どうも、ためくにです。

 

日本人って有名人に対する風当たりが厳しくて、
芸能人、スポーツ選手、経営者が少しでも
不祥事を起こすと大バッシングを受けます。

 

まぁ問題を起こす本人が悪いのですが、
その裏にはお金持ちへの嫉妬が見え隠れします。

 

お金持ちを見ると脊髄反射で、
「あいつは悪いことをして稼いでいる」
と思うようになっているのです。

 

こうやってお金持ちや有名人を
嫉妬や批判するのは百害あって一利なしです。

 

お金持ち=悪者と暗示することで、
自らをお金持ちから遠ざけることになります。

 

お金持ちに心の中では憧れながらも、
貧乏のドツボにはまっていきます。

前澤社長に嫉妬する人たち

お金持ちに中でもZOZOの前澤社長に
対する嫉妬や批判は群を抜いてすごいです。

 

知らない人のために一応解説すると、
前澤友作さんを株式会社ZOZOの代表取締役で、

 

他にも株式投資からの多額の配当など
年収140億円以上(推定)稼いでいます。

 

前澤社長が自分自身で、納税だけで
年間70億円していると発言していました。

 

43歳にして総資産3000億円以上
という日本を代表する資産家です。

 

そんな大富豪の前澤社長ですが、
世間からの評価は賛否両論あります。

 

好意的な人がいる一方で、
結構な数のアンチも存在します。

 

 

世間が嫌っているのは、
前澤社長の成金的なお金の使い方です。

 

これまでにバスキアの絵画を
123億円で落札したり、

 

世界初の民間宇宙飛行に行くことを
発表したりしてきました。

 

宇宙旅行は約一週間かけて月を周回します。
9人で合計700億円の費用がかかるとのこと。

 

また、女優の剛力彩芽と付き合い、
インスタなどで写真を投稿したりしています。

 

で、こういう言動に対して、「成金だ」
「無駄遣いせずに社会貢献しろ」と、
世間からはバッシングされています。

 

成金、成金とみんな言っていますが、
そのほとんどが嫉妬です。

 

自分にはできないことを軽々と
やってのけるから嫉妬して、

 

前澤社長のTwitterにアンチコメントを
書いて憂さ晴らしをしているに過ぎません。

 

前に一度だけ前澤社長のTwitterの
コメント欄を見たのですが、
ほんと散々な言われようでした。

 

アンチコメントの大半は
嫉妬か無関係な愚痴でした。

 

あー、この人たちは日陰人生を
一生歩むんだなと思ってしまいます。

 

アンチコメントをいくらしても
自分の人生は何も変わらないのに・・・

 

お金持ちに嫉妬するなら、
金持ちになる努力をした方が
よっぽど良いと思うんですけどね。

 

有名税だとかなんとか言われていますが、
金持ちに嫉妬する風潮はクソだと思います。

金持ちは贅沢をしているようで節約している

世間の反応とは真逆で、僕は
前澤社長は金持ちの鏡だと思っています。

 

というのにも、成金だとか、
お金の無駄遣いと言われていますが、

 

前澤社長のお金の使い方は、
資産になるものであったり、
社会貢献になるものばかりです。

 

一切無駄遣いをせず、自分や周りのため、
さらに、社会のために還元しています。

 

例えば、バスキアの絵画を
123億円で落札したわけですが、

 

お金持ちの間では、
絵画は資産性が高いことで有名です。

 

節税対策になりますし、価格が高騰して、
買値より高く売れる可能性もあります。

 

株式投資や不動産投資と同じように
資産になるというわけです。

 

月の周回旅行には、前澤社長が実費で
世界的なアーティストたちを招待します。

 

アーティストたちに月を体験してもらい、
独創的なアイディアを生み出してもらいます。

 

地球に帰還後、そのアイディアを作品にして
販売すれば、前澤社長にも収益が発生する仕組みです。

 

もしかしたら月旅行の費用よりも
高い収益が発生するかもしれません。

 

そもそも前澤社長は美術が好きなので、
美術界の社会貢献につながります。

 

このように、前澤社長の言動は
全て理にかなっているわけです。

 

無駄遣いせず、お金を効率よく、
世の中に還元しています。

 

だから、僕の周りの起業家たちは
「前澤社長のお金の使い方はかっこいい」
と褒めています。

 

「成金だ」「無駄遣いやめろ」
なんて言っている人は皆無です。

 

世間と成功者との間ではギャップがあるのだなと。

 

 

そもそも年間70億円も納税している人に
使い道をとやかく言う資格はないはずです。

 

アンチコメントしている人の
何千倍、何万倍と世の中に貢献しています。

 

また、剛力彩芽はお金で付き合ったと
言われていますが、それは間違いです。

 

僕はいつも言っているように
お金持ちは人間的魅力が満載です。

 

前澤社長の人間的な魅力に惹かれたのでしょう。
剛力彩芽本人もそう証言していますからね。

 

お金持ちというだけなら、
周りにいくらでもいるわけです。

 

その中で前澤社長が選ばれたのは
人間的魅力が大きな要因でしょう。

 

なのにお金がどうたらとか
批判するのはダサいです。

 

いくら嫉妬しても自分の人生は
一ミリも変わらないですからね。

 

嫉妬をやめて、お金持ちになる
努力をしようぜって感じです。

金持ちには誰でもなれるとわかった

僕はお金持ちに嫉妬するのをやめて、
純粋に憧れ、目指すようにしました。

 

お金持ちは悪いことをして稼いでいる
なんて世間ではよく言われていますが、

 

ちょっとお金の勉強をすれば、
お金は価値提供の対価だとわかります。

 

世の中に価値提供をする対価として、
お金が発生するというわけです。

 

つまり、お金持ちは悪くないし、
むしろ世の中に社会貢献していることになります。

 

まぁお金持ちが悪と仮定するなら、
あなたが働いている会社の社長も
悪者になってしまいますからね。

 

お金持ちを悪者扱いするのは間違っています。

 

お金持ちは、めちゃくちゃ稼いで、
世の中にバリバリ貢献して、
最高にかっこいい生き方だと思います。

 

 

お金持ちに嫉妬するのは憧れがあるからです。

 

それなら成功者のあら探しするよりも、
なぜお金持ちはお金持ちになれたのか
そのルーツを調べた方がいいです。

 

僕は大学生の頃、会社員になっても
自由で豊かな人生は訪れないと気づきました。

 

一方で、世の中には20代で月収100万円以上
稼ぐ人がゴロゴロいることも知りました。

 

その事実を知った時、
僕はめちゃくちゃ悔しかったです。

 

なんで僕とほぼ同い年の人たちが、
これだけお金を持っているんだと。

 

ただ、嫉妬しても現実は変わらないと知り、
自分もお金持ちになると決意しました。

 

とはいえお金持ちになる方法がわからないので、
まずはネットで検索したり、人に会ったりして、
お金持ちになる方法を徹底的に調べていきました。

 

すると、意外と簡単にお金持ちになれる
ということに気がつきました。

 

 

お金持ちってセンスや才能があったり、
子どもの頃の教育が影響していると
勝手に勘違いしていたのですが、

 

貧乏人やいじめ、高卒など、不遇な環境
からお金持ちになった人は多かったです。

 

彼らに才能やセンスがあるわけではなく、
世間一般の人となんら変わりありませんでした。

 

また、人を騙したり、詐欺することなく、
まっとうに稼いでいたのです。

 

お金持ちを真似して、短期間だけ努力すれば
誰でもお金持ちになれると気づきました。

 

また、いろんな成功者に会いましたが、
みんな向上心が高く、人間的にも魅力的で、
この人達みたいになりたいと思いました。

 

そして、僕は大学4年の時に、
えいや!と思い切ってビジネスを始めたら、
1年後には自由な人生を手に入れていました。

金持ちを嫉妬しても人生は1ミリも向上しない

日本人って世界全体を見ても、
他人に対する批判が多い国で、

 

お金持ち、美男美女、有名人などに
批判や嫉妬を必要以上にしています。

 

でも、他人を嫉妬、批判していても、
1ミリも自分の人生は豊かにならないです。

 

逆に富や名声が手に入るのは批判された側です。

 

前澤社長をTwitterで批判すればするほど、
知名度が高まり、さらにお金持ちになります。

 

実はアンチは成功者を補助しているのです。

 

「批判されて成功した人はいるけれど、
批判して成功した人はいない」

 

これはある尊敬する経営者さんが
おっしゃっていた言葉です。

 

まさにその通りだよなーと。

 

Twitterでクソコメントをしたり、
友達と成功者の悪口を言ったりすれば、
一時的な憂さ晴らしにはなります。

 

けど、すぐに現実に戻り、余計に
自分の人生の惨めさに嫌気がさします。

 

で、虚無感を埋めるために、
また嫉妬や批判をするという、
負のスパイラルに陥ります。

 

他人への憎悪、自己嫌悪で埋め尽くされた
人生なんて僕は絶対に歩みたくないです。

 

 

お金持ちを嫉妬したとしても批判せず、
自分の人生を豊かにすることを考えるべきです。

 

確かに生まれた時、僕たちは不平等です。

 

貧乏な家もあれば裕福な家庭もありますし、
イケメンもいればブサイクもいますし、
運動神経抜群のやつもいれば運動音痴もいます。

 

それは変えようがない事実です。

 

僕は平凡な家庭に生まれましたし、
容姿も運動神経も普通の凡人でした。

 

子どもの頃は、金持ちやイケメン、
運動神経抜群の奴を羨んでいました。

 

「あいつばっかり羨ましい」
「なんで俺はこんな人間なんだ」
と他人を嫉妬ばかりしていたのです。

 

でも、ある時、気づきました。

 

ないものはないわけで、
持ち駒で頑張るしかないと。

 

容姿、両親、能力などは、
生まれ持った時に決まっています。

 

それはどうあがいても変えられないです。

 

じゃあ自分に与えられた駒で、
いかに戦うかを考えるしかないです。

 

そして、手持ちの駒をどう使うかで
あなたの人生は良くも悪くもなります。

 

仮に超イケメンで生まれたとしても、
何も努力をしなければ、ただのニートですし、

 

逆に女芸人なんてブサイクだけど、
笑いに変えることでお金を稼ぎ、
俳優や女優と交友関係を築いています。

 

このように生まれた時のセンスや才能より、
努力や取り組み姿勢の方が何倍も大事なのです。

 

結論、お金持ちへの嫉妬はやめて、
あなたの人生をよくすることを考えた方がいいです。

 

どれだけ嫉妬や批判を繰り返しても
あなたの人生は前進しないです。

 

お金持ちと自分の能力に大差はないので、
ちょっと努力すれば誰でもお金持ちになれますからね。

 

他人の成功なんて無視して、
自分の幸せを追求していきましょう。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket