こんにちは、ためくにです。

 

僕は今、ネットを使って、
自動で商品を販売して、
労働時間ゼロで収益を得ています。

 

自動で商品を売るって機械的な響きですが、
実は一番大事なのはコミュニケーション能力です。

 

リアルだろうが、ネットだろうが、
良好な人間関係を築ける人が成功します。

 

 

で、良好な人間関係を築くために
非常に大事なことを学べるのが
「人望が集まる人の考え方」という本です。

 

この本はレス・ギブリンという
アメリカの心理カウンセラーが書いた本で、

 

1956年に刊行されてから半世紀以上にわたって
世界中でロングセラーとなっている隠れた名著です。

 

仕事でもプライベートでも役立つ本なので
レビューしていきますね。

「人望が集まる人の考え方」が最も伝えたいこと

「人望が集まる人の考え方」では、
良好な人間関係を築くための考え方を
事例とともに紹介してくれます。

 

本書の中で最も伝えたいことは
「自分が求めているものは相手にしてあげる」です。

 

相手に先に与えることで、回り回って
自分にも見返りが返ってくるという考えです。

 

これって人間関係の本質で、
よくよく考えたら当たり前のことです。

 

もしあなたが望んでいることをされたら
お返しをしてあげたいと思いますよね。

 

「すべての人が他人に何かを求めている。誰もが相手に好意を求め、自分を受け入れて認めてほしいと思っている」

 

これは「人望が集まる人の考え方」の一文です。

 

人間は誰しも興味を持ったもらいたいし、
周りの人に認められたい生き物です。

 

良好な人間関係を築く方法はシンプルで、
相手を大切に扱っていれば、
自然と自分も大切に扱われるようになります。

 

 

相手を大切に扱っていれば、
仕事も恋愛も家族や友人関係もうまくいきます。

 

僕はこれまで様々な人に会いましたが、
「相手を大切に扱う」ということを
成功者ほど自然と体現しています。

 

僕にはビジネスの恩人がいます。

 

僕はビジネスの世界に入って半年間、
全く稼げず、借金まみれの時期がありました。

 

そんな時、その恩人は、僕の現状を知り、
ビジネスを一から手取り足取り教えてくれました。

 

基礎、基本、本質から教えくれたので、
すぐに稼げるようになりました。

 

今は彼から独立をしたのですが、
もし彼が何か困ったことがあれば、
お金でも労力でも捧げるつもりです。

 

彼はそういうことを僕以外にも
何人にもしてきているので、
人もお金も常に周りに沢山あります。

 

まずは先に与えるって大事だなーと。

 

 

もう一人、お世話になっている
50代の女性経営者さんがいます。

 

彼女の凄いところは、何を言ったら
相手が喜ぶか熟知していることです。

 

彼女曰く、人それぞれ、
褒められて嬉しい点は違うらしく、

 

相手の特性に合わせて、
褒めちぎるそうです。

 

(もちろん嘘ではなく、本音で
思っていることを言うそうですが)

 

僕も彼女に会った時は、褒められて、
お世辞とわかっていても嬉しくなります。

 

人間は単純な生き物だなーと。笑

 

そうやって相手を自然と喜ばせる力は
生きている上で大事だなと感じます。

 

このように相手に興味関心を抱き、
認めてあげるだけでも人間関係は良好になります。

ネット社会だからこそ人間関係が大事

近年はインターネットの発達で、
人に会わなくても生活できるようになりました。

 

仕事のやり取りもチャットや
メールだけで済みますし、

 

見知らぬ人と気軽にやり取りしたり、
ゲームを楽しんだりもできます。

 

そんなネット社会だからこそ
人間関係が大事なんですよね。

 

ネットは相手の顔が見えないので、
温度感がわからず、相手を機械か
何かと間違えてしまいがちです。

 

その結果、Twitterでフォローして
すぐにビジネスの勧誘をしたり、
悪質な誹謗中傷を繰り広げたりします。

 

 

顔が見えないからこそ、
コミュニケーション能力が大事です。

 

これはビジネスも同です。

 

僕はインターネットを活用して、
自動で商品を販売しているので、

 

全く人に会わなくても日給5万円
〜10万円を自動で稼げています。

 

ネットで商品を売るために大事なのが
お客さんとの人間関係です。

 

お客さんの顔は見えないけれど、
パソコンの向こうには人がいます。

 

彼らの悩みを解決することで、
商品が売れて利益が発生するのです。

 

 

逆に顔が見えないからといって、
自分本位な発信ばかりしていたら、
商品は売れなくなってしまいます。

 

僕も起業初期、パソコン越しに人がいる
ことを忘れてしまっていたことがあります。

 

お客さんが求めていない発信をして、
誰も欲しがらない商品を作っていました。

 

もちろん商品は売れなかったですし、
読者さんもほとんどゼロでした。

 

そこから人間関係を基礎から学び、
お客さんの悩み解決に注力したら、
人が集まり、自動で売れるようになったのです。

 

ネット社会だからこそ人間関係が大事ですね。

自尊心を傷つけずに相手を叱るには?

相手を大切に扱えば
仕事もプライベートもうまくいきます。

 

相手を大切に扱う上で、
一番難しいのは、相手を叱るときです。

 

子育てでもビジネスでも恋愛でも、
相手の欠点を指摘しないといけない場面があります。

 

そのときに正面から叱ると、
相手の自尊心は傷ついてしまいます。

 

相手は言うことを聞いてくれず、
むしろ関係は悪化してしまうのです。

 

相手のためを思って叱ったのに、
関係が疎遠になってしまった経験が
あなたも一度はあるはずです。

 

じゃあどうすれば相手の自尊心を
傷つけることなく、叱れるのかというと、
間接メッセージで伝えることです。

 

 

メッセージは大きく分けると、
直接メッセージと間接メッセージの
2種類に分けられます。

 

直接メッセージは、「〜しなさい」
と相手に直接伝えることです。

 

これだと相手は否定されたことになり、
自尊心が傷つき、あなたのことも嫌いになります。

 

子育てで「勉強しなさい」とか
まさに直接メッセージです。

 

子供は自尊心が傷つくので、
親が勉強しろと言えば言うほど、
勉強しなくなってしまうのです。

 

 

一方の間接メッセージは他人や自分
の事例を話して、間接的に説得します。

 

子どもに勉強をしろと伝えたいなら、
以下のように伝えます。

 

「私が子どもの頃も勉強嫌いだった」

 

「でも、いざ勉強してみると、
知らない知識を学べて面白かった」

 

「しかも成績が上がることで、
クラスの女の子からモテるようになったし、

 

良い大学に入って、
希望する仕事に就くこともできた」

 

「勉強すれば将来の不安がなくなるし、
お金も人も集まってくるので、
毎日少しずつでもやってみて」

 

・・・こう言えばどうでしょう。

 

「勉強しろ!」と直接言われないので、
ムカつくことはないですし、
勉強するメリットも伝えているので、
やってみようかなと思いますよね。

 

このように間接的メッセージを伝えたら
相手の自尊心を傷つけることなく、
効果的に説得することができるのです。

 

 

ネット起業でも直接メッセージを
使って失敗している人は多いです。

 

お客さんの自尊心を傷つけてしまい、
商品購入から遠ざけているパターンはよくあります。

 

例えば、「継続が大事」と伝えたい時、

 

「なんで継続できないんですかね。」

 

「続けられない人はセンスないんで、
ビジネスをやらないほうがいいですよ」

 

とか言っちゃいます。

 

「なんでお前にそんなこと言われるんだよ」
と、知らない人に言われたらカチンときます。

 

これを間接メッセージで伝えると、

 

「僕は時間がない中でも、
1日1時間は作業をするようにしました」

 

「すると1ヶ月、2ヶ月後には、
徐々にスキルがアップしていき、
商品が売れるようになりました」

 

「3ヶ月後には会社員のお給料
以上稼げるようになっていたのです」

 

「継続することが大事なので、
毎日一歩ずつ頑張っていきましょう」

 

・・・このように伝えたら、
相手は嫌な気持ちにならないですし、
継続しようかなと思ってくれます。

 

同じことを伝えるにしても、
伝え方一つで結果は大きく変わります。

 

間接メッセージで伝えるだけで、
仕事もプライベートも良好になるので、
ぜひ使ってみてください。

「人望が集まる人の考え方」のまとめ

仕事もプライベートも突き詰めると、
人間関係の悩みにぶち当たります。

 

良好な人間関係を築けたら、
好きな人と付き合えますし、
家族や友人と仲良くなれますし、
職場での評価も上がります。

 

また、ビジネスをすれば、
自由な人生も手に入ります。

 

「人望が集まる人の考え方」では
そんな人間関係の本質が学べるのでぜひ。

 

僕もまだまだ未熟者なので、
良好な人間関係を築けるように
コミュニケーション能力を鍛えていきます。

 

またオススメの本があれば紹介しますねー。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket