こんにちは、ためくにです。

 

今回はメルマガ読者数が劇的に増える
無料プレゼントの作り方をお伝えしていきます。

 

初心者でも可能な方法なので、
最後まで読んでいただけたらと。

 

 

僕は半年ほど前にメルマガを始めて、
すでに1000人以上の読者さんがいます。

 

何も実績がなかった頃から
メルマガ読者数はどんどん増えていきました。

 

メルマガ読者数が増えないと
悩んでいる人は多いのですが、

 

そんな中、なぜ実績も何もない大学生の
メルマガは読者数が増えていったのかと
いうと、無料プレゼントを作ったからです。

 

魅力的な無料プレゼントさえ作れば、
たとえ初心者でも実績がない人でも
メルマガ読者数はザクザク増えていきます。

 

 

僕は個人が儲ける上で、
メルマガビジネスが最強だと考えています。

 

というのも、
メルマガ読者数が増えれば増えるほど、
収入が青天井に伸びていくからです。

 

それこそ一回のセールスで、
100万円以上売り上げることが可能ですし、

 

さらにステップメールを使えば、
自動で商品が売れていきます。

 

僕自身、労働時間ゼロで
日給5万円ほど収益が発生しています。

 

メルマガビジネスは
続けたら続けるほど儲かります。

 

それこそ月収1000万円を
自動で稼ぐこともできるのです。

 

それなのに1ヶ月ほどメルマガをして、
読者数が増えずに諦めていく人が多いのは
非常にもったいないことだなーと。

 

今回お伝えする方法を使えば、
メルマガ読者数はどんどん増えていきます。

 

最終的に莫大な金額を稼げますので、
ぜひ盗みとっていただけたと思います。

メルマガの無料プレゼントを作るメリット

まず、メルマガを運営するなら、
無料プレゼント作りは必須になります。

 

メルマガをやっているけど、
無料プレゼントがない人は結構います。

 

あるいは質の低い無料プレゼントを作って、
逆に読者さんを遠ざけたりしています。

 

そんな状態でいくら情報発信をしても
メルマガ読者数は増えないです。

 

無料プレゼントを作るのは面倒ですが、
一度作ってしまえば自動化できますし、
1000万円単位の収益に変わるので、
本腰を入れて作ることが大切ですね。

 

 

そもそも無料プレゼントは何かというと、
メルマガ読者さんに渡すプレゼントの事です。

 

基本的にメルマガの1通目で渡します。

 

無料プレゼントの媒体も自由な感じで、
文章、動画、音声など人それぞれです。

 

僕の場合は文章と動画を使っています。

 

電子書籍(文章)をまずお渡しして、
簡単なアンケートに答えてくれた人には、
追加プレゼント(動画)をお渡ししています。

 

無料プレゼントの質も量も高めているので、
「僕を弟子にしてくれませんか?」
「感動したのでもう一度読んでみます」
など嬉しい感想をたくさんいただいています。

 

この状態になれば商品は必然的に売れますし、
ライバルに顧客を取られる心配も少ないです。

 

文章を書くのが得意な人もいれば、
喋るのが得意な人もいるので、

 

文章、動画、音声の中で無料プレゼントは
あなたが得意な媒体を使うのがお勧めです。

無料プレゼントを作るメリット1

無料プレゼントを作るメリットは
大きく分けると2つあります。

 

まず一つ目が行動する理由を作れることです。

 

これは必ず覚えておいて欲しいのですが、
人間はメリットがないと行動しない生き物です。

 

だから、無料プレゼントを作って、
行動するメリットを提示するわけです。

 

だって、誰かもわからない人のメルマガを
何のメリットもなしに登録しないじゃないですか。

 

初心者がやりがちなのが、

 

「メルマガやってます。
登録はこちらから→URL」

 

というものです。

 

こんな状態では誰も登録しないです。

 

知らない人のメルマガなんて
誰も興味がないんですよね。笑

 

無料プレゼントというメリットがあるから、
メルマガに登録をしてくれます。

 

 

先ほども言ったように、
人間は絶望的に行動しない生き物です。

 

なので、メルマガに登録するメリットは
しつこいくらい強調する必要があります。

 

僕もランディングページの中で、
何度でも何度もメルマガの登録する
メリットを伝えています。

 

 

余談ですが、行動するハードルを下げると、
メルマガ読者数は増えやすくなります。

 

例えば、登録フォームに名前と
メールアドレスを記入してもらうより、

 

メールアドレスだけの記入の方が、
登録率は数%高まります。

 

それは書く手間が省けるのと、
名前を書くのは心理的ハードルがあるからです。

 

メルマガ読者数が増えない時は、
行動のハードルをできるだけ下げて、
登録しやすくしてみてください。

無料プレゼントを作るメリット2

僕たちがメルマガを運営する目的は、
商品を販売して利益を上げることです。

 

商品を販売するためには、
信頼関係を築くことが大事です。

 

ブログやYouTube、SNSで情報発信して
メルマガに誘導していくわけですが、

 

ブログやYouTube、SNSでは、
あなたのことを偶然知っただけなので、
信頼関係はほぼゼロです。

 

「この人怪しくないのかな?」
「本当に実在するのだろうか?」

 

と、基本的に読者さんは
あなたのことを疑っています。

 

そんな状態で商品を販売しても
売れるはずがないんですよね。

 

逆に信頼関係を構築したら、
それだけで商品は売れていきます。

 

現時点で商品が売れていないなら、
信頼関係を築けていないということです。

 

 

で、信頼関係を構築するためには、
価値提供することが大切になります。

 

有料級の情報を無料で渡したり、
読んで楽しい情報を発信すると、

 

「この人のメルマガは面白いし、
もっと読んでみたいなー」

 

「無料でこれだけ役立つのだから、
有料企画はどれだけすごいのだろう」

 

と、どんどん購買意欲が高まっていきます。

 

ビジネスでは価値提供が大事だ
といろんなところで言われていますが、
まさにその通りなんですよね。

 

価値提供をすれば商品は売れるし、
収入も右肩上がりになっていきます。

 

 

価値提供する手っ取り早い方法は
無料プレゼントを渡すことです。

 

あなたの知識や経験をまとめて
無料プレゼントとして渡すと、
価値提供できて一気に信頼関係を築けます。

 

メルマガ読者数を増やす上でも、
商品を販売する上でも
無料プレゼントは必須ということです。

初心者こそメルマガの無料プレゼントを作るべし

メルマガ読者数を増やすには
無料プレゼントは必須だと言いましたが、

 

実は無料プレゼントがなくても
メルマガ読者数が増える人もいます。

 

それはファンを作れる人です。

 

Twitter、ブログ、YouTubeなので、
ファンを作ることができたなら、
無料プレゼントがなくても
メルマガ読者数は増えていきます。

 

 

代表的な例でいえば、
ホリエモンこと堀江貴文さんです。

 

彼は月額1000円の有料メルマガを
発行しているのですが、

 

無料プレゼントはおろか、
ランディングページもないです。

 

ブログに登録フォームをポツン
と置いているだけの状態なのです。

 

それでもホリエモンの有料メルマガ
には万単位で読者さんがいます。

 

もちろん知名度があるからというのも
一つの理由なのですが、

 

最大の理由は各メディアで、
ファンを作っているからです。

 

ホリエモンの価値観に共感した人が
ファンになり、有料メルマガを購読しています。

 

すでに熱狂的なファンになっているので、
無料プレゼントすらなくても読まれるのです。

 

ホリエモンレベルは難しくても、
ファンを作ることができたら、
無料プレゼントは不要になります。

 

ただ、いきなりファンを作ることは難しい
ので、無料プレゼントを作ることが無難です。

 

 

初心者がよく勘違いしているのが、
無料プレゼントできるような、
知識や経験がないということです。

 

これは間違いで、実績がなくても、
無料プレゼントを作ることはできます。

 

どうすればいいのかというと、
学んだことをまとめるだけです。

 

僕がこれから1ヶ月間、
筋トレをするとします。

 

その過程で学んだことや
効果的なノウハウをPDFにまとめます。

 

実践記は貴重なので、
立派な無料プレゼントの完成です。

 

ワードプレスの立ち上げ方や
メルマガ配信スタンドの登録方法など、

 

同じようにビジネス系でも、
無料プレゼントは作れます。

 

ワードプレスの立ち上げ方なんて
1日あれば完璧に理解できますからね。

 

それでも迷う人が多いので、
ちゃんと価値提供になります。

 

 

どんな分野でも一番人数が
多いのは初心者層です。

 

彼らより少しだけ詳しくなって、
自分より初心者向けに発信すれば、
メルマガビジネスで稼ぐことはできます。

 

別に超一流じゃなくてもいいわけです。

 

少年野球は、別にプロ野球選手が教えなくても
草野球のおっちゃんが教えるだけでも十分ですよね。

 

ビジネスも同じです。

 

僕よりも稼いでいる人は
世の中にゴロゴロいますが、
それでも十分に稼げています。

 

それは自分より初心者向けに
発信をしているからです。

 

初心者でも無料プレゼントは作れますし、
むしろ初心者こそ無料プレゼントを作るべきです。

 

まだ無料プレゼントを作っていないなら、
この機会にぜひ作ってみてください。

メルマガの無料プレゼントの具体的な作り方

では、ここから無料プレゼントの
具体的な作り方を解説していきます。

 

無料プレゼントの原則が2つあります。

 

無料プレゼント作りの原則1

まず一つ目はメルマガ読者さんが
欲しいものを作るということです。

 

仮にPDF1000ページの
無料プレゼントを作ったとしても、

 

読者さんが欲しいものではなかったら、
その無料プレゼントはただのゴミです。

 

逆にPDF10ページでも、
役に立つ情報だったら、
読者さんに喜んでもらえます。

 

まぁあまりにも量が少ないと
それはそれで満足度が下がるのですが、

 

本質は読者さんの欲しいものを作り、
価値提供することです。

 

この原則からそれてしまうと、
いくらボリュームのある
無料プレゼントを作ったとしても、
メルマガ読者数は増えないです。

 

 

どうすれば読者さんが欲しい、
無料プレゼントを作れるのかというと、
ライバルのリサーチをすればわかります。

 

同じ業界のライバルたちも
無料プレゼントを作っているはずです。

 

彼の無料プレゼントを調べると、
読者さんが欲していることがわかります。

 

 

あと、大事なことは、お金、時間、
人間関係、健康に関連させることです。

 

人間の悩みのほとんどは
この4つに集約されます。

 

お金と時間と人間関係と、健康
の悩みがもっとも深いです。

 

なので、この4つの最低一つ、
できたら複数に関連させると
良質な無料プレゼントを作れて、
メルマガ読者数も増えていきます。

 

ダイエットの情報発信だったら、
健康と人間関係に関連させることができます。

 

痩せたら長生きできますし、
美しい体型になったらモテますし、
自信がついてコミュニケーション能力が高まります。

 

僕はビジネスの発信をしていますが、
4つ全てに関連させることができます。

 

ビジネスをすれば収入が増えますし、
自動化したら1日24時間好きなことできるし、
嫌な人間関係とはおさらばできますし、
稼いだお金でジムに行けば健康になれます。

 

だからお金稼ぎ系の発信は
ずっと前から人気なのです。

 

まぁその分、ライバルも多いのですが。

 

ライバルをリサーチした上で、
お金、時間、人間関係、健康に関連さえたら
読者さんが欲しがる無料プレゼントを作れます。

無料プレゼント作りの原則2

先ほども言ったように、
商品を販売することが目的です。

 

どれだけメルマガ読者数を増やしても
メルマガを読んでもらわないとダメです。

 

「毎月3名様にMacBookが当たる」
「抽選で海外旅行や特産品が当たる」

 

という風に、販売する商品とは関係ない
無料プレゼントで読者数を増やす人がいますが、
これってあまり良い策とは言えないです。

 

メルマガ読者数は増えるのですが、
無料プレゼント目当てで、
メルマガはあまり読んでもらえません。

 

メルマガ読者数は多いのに、
利益は少ない状態になってしまいます。

 

メルマガをしっかり読んでくれたり、
商品を購入してくれたりするような
質の高いメルマガ読者を増やすことが大事です。

 

メルマガ登録がゴールではなく、
商品を販売することがゴールです。

 

この原理原則からは
逸れないように気をつけましょう。

メルマガ読者数が増える無料プレゼントとは?

では、どんな無料プレゼントが良いのか
というと、主に以下の2つに分けられます。

 

1,商品の概要が学べるもの
2,有料企画のノウハウの一部

 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

 

1, 商品の概要が学べるもの

 

メルマガの中で販売する
商品があるはずだと思うので、

 

その商品の概要が学べるものを
無料プレゼントとしてお渡しします。

 

初心者はその業界について
何も知らない状態です。

 

彼らに基礎的な知識を伝授すれば、
それだけで立派な無料プレゼントになります。

 

食事制限ダイエットの商品を販売するとしたら

 

・ダイエットの種類、
・食事制限ダイエットでやるべきこと
・ダイエットで成功する人の思考法
・食事制限ダイエットのメリット

 

などを無料プレゼントとして渡します。

 

 

どんな分野でもやることは同じです。

 

僕は情報発信ビジネスを教えているので、

 

・情報発信ビジネスとは何か?
・なぜ情報発信ビジネスが儲かるのか?
・情報発信ビジネスのメリット
・情報発信ビジネスの全体像

 

といった内容を
無料プレゼントで渡しています。

 

すると情報発信ビジネスに興味が湧き、
有料企画に参加してくれる流れです。

 

商品の成約率も高まりますので、
商品の概要を教えるのはお勧めです。

 

 

2, 有料企画のノウハウの一部

 

有料企画のノウハウの一部を公開するのも
無料プレゼントとしては効果的な手法です。

 

無料プレゼントで渡したノウハウが
役立てば、商品も購入してくれます。

 

食事制限ダイエットだったら、
簡単にできる食事制限レシピを渡します。

 

レシピ通りに料理を作って、
実際にちょっと痩せることができたら、

 

「この人の情報は本物だ」となり、
もっと学びたくて商品を購入してくれます。

メルマガの無料プレゼントは自分の視点を発信する

無料プレゼント作りで大事なのは
自分の視点を絡めることです。

 

ファンを作ることで集客は完成するのですが、
自分の価値観や視点を話すとファンが増えます。

 

ネットには情報があふれているので、
情報単体では差別化ができなくなっています。

 

例えば、「ワードプレスの立ち上げ方」
とグーグルで検索してみると、
同じような情報がたくさん出てきます。

 

ただ単にワードプレスの立ち上げ方を
無料プレゼントとしてまとめても、
その他大勢になってしまうのです。

 

 

でも、自分の経験を絡めることで、
オリジナルの無料プレゼントになります。

 

「僕はITスキルが必要だと思って、
ワードプレスを立ち上げるのに
3ヶ月ほど躊躇してしまいました。」

 

「いざワードプレスを立ち上げると
ITスキルなんていらなかったです」

 

「とりあえずやってみる精神って
大事だなーと痛感しました」

 

「僕と同じ過ちをしないためにも、
まずはワードプレスを立ち上げてみてください」

 

・・・と、自分がワードプレスを
立ち上げた時の話をしていくと、

 

ただただワードプレスを立ち上げる
だけの情報とは差別化することができます。

 

 

「とりあえずやってみることが大事」
という価値観を話すことで、
共感してくれる人も増えます。

 

彼らがファンになり、
商品を買ってくれるのです。

 

このように自分の経験や価値観を入れると、
ファンができて集客もセールスも楽になります。

 

これはメルマガやブログでも同じなので、
ぜひ意識してみてください。

メルマガ無料プレゼント作りまとめ

今回はメルマガ読者数を増やすための
無料プレゼントの作り方を解説しました。

 

初心者でも無料プレゼントを作れる
とわかっていただけたと思います。

 

まとめると、

 

・読者さんが欲しいものを作る
・商品販売につながるものを作る
・自分の視点と絡めて作る

 

この3つの原則を理解したら、
初心者でも無料プレゼント作って、
メルマガ読者数はザクザク増えます。

 

読者数を増やせば増やすほど稼げるので、
ぜひ頑張っていきましょう。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket