こんにちは、ためくにです。

 

「新卒フリーランスは危険だ。一度就職しろ」
というツイートを先日見ました。

 

投稿者は40代の会社員で、
昭和風の考えに凝り固まった人でした。

 

このツイートを見て、
「何も知らない人なんだなー」と感じました。

 

新卒フリーランスが危険なわけがないですからね。

 

 

で、ツイート見た大学生が、
「やはりフリーランスは危険なんですね」
と落ち込んでいました。

 

そうやって若者の希望を潰すのはやめて欲しいです。

 

新卒フリーランスが危険と言っている人は、
勉強していない人たちです。

 

正しい知識を取り入れたら、
フリーランスは会社員より安定だし、
自由度の高い人生を送れます。

新卒フリーランスから2年経った感想

かくいう僕は大学4年の時、
就活を放棄してフリーランスになりました。

 

当時、お金も人脈も知識もゼロだったので、
ネットを使ってビジネスを始めました。

 

新卒フリーランスになった理由は
「自由な人生を歩みたい」「働きたくない」
という超自己中心的な考えでした。

 

起業家とかフリーランスって
熱い思いがないとダメなイメージですが、
実際は自己中心的な考えの人も多いです。

 

むしろ、世界を変えたいとか、
地元を元気にしたいという思いの人は、
失敗している印象を受けます。

 

というのも、世界を変えることより、
まずは自分を幸せにすることが大事だからです。

 

自分を幸せにできていないのに、
世界を変えられるわけがないです。

 

そんな自己犠牲の上では
どんなビジネスも失敗します。

 

自分を幸せにする→他人を幸せにする→世界を変える

 

人生を変える順番は上記の流れです。

 

 

僕の周りの成功している人も、
自己中心的な考えでビジネスを始めた人が多いです。

 

・ブラック企業から脱サラしたい
・とにかくモテたい
・家で一日中ゲームしたい

 

そんなクズのような考えでも、
普通に成功しちゃっています。

 

で、面白いことに、ある程度、
金銭的に余裕が出てくると、
他人を幸せにしようという動きになります。

 

僕自身、最初は「ただただ楽して生きたい」
という動機でビジネスを始めましたが、
今は自由な個人を増やしたいと思うようになりました。

 

何が言いたいのかというと、
フリーランスになる動機なんて、
自己中心的な考えでいいんだよということです。

 

意外とそういう人の方が成功できます。

 

 

話が逸れてしまったので戻します。

 

僕は大学4年の6月に就活を放棄して
フリーランスになりました。

 

とはいえ、昔からフリーランスに
興味があったわけではありませんでした。

 

むしろ起業とか、ビジネスとか無縁の人間でした。

 

大学3年の頃までは典型的な大企業主義でした。

 

「大企業に就職したら一生安泰」と信じて、
勉学に励む真面目ちゃんでした。

 

しかし、就職活動が始まり、
大企業の社員や公務員に出会っても、
全然幸せそうじゃなかったのです。

 

とある大手金融機関に就職した先輩に聞くと、
サービス残業、満員電車、主食はカップ麺、
上司のパワハラ、唯一の楽しみは金曜の飲み会、
それで手取り20万円という過酷な労働環境でした。

 

この話を聞いて、
「会社は幸せにしてくれない」と感じました。

 

もちろん、世の中のすべての企業が、
上記のような会社ではないでしょうし、
会社員として誇りを持って生きている人もいます。

 

ただ、会社員としてやりたいことがない
僕にとっては、40年間の会社員人生は
苦行にしか思えなかったのです。

 

 

そんな時、ネットを見ると、
フリーランスとして自由に生きる人たちがいました。

 

彼らは毎月のように世界中を旅行して、
一食数万円の食事をして、
美女とシャンパンパーティーをしていました。

 

彼らの方が、大企業の社員や公務員より
圧倒的に勝ち組だと思ってしまいました。

 

 

で、僕は自分の欲望に素直に従い、
新卒フリーランスになりました。

 

大学は大企業に就職=勝ち組、
他は負け組という価値観が根付いていました。

 

また、両親は普通の会社員とパートで、
平凡をこよなく愛するような家庭でした。

 

当然ながら、周りからは批判の嵐でした。

 

「あいつは人生から逃げている」

「どうせ破産するよ」

「大企業の切符を捨てるなんてもったいない」

「いいから真面目に就職しなさい」

 

彼らの思いとは裏腹に新卒フリーランス
として1年目で月商380万円&自動化に成功しました。

 

で、大企業や公務員に就職した同期たちが
一か月間必死に働いてもらうお金の何倍も、
自動でゲットし、不労所得生活に突入したのです。

 

 

仲良くしている周りの人たちも
新卒フリーランスは結構多いです。

 

中には大学を7留してから
新卒フリーランスになった人もいます。

 

そんなクズのような人でも
初月から月商50万円稼ぎました。

 

他にも、日給5万円稼ぎながら
全国を飛び回る自由人や、

 

月収400万円稼ぐ(半分は不労所得)
も同い年もいます。

 

みんな新卒フリーランスで、
会社員より経済的にも時間的にも
成功している人たちです。

 

そういった人が身近に大勢いるので、
新卒フリーランスは危険とか嘘だろと思うのです。

新卒フリーランスは危険が嘘だという理由

新卒フリーランスが危険と言っている人の
主張は間違いが多いです。

 

1,就職してスキルを身につけろ

大学生なんて役に立たないから、
就職してスキルを身につけなさいという主張です。

 

でも、スキルなんて探せばいくらでもありますし、
武器がなくても一ヶ月あれば余裕で作れます。

 

前述した大学を7留した人は、大学時代、
ナンパして女遊び遊びばかりしていました。

 

社会人としたらクズ中のクズですが、
彼はそのノウハウを体系化してビジネスに変えました。

 

彼のモテ術は再現性も高く、
彼女いない歴=年齢の人が無事に
彼女を作ったり、実績も多数あります。

 

二十数年間の経験の中にも
人に役立つスキルは探せばあります。

 

 

もしなかったとしてもすぐに作れます。

 

例えば、一ヶ月間、真剣に筋トレをしたとします。

 

一ヶ月間あれば、筋トレの知識は網羅できますし、
実際に筋肉もつくでしょう。

 

それをこれから筋トレしたい人に
教えたら十分にお金をいただけます。

 

実際に、筋トレ好きの大学生が、
筋トレをビジネスにして
月収300万円稼いだ事例もあります。

 

僕自身、フリーランスになった時は
コミュ症でバイトできないという、
ダメダメ大学生でした。

 

そんな底辺人間でしたが、
短期間だけビジネスの勉強をしました。

 

で、学んだことをブログやSNSで発信したら
教えて欲しいと言われるようになったわけです。

 

 

このように正しい戦略を持てば、
就職しなくても誰でも稼げます。

 

だからスキルがないから就職するは間違いです。

2,礼儀、作法を身につけろ

礼儀、作法を身につけるために
就職しろという主張もあります。

 

確かに礼儀や作法は新卒フリーランス
だと学べないです。

 

ただ、フリーランスの世界なら
礼儀や作法はあまり関係ないの実情です。

 

僕はフリーランスの人とよく仕事をしますが、
礼儀、作法で問題になった場面は一度もないです。

 

もちろん、礼儀なんていらないとうわけではないですよ。

 

ただ、礼儀、作法のために入社はおかしいです。

 

 

礼儀や作法を学ばなかったからといって、
新卒フリーランスで困ったことないです。

 

しかも、意外とみんなちゃんとしています。

 

この前も19歳のフリーランスの子と会いましたが、
とても礼儀の正しい人で驚きました。

 

逆に40代、50代の会社員でも適当な人はいます。

 

待ち合わせに平気で遅れたり、返信しないなど、
会社でどんな教育を受けているの?レベルの人はいます。

 

結局、会社勤めだろうが、フリーランスだろうが、
礼儀や作法なんて本人次第ということです。

 

 

そもそも礼儀や作法なんて
ネット起業ならいらないです。

 

家でパソコン叩くだけで収益が発生するので。笑

 

法人企業相手なら、多少の礼儀は必要になりますが、
半日ほど研修を受けたらバッチリです。

(僕も一度受けに行きました。)

 

礼儀や作法は何年も働いて身につけるものではないです。

3,収入が不安定

当たり前ですが、フリーランスだと
何もしなかったらお金入ってこないです。

 

一方、会社勤めは働いていたら
ある程度の固定給が入ってきます。

 

だからフリーランスは危険だよねという主張です。

 

 

もちろん、ビジネスが軌道に乗るまでは
多少大変なこともあります。

 

ただ、正しい戦略と少しの努力で、
会社員以上のお給料を稼げます。

 

フリーランスで稼げない人は、
勉強不足か行動量が少ないだけです。

 

 

僕は一ヶ月間だけ真剣に働いて、
翌月20万円の不労所得を得たこともあります。

 

この20万円はこの先何年も入ってきます。

 

汗水垂らして、何年間も労働するより
よっぽど楽です。

 

フリーランスは1年で月収100万円
以上狙えるような世界です。

 

危険というより、むしろ夢しかないです。

 

 

逆に、会社は固定給があるから
安心と思っていたらやばいです。

 

今の時代、突然のリストラや倒産は
普通に起きます。

 

これは何も脅しとかではなく、
実体験があるから警告しています。

 

僕の親戚はとある大企業に就職して、
20年間ほど働いていました。

 

その業界だと3番目に大きく、
一生安泰と言われた企業でした。

 

しかし、突然倒産して、
その親戚も路頭に迷うことになりました。

 

だから、大企業の社員や公務員になれば
一生安泰とも言えないのです。

 

 

結局、会社員だろうが、フリーランスだろうが
成長することが大事です。

 

例えば、プロ野球選手が、
筋トレや練習をサボったら、
すぐにレギュラー落ちになります。

 

仕事も同じです。

 

フリーランスでも何も成長せず、
楽して稼ぐのは絶対に無理です。

 

ある程度の努力はもちろん必要です。

 

そういう人たちは会社員でも
泥水をすすることになるでしょう。

 

逆に成長する意欲がある人は、
フリーランスでも余裕で成功できます。

 

で、一度成功してしまうと、
勝手にお金が入ってくるので、
めちゃくちゃ楽な人生を送れます。

 

 

このようにフリーランスのデメリットは
実はデメリットじゃないケースばかりです。

 

フリーランスになったことない人が、
妄想しているだけに過ぎないです。

新卒フリーランスはメリットだらけ

僕はすでに2年以上、フリーランスです。

 

その経験をもとに新卒フリーランス
のメリットを書いていきます。

1,自由な生活

フリーランスの最大のメリットは、
自由な人生を送れることです。

 

嫌な上司も過剰なノルマも規則もないですし、
満員電車、スーツ、ネクタイ、目覚まし時計
とも無縁な生活です。

 

この前、1年ぶりに満員電車に乗ったら、
5分で死にそうになってしまいました。笑

 

これを40年間とか無理だわってなりましたね。

 

 

大学の同期とは1年に一回くらい会うのですが、
みんな人間関係で悩んでいます。

 

上司からのパワハラや、同期との出世争い、
媚を売るだけの飲み会などなど。

 

俺は上司のご機嫌取りするためだけに
会社へ勤めているみたいだと嘆いていました。

 

大学の先輩の中には、
半年で鬱になった人もいます。

 

人間は良くも悪くも環境に左右される生き物です。

 

5年、10年とそんな場所いたら
精神的にイかれてしまいます。

 

その点、フリーランスは
自分の好きな人とだけ交流できるので、
人間関係のストレスはほぼゼロです。

 

精神的にストレスフリーなのは最高ですね。

 

 

あと、フリーランスだと、
収入が青天井に伸びていきます。

 

月収100万円は通過点ですし、
年収1億円も可能な領域です。

 

しかも自動でお金が入ってくるので、
寝ていても遊んでいてもお金入ってきます。

 

僕がビジネスを学んだ人も
20代で年収1億円を自動で稼いでいます。

(その人はすでにセミリタイア中)

 

本人は、毎月世界中を旅行したり、
お寿司、焼肉など豪華料理三昧したり、
家でゲームしたり、YouTubeみたりしています。

 

そんな夏休みのような生活なのに
毎月1000万円以上のお金が入ってきています。

 

異常な光景ですが、現実に存在します。

 

しかも、ロジックがあるので、
センスや才能に関係なく誰でも可能です。

 

僕自身、テニスをしたり、
ふらっと旅行に出かけたり、
平日の昼間から焼肉食べたり、
自由気ままな生活を送っています。

 

新卒フリーランスになってよかった
とつくづく思います。

2,スキルが身につく

当然ながら、フリーランスで食っていくには
ある程度の勉強をして成長する必要があります。

 

僕は自由な人生を手に入れるために
マーケティングとセールスを学びました。

 

・人を動かすスキル
・商品を販売するスキル
・利益を上げるスキル
・人を集めるスキル

 

など、ビジネスの基礎、基本は
みっちりとマスターしました。

 

このスキルのおかげで
ゼロから何度でもお金を生み出せます。

 

 

これらのスキルを組み合わせて、
自動で収益を発生する仕組みを持っています。

 

その仕組みから労働時間ゼロで
日給10万円ほど収益が発生しています。

 

結果の出る型があるので、
学べば誰でも使いこなせます。

 

仮にこの仕組みがなくなったとしても、
(構想上ありえないですが)
三ヶ月もしたら食っていけるようになります。

 

三ヶ月間実家に篭ったり、
田舎で月5万円以下の生活
をしたら余裕で復活できます。

 

あるいは再就職しながら
仕組みを再度作るのもアリです。

 

ゼロからお金を生み出すスキルは貴重で、
月収80万円とかで雇ってくれる企業あります。

 

このようにフリーランスで成長すれば
会社員としてもキャリアップできますし、
一生食いっぱぐれなくなります。

 

 

逆に大企業や公務員だと
単純労働でスキルが身につかないです。

 

知り合いにも3年間働いて、
大学卒業時から何も成長していない人がいます。

 

3年あれば、人生を劇的に変えることができます。

 

年収億を狙えますし、
社会的信用をマックスにできますし、
世界中を旅行することもできます。

 

それを手取り20万円のお金もらうために
単純労働をするのはもったいないです。

 

それこそフリーランスで働くより
よっぽどリスクだと思ってしまいます。

新卒フリーランスになりたいなら・・・

結論、フリーランスに興味があれば、
新卒フリーランスになればいいです。

 

周りの大人は否定するかもしれませんが、
そんなのオール無視でオッケーです。

 

彼らは経験したことがないから批判するだけです。

 

 

プロ野球選手になったことがない人が、
息子のプロ野球行きを拒むのと同じです。

 

でも、プロ野球選手になったら
年棒1億円とか可能ですよね。

 

プロ野球ならクビもありますが、
今回の投稿でも何度も言っているように、
フリーランスなら再現性が高く、
1年あれば会社員の何倍も稼げます。

 

また、会社員に再就職しても、
高いお給料をゲットできます。

 

 

Twitterを見ると、フリーランスに憧れる
大学生多いです。

 

これは非常に良い傾向です。

 

アメリカではすでに3分の1が
フリーランスになっているらしく、

 

アメリカの流行は、5年遅れで
日本にやってきます。

 

なので、これから数年で、
新卒フリーランスはますます増えるでしょう。

 

 

一方、新卒で入社した会社で
一生働く人はほぼいないような時代です。

 

どうせ会社を辞めるのに、働きたくない
会社に入るのはもったいないです。

 

それこそ時間の無駄です。

 

人生で最も貴重なのは時間ですからね。

 

時間は有限なので、限られた人生を
できるだけ有意義に過ごすことが大事です。

 

 

会社でやりたいことがあるなら、
就職したらいいと思います。

 

ただ、自分の気持ちに逆らって、
嫌な人生を歩むのはおかしいです。

 

いやいや会社で働いて1年、2年と
人生を無駄にして、そのうち、
自由に生きたい気持ちも削がれて、
会社の奴隷になってしまいます。

 

そんな人を大勢見てきました。

 

それこそ悲劇です。

 

新卒フリーランスで自由に
生きている人は大勢いるので、
ぜひ自分が望む人生を歩んで欲しいと思います。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket