こんにちは、ためくにです。

 

僕は学生時代、成功したかったので、
自己啓発本を読み、成功哲学を学んでいました。

 

で、成功哲学でよく言われるのが
成功者は孤独ということです。

 

当時は「本当なのかなー」と半信半疑でしたが、
実際に成功者とお会いするようになって、
成功者は孤独というのは事実だとわかりました。

 

 

僕は起業して、今は労働時間ゼロで
日給10万円〜20万円ほど稼いでいます。

 

さらに上を目指して活動しているのですが、
仕事柄、成功した人たちと関わることが多いです。

 

飲食店のオーナー、不動産社長、
雑貨屋など3店舗を経営する人、
20歳で年商5億円の会社経営者などなど。

 

一緒に仕事をしたり、
Webマーケティングを教えたり、
あるいはご飯に行ったり、遊んだりしています。

 

いろんな成功者と触れ合う中で、
成功者が孤独である理由がわかりました。

成功者が孤独である本当の理由

必死に生きている人が少ないから

「世の中全体でみると、
必死に生きている人はごく少数。」

 

「だから必死に毎日を生きている
成功者は自然と孤独になっていく」

 

これは以前、とある起業家が、
Twitterで呟いた言葉です。

 

ここに成功者が孤独な理由があります。

 

 

どんな分野でも成功するためには
一つのことを徹底的に取り組むことが大事です。

 

遊びも恋愛もやりながら片手間で
成功できるような甘い世界ではないです。

 

で、先ほどの言葉にもあったように、
世の中の大半の人は本気で生きていません。

 

ダラダラと何となく毎日を
過ごしているだけの人がほとんどです。

 

僕もビジネスの世界に入ってから、
大学の友達とは話が合わなくなりました。

 

(自分のことを成功者とは思っていないけど)

 

同年代の人たちはお金のために
イヤイヤ仕事をしています。

 

休みの日はパチンコ、女、酒、昼寝
というような生活です。

 

向上心もなく、1年経っても2年経っても、
何も成長していない人が多いです。

 

一方、僕はより面白い世界をいくために
ビジネスに没頭しています。

 

本を読んだり、人に会ったり、
300万円以上自己投資して学んだりして、
毎日、自己研鑽する日々です。

 

そりゃ話が合わなくなるよなーと。

 

もちろんどちらが正しいかは
本人の価値観次第ですが、

 

僕はダラダラ過ごすのが嫌で、
もっと成長して人生を楽しみたいです。

 

 

話を戻すと、僕が出会った成功者は
みんな情熱を持って仕事に没頭していました。

 

そこまで熱量を持って生きている人は
少ないので、自然と孤独になっていきます。

 

どんな分野でもプロになるには、
それなりの時間が必要になります。

 

無駄な飲み会や人間関係は排除して、
ひたすら作業をすることが必要です。

 

この前お会いした人で、大阪で9社ほど
会社経営している実業家の人がいました。

 

彼は19歳の時に起業してから、
1日3時間睡眠、年間の休みは2日
という生活を7年間もしているそうです。

 

ほとんど仕事ばかりしているそうで、
「しんどくないんですか?」と聞くと、

 

「楽しいから時間も忘れて没頭してしまう」
と言っていました。

 

そうやって何かに真剣に取り組んでいるから
孤独になるのは当然のことなのかなーと。

 

 

で、専門家になってレベルが高くなれば
なるほど誰も理解できない領域に達します。

 

メジャーの大谷翔平は二刀流で活躍して
いますが、たぶん本人しか理解できない
領域で野球と向き合っていることでしょう。

 

イチローも、ただ打って走って守って
という低いレベルでは野球をしていないはずです。

 

本人しか理解できないものがあるから、
あれだけ高齢でも第一線で活躍できるのです。

 

このようにプロになればなるほど
理解できる人がいない(or少ない)から
どんどん孤独になっていきます。

 

先ほどの経営者は金融に強く、
どんな経営者が来ても経営を立て直す
ための最善の策を思いつく特技があります。

 

すごい知識を持っているのですが、
金融知識がありすぎて
理解できる人が少ないのも事実です。

 

僕も話を聞いたのですが、
レベルが高すぎて半分以上は理解不能でした。(汗)

 

本人にとっては当たり前の知識なのに、
周りからしたら異次元レベルだから、
本人は寂しく思っているのかなーと。

 

 

このように成功者は
初めから孤独というよりも、

 

仕事に没頭していくことで、
自分のレベルが上がり、
周りの価値観と合わなくなります。

 

その結果、孤独になるという流れです。

 

だから成功者と孤独は
切っても切れない関係と言えます。

大多数と同じことをしても成功できないから

そもそも成功者の割合って少数です。

 

年収1000万円以上だと日本全体の5%未満です。

 

さらに上のレベル(資産1億円とか)だと、
もっと割合は低くなります。

 

仮に年収1000万円を目指すなら、
100人中5人に滑り込まないといけません。

 

まぁ100人中5人もいるから
けっこう高確率だと僕は思うんですけどね。

 

そもそも成功したいと思っていても、
実践している人なんてごく僅かなわけで、
実はライバルなんてほとんどいないです。

 

 

とはいえ、成功者の割合は少数なので、
大多数と同じことをしていてはダメです。

 

大多数と同じことをしていたら、
その他大勢に埋もれてしまって、
いつまでも成功することはできないです。

 

これまでに会ってきた成功者は、
常識とは逆の行動をしていました。

 

18歳まで陰キャで人見知りなのに
いきなりホストになって年収1000万円なったり、

 

新卒で入社した会社をたった3日で辞めて、
ビジネスを始めたり、

 

借金800万円を背負ったクズニートから
たった半年で月収100万円達成したり、

 

そんなの無理だよとか、そんなの無茶だよ
と言われることを平然とやってのけています。

 

 

僕も大学4年の時に就活を放棄して起業しました。

 

大学の友達は金融、メーカー、商社、公務員
など有名企業に就職していったのですが、

 

そんな中、一次面接終わりに、
就活を突然辞めてしまいました。

 

「お前の人生終わったな」
「あいつは人生舐めているよ」
と、当時は散々言われましたが、

 

僕は大企業の社員や公務員になったら
一生安泰という時代は終わり、
これからは個人の時代だと確信していました。

 

で、就職するより個人で仕事をした方が、
将来のためになると考えて就活を放棄しました。

 

それから2年が経ち、
僕の選択は間違っていませんでした。

 

世間一般の常識に左右されていたら、
今の僕は存在しなかったでしょう。

 

 

この2年間で、世間の常識と
成功者の常識は真逆だと気づきました。

 

独立起業は危険なものと言われていますが。
実際は何のリスクもないですからね。

 

ビジネスをしたらゼロからお金を
生み出せるスキルが身につくので、

 

一生食いっぱぐれないないですし、
自由と安定が同時に手に入ります。

 

他にも世間一般と成功者の
常識が真逆なことはたくさんあります。

 

例えば、世間一般では貯金をすれば
お金が増えると思われていますが、

 

成功者は貯金を悪だと考えていますし、
お金を自己投資することで、
どんどんお金を増やしています。

 

一般的にお金は汗水垂らして稼ぐものですが、
本当は、お金は楽して稼ぐことができます。

 

そもそもお金は労働の対価ではなく、
価値提供の対価なので、

 

自動で世の中に価値提供をすれば、
労働時間ゼロで収益が発生すします。

 

僕が日給10万〜20万円、
労働時間ゼロで稼げているのも、

 

ブログやメルマガを使って、
自動で価値提供する仕組みを作っているからです。

 

別に怪しくもなんともなくて、
ビジネスの原理原則に則っているだけです。

 

このように成功者と世間一般では
価値観や常識が真逆なので、
自然と話が合わなくなるというわけです。

 

成功したいなら、常識を疑い、成功者が
信じる常識を受け入れることが大事ですね。

自分が先頭に立たないといけないから

成功者が孤独な理由の最後は、
先頭に立たないといけないからです。

 

成功者はその分野のリーダーなわけで、
舵取りをする必要があります。

 

もちろん指南役もいますが、
最終的な意思決定は自分自身です。

 

意思決定をした結果、
業績が良くなれば賛辞を送られますが、
失敗したら罵声が待っています。

 

そういったプレッシャーと戦わないと
いけないので、孤独になっていきます。

 

僕がビジネスを学んだ人は、
30代の若手実業家でした。

 

彼は1年半で150名ほど脱サラさせて、
彼自身も月収500万円ほど稼いでいました。

 

いつも周りに人が集まってきて、
楽しそうだったけど、
大事な局面では一人で決めていました。

 

誰にも頼ることができないので、
そういった意味で、
人に囲まれていても孤独なのかなと。

 

 

僕は今、一人でビジネスをしているので、
社員もおらずあまりプレッシャーはないです。

 

ただ、自分の人生は自分で切り開かないと
いけないので、やはり孤独を感じる時があります。

 

成功すればするほど自分が先頭に立ち、
全ての意思決定をしないといけないので、
周りに人がいても孤独になる場面があります。

成功者は孤独だけど幸せなのか?

・・・と、ここまで
成功者が孤独な理由を見てきました。

 

実際にこれまで会ってきた
成功者はすべからく孤独でしたし、

 

世の中の成功者も、
ほとんどが孤独な人だと思います。

 

それは成功の性質上、仕方がないことです。

 

 

じゃあ成功者は幸せじゃないのか
と言われたらそうでもないです。

 

成功者は孤独ですが、
人生を誰よりも楽しんでいます。

 

お金、時間は有り余っているので、
まず、生活に困ることはないです。

 

お金がなくなったらどうしようとか、
時間がなくて忙しいという悩みはないです。

 

世間一般の人たちはお金や時間で
いつも悩んでばかりいるので、
これだけでも人生の充実度は高いといえます。

 

 

で、一番感じたのは、成功者同士が
集まると凄い力が起きるということです。

 

その分野のトップ同士が集まると、
どんどん仕事の話が進み、
より大きな結果を生み出すことができます。

 

知り合いにアパレル会社の社長さんがいるの
ですが、彼はある有名ブランド品の販路があります。

 

で、彼はある日、営業に強い起業家と出会い、
一緒にビジネスをすることになりました。

 

すると一瞬でそのブランド品は売れていき
年間億単位のお金が動きました。

 

両者ともに大金を手にしたというわけです。

 

 

強い人同士が組むと、
こういったことができます。

 

だから、僕もできるだけ自分より上の
成功者とつるむようにしています。

 

僕はWebマーケティングが強いので、
それを武器にいろんな経営者と会っています。

 

すると、収入も年齢も下も僕が下ですが、
そのスキル教えて欲しいと言われたりします。

 

お金をもらって教えたり、
あるいは知識を交換したりしています。

 

そうやってどんどん豊かになり、
新しい世界を知れるのです。

 

 

成功者同士は価値観も似ているので、
話が弾みますし、一緒にいて楽しいです。

 

そういった意味で、成功者は孤独だけど、
仕事もプライベートも充実しています。

 

僕もさらに上の成功者の輪に入れるように
もっと実力を伸ばしていきたいと思います。

 

では、では!

PS,

成功したいけど何をしたらいいのか
わからなかったら、まずはネットを使って
ビジネスを始めることをお勧めします。

 

実業は人を雇ったり、店舗を持ったりして、
数百万円の借金をしないといけないですし、

 

それでいて利益率も低いので、
あまり儲からないのが現実です。

 

一方、ネット起業だと、
無料でビジネスを始められますし、
利益率もほぼ100%なので儲かります。

 

借金を背負う心配もなく、
月収100万円も通過点になります。

 

なので、成功したいなら
ネット起業から始めることをお勧めします。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket