の男、
結合双生児の兄弟などなど、世間では
迫害されていた人たちにスポットライトを当てたり、

 

ビジネスとしての成功と家族や仲間との
愛、どちらが大事なのか?などなど、
いろいろ考えさせられます。

 

特に、ビジネスをしている人は
後者に強くメッセージを感じたみたいです。

お金と見栄ばかりの虚しい人生

僕自身も起業しているので、
何のためにビジネスをしているのか
見直すきっかけになりました。

 

ビジネスって単なる手段の一つです。

 

自分や周りの人を幸せにする、
世の中に影響を与える。

 

その手段としてビジネスがあります。

 

お金、権力も手段の一つです。

 

それらをどう活かすかが大事です。

 

でも、気づいたら富や名声に目がくらみ
目的と手段が入れ替わっている人が多いです。

 

お金を稼ぐためだけにビジネスをしたり、
偉くなるために仕事をしたり。

 

それらはあくまで副次的に
得られるものです。

 

富や名声を目的にしたらおしまいです。

 

それらは際限のないものです。

 

月収100万円稼いでも、世の中には
月収200万円、月収300万円と、
さらに稼いでいる人がごまんといます。

 

月収300万円稼いでも、さらに稼いで
いる人間がいます。

 

お金を稼いでも稼いでも満足できず、
一生満たされることのない欲望に駆られ、
お金があるのに幸せじゃない状態になります。

 

結果、バーナムと同じように、家族や仲間
という最も大切にしないといけない存在を
失う可能性もあります。

 

 

僕自身、お金を稼ぐことが目的になって
しまったことがあります。

 

周りの起業家が稼いでいるから稼がなきゃ、
クラブでシャンパンパーティーしたり、
美女をはべされたり、高級ブランド品を
身につけたりしなきゃ。

 

と、稼いで稼いで、稼いでいるアピール
をしないといけないのかなと思いました。

 

で、必死に稼ごうとしたり、
ブランド品を身につけたり
高級料理をSNSにアップしたりしました。

 

 

でも、そんな状態だと、お金はそこそこ
あるのにつまらなかったです。

 

あれ?俺なんでビジネスしてるの?
という虚しさだけが残りました。

 

自分が本当に大切にしたいものを
思い出し、今は自分が成し遂げたい
ことのためにビジネスをしています。

 

富も名声も必要なので、
ビジネスで上を目指していますが、

 

お金、お金、お金、

 

からの

 

見栄、見栄、見栄

 

からの

 

お金、お金、お金・・・

 

と、欲望まみれの頃に比べると全く違う
次元でビジネスしていると実感しています。

 

現代社会は情報が溢れかえっているので、
油断するとすぐに目的を見失ってしまいます。

 

日常の仕事に忙殺されて、人生の意味を
見い出せずにいる会社員とかまさにそうです。

 

起業家にしろ、会社員にしろ、仕事をする
目的は自分や周りの人を幸せにすること、
世の中に影響を与えることです。

 

手段は違えど、最終的にここに行き着きます。

 

でも、気づけば、富や名声など
本来の目的とは違うものしか
見えなくなってしまいます。

 

目的を見失わないように
したいと思いました。

お金がなくても家族がいたら幸せか?

「グレイテストショーマン」を観た人は

 

やっぱりお金なんて幸せに関係ないよなー

家族や仲間がいたら幸せだよなー

 

という感想の人が多かったです。

 

僕はこれには半分賛成、半分反対です。

 

というのもバーナムさんの家族や仲間は
サーカスが成功したから幸せになったからです。

 

富と名声を手に入れる前までは、
ボロボロの服を着て街でサーカスの勧誘
をしていたり、子どもに満足のいくモノを
買ってあげることもできない状態でした。

 

サーカス仲間も各々仕事場で迫害されて
いましたからね。

 

 

お金はいらないというのは間違いで、
最低限のお金は必要ということです。

 

やっぱりお金は大事です。

 

バーナムがもし、サーカスを成功させず
家族やサーカス仲間と細々と生きていても
幸せではなかったはずです。

 

バーナムは成功を突き詰めて、
ある程度の富と名声を手に入れたから
家族や仲間の大切さを知りました。

 

富と名声を手に入れた先に、
お金より大切なものがあると
言うから説得力があるのです。

 

 

世の中にはお金がなくても幸せになれると
言っている人はいます。

 

彼らの生活を見ていると、明日生きて
いけるかもわからない不安定な生活で
到底幸せそうには見えないです。

 

お金がなくても幸せだ
お金がなくても幸せだ
と自分に言い聞かせて、

 

お金の問題から現実逃避している
ように見えるのです。

 

仮にバーナム家族が、毎日パン一個
しか食えないような生活だったら、
娘たちに「幸せだな」と言えるでしょうか。

 

日に日に痩せ細っていく娘たち、
朝から晩まで仕事をする妻、

 

決して幸せではないですよね、、、

 

 

お金だけを目的にするのはダメですが、
お金はあった方が絶対に良いということです。

 

たまにお金を稼ぐことは悪いことだと
思っている人がいますが、そんなことないです。

 

お金は社会に価値を与えた対価として
いただくものなので、むしろお金を稼ぐ
ことは素晴らしいことです。

 

お金が欲しいなら素直にそう言うべきです。

 

僕の周りの起業家は、みんなお金
に対して素直です。

 

お金が欲しい、お金が欲しいと
言っています。

 

ここだけ見たら、ただの強欲な人間ですが、
稼いだお金は家族や仲間、社会に還元して
いるので、僕は理想的な生き方だと思います。

 

本人たちも幸せそうですし。

 

 

なので、富や名声を目的にすると悲惨な
人生になるけれど、どちらもない人生も
また悲惨な人生になるのかなーと。

 

このあたりのバランスが難しいですが、
富も名声も上手く使えば最高の人生を歩めます。

 

僕は富や名声から逃げるわけでも、
固執するわけでもなく、ちゃんと
向き合っていきたいと思います。

 

「グレイテストショーマン」は人生を見つめ
直すきっかけになるのでオススメです。

 

またオススメの本や映画があれば
随時ブログを更新していきます。

 

では、では!

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket