こんにちは、ためくにです。

 

今回は僕の人生を変えた
一冊を紹介したいと思います。

 

「20代にしておきたい17のこと」
という本なのですが、

 

自己啓発分野の巨匠である
本田健さんが書いた本です。

 

 

僕が「20代にしておきたい17のこと」
に出会ったのは大学2年の頃です。

 

当時の僕は人生に対してかなり悩んでいました。

 

もともとコミュ障で自信がなく、
将来に対して不安がありました。

 

後悔のない人生を送りたい
という思いもありました。

 

で、この先どうしたらいいのだろう
と悶々と毎日を過ごしていたのです。

 

そんな時、「20代にしておきたい17のこと」
と出会い、人生が好転していきました。

「20代にしておきたい17のこと」あらすじ

この本は本田健さんが世界中のいろんな
メンターと出会い、学んだの中から
20代でやっておくべきことをまとめたものです。

 

・大好きなものを見つける
・一流のモノに触れる
・死ぬほどの恋をする
・親友を探す
・専門分野を持つ
・メンターを探す
・異文化に触れる
・没頭できる趣味を見つける

 

・・・などなど、
様々な項目で書かれています。

 

総じて言っていることは、
「いろんなことを経験しながら、
一つ得意なことを見つけようぜ」ってことです。

 

本田健さんにとって20代は準備期で、
30代以降に向けて色々と経験して、
武器を見つけようという位置付けみたいです。

 

この考えには僕も賛成です。

 

 

ただ、同年代の人たちを見ていると、
毎日、同じような生活を繰り返しています。

 

大学時代はバイトとサークルと遊び、
たまに旅行というライフスタイルで、

 

別にそれらを本気でやるわけでもなく、
何となく過ごしている人ばかりです。

 

やることがないからとりあえず、
飲み会したり、グダグダ喋ったりしているみたいな。

 

そうこうしている間に社会人になり、
仕事漬けの毎日が待っています。

 

 

良い大学に入って良い会社に入れば
人生勝ち組なんて嘘ですからね。

 

優秀だった大学の友達は、
とある大手金融機関に就職したのですが、
激務でやつれ、やる気も削がれていきました。

 

それでもお金のために働いて、
土日はゴロゴロするような生活です。

 

そうやって気づけば
30代になっていく人が多いです。

 

せっかくの20代を無駄にしているよなーと。

20代こそいろんなことに挑戦しよう

20代って一番成長できる時期です。

 

体力的も精神的も有り余っているので、
やる気のない仕事に費やすにはもったいないです。

 

僕は仕事柄、副業・起業したい人の話を聞く
のですが、30代手前や30代になってから、
ビジネスを始める人は多くなっています。

 

20代はダラダラと過ごしていたけど、
「もっと早く副業をしておけばよかった」
と彼らは後悔しています、

 

 

大学を卒業してから30代になるまで、
ほとんど成長していない人もいました。

 

これって恐ろしいことです。
人間って1年あれば別人になれますからね。

 

月収100万円を突破できるし、
筋肉ムキムキになれるし、
美女からモテモテにもなれるし、
英語がペラペラにもなれます。

 

2年、3年とそういう生活を続けたら、
人生は大きく大きく変わっていきます。

 

しかし、多くの人は何年経っても
何も変わっていないのです。

 

 

中学の友達と以前、会いました。

 

3人で居酒屋に行ったのですが、
中学時代と会話のレベルが
全く変わっていませんでした。

 

中学時代は、学校や先生の愚痴、下ネタ
という生産性のない会話ばかりしていました。

 

まぁ中学時代だとあるあるですよね。

 

ところが、10年後、久しぶりに話してみると、
同じような会話ばっかりだったのです。

 

上司の愚痴、下ネタ、パチンコ、競馬など、
学校が仕事に変わっただけでした。

 

居酒屋でチューハイ飲みながら
「仕事嫌だー」「お金ねーわ」と愚痴ばかりでした。

 

たぶん、あと10年経っても、
彼らは同じなんだろうなーと。

 

本人がそれで満足しているならいいですが、
人生を変えたいとどこかで思っているはずです。

 

 

ほとんどの20代は人生に対して
何かしらの不満を持っています。

 

不満があるなら何か行動しようぜって思います。

 

・世界中を旅行する
・新しい趣味を始めてみる
・誰よりも仕事を頑張ってみる
・異業種の人に会ってみる

 

・・・何でもいいから、
とにかく始めて見るべきです。

 

学校や会社の付き合いだけだと
どうしても視野が狭くなります。

 

いろんな人に出会い、
いろんな世界を知ることが大事です。

 

 

僕は一時期、交流会を主催していたのですが、
いろんな世界を知れて面白かったです。

 

・芸能事務所の社長
・アパレルブランドの社長
・元海外サッカー選手、
・元関取、
・現役の地下アイドル、
・全国を旅するマジシャン
・メンタリスト

 

一般的に大学を卒業したら、
会社に就職するのが普通ですが、

 

現実には会社に属さず、
自由に生きる人って意外と多いです。

 

そして彼らは好きなことをしているから、
人生の充実度がかなり高いです。

 

会社員としてやりたいことがあるなら、
それはそれで素晴らしいことですが、

 

お金のためにやりがいもなく
イヤイヤ働くのは間違っています。

 

もっといろんな世界を見て、
いろいろと経験することをお勧めします。

 

 

で、こういうことを伝えると、
「もう少し落ち着いたら」と、返事が来ます。

 

これって危険な思考で、
完璧なタイミングは一生来ないです。

 

お金、時間、知識、人脈など
全てが揃うことはまずないですからね。

 

僕は大学4年の時に
就活を放棄して起業したのですが、

 

当時も知識も人脈も資金も
何もかもありませんでした。

 

完璧なタイミングを待っていたら、
今頃、会社員をしていたことでしょう。

 

それでもとりあえずやってみたら、
意外とすんなり結果が出たというわけです。

 

 

で、大事な考えとして、
リスクは年をとればとるほど高まります。

 

体力も精神力も年々衰えますし、
結婚して子供ができたら、
自分一人の人生ではなくなります。

 

また、両親の介護や会社で重要な役職
になれば、どんどん行動できなくなります。

 

なので、リスクが一番少ない今、
一歩ずつでいいから行動していくべきです。

 

20代をダラダラと過ごして、
30代になり後悔している人が多いので、

 

そうならないために、
20代こそいろんなことに挑戦して、
いろんな経験を積むことが大事ですね。

20代は人生最大の失敗をする

「20代にしておきたい17のこと」
の中で、一番初めに語られることが
「人生最大の失敗をする」ということです。

 

大学2年の時に初めてこれを読んで、
衝撃を受けました。

 

え、失敗をしたほうがいいの?って。

 

これの意図としては、
わざと失敗しろというわけではなく、
大きなことに挑戦しろということです。

 

 

人間って失敗を怖がる生き物だから、
どうしても小さくまとまろうとします。

 

でも、失敗を怖がって挑戦をしなければ、
無難な人生しか待っていないです。

 

そんな人生を送って、死ぬ間際に
「最高の人生だった」と言えるのか疑問です。

 

20代だったらいくらでも挽回できます。

 

これまでいろんな起業家、経営者に会って
きましたが、大きな失敗をしていました。

 

・800万円の借金を抱えたニート
・投資で1億5千万円を失った経営者
・アメリカでホームレスになった21歳
・社員、5人全員に裏切られた経営者

 

自殺したくなるような失敗もありますが、
それでも失敗を乗り越えて、
今は人生を謳歌している人たちばかりです。

 

投資で1億5千万円失った人は、
3年後、月収1000万円の不労所得があります。

 

そうやって失敗しても華麗に復活しています。

 

 

20歳で年収1億円稼ぎ、
翌年に全額失った人がいます。

 

その人は先月、月収1億円稼いだらしいです。

 

そんなジェットコースター人生
を歩んでいるのですが、

 

「どうせいつか死ぬわけだし、
俺は後悔のない人生を歩みたい」

 

「失敗もするけれど、死ぬほど稼いで
自分や仲間を豊かにしていきたい」

 

と語っていました。

 

これを聞いてすごくカッコイイなと。

 

普通、20歳で1億円も失ったら病みます。

 

それでもすぐに復活しているし、
実際に仲間を豊かにしていて、
彼の元には人が集まってきています。

 

ちょっとやそっとの失敗を恐れて、
何もしないのはもったいないですね。

 

 

僕も世間一般からみたら
いろいろと失敗をしてきました。

 

大企業に就職目前で就活を放棄したり、

 

ビジネスの世界に入って
いきなり50万円詐欺に遭遇したり、

 

半年間ほぼ無収入で、
銀行残高が367円になったり、

 

それでも何事もなく生きています。

 

人間って簡単には死なないので、
どんどん挑戦していくことが大事ですね。

 

最近はお金と時間の自由を手に入れて、
成長が鈍化している気がします。

 

だから、もっとリスクをとって、
攻めていきたいと思います。

20代はお金の問題と向き合う

20代でやるべきことの一つに
お金と時間の管理を学ぶことがあります。

 

これも大事なことの人だよなーと。

 

20代のほとんどの人が、
いやいや仕事をしています。

 

それってすべて、お金が原因です。

 

お金がないからしょうがなく、
やりがいもない仕事をしています。

 

これは学校教育の欠陥なのですが、
お金の正しい知識を教えてくれないです。

 

で、鎌倉幕府が何年にできたとか、
サインコサインタンジェントとか、

 

社会に出て使う機会がない
知識ばかり覚えさせられます。

 

だから何をしたらいいの分からず、
とりあえず就職する結果になっています。

 

 

今の日本は資本主義社会なので、
良くも悪くもお金を基準にした世界です。

 

(お金持ちが偉いわけではないけど)

 

死ぬまでお金は付きまとうわけで、
それだったら20代のうちに
お金の問題は解決したほうがいいです。

 

僕が就活を放棄して起業した理由も
ただただお金が欲しいだけでした。

 

だって定年後にお金の心配をして
生活をするなんて嫌じゃないですか。

 

それにお金がなくて、子供に
クリスマスプレゼントを買って
あげられなったらかわいそうですし。

 

だからお金の問題は早く解決するべきです。

 

 

お金の問題を解決するために
てっとり早い方法がビジネスです。

 

会社員だと1年間働いても数千円〜
数万円しか収入は増えませんが、

 

ビジネスだと1年で
月収100万円以上稼げます。

 

もちろん何もしなくても稼げる
みたいな甘い儲け話はないのですが、

 

ちょっとだけ努力をしたら、
楽して稼げるような儲け話はあります。

 

 

今はネットを使えば無料で起業できるので
大きな借金を背負う心配もないですからね。

 

失敗しようぜとは言いましたが、
できるだけリスク管理をすることは大事です。

 

インターネットを使えばリスクゼロですし、
しかも収入は青天井に伸びていきます。

 

僕がビジネスを学んだ人は
20代で年収1億円稼いでいました。

 

(今はセミリタイアしてます)

 

年収1億円はそれなりの努力が必要ですが、
脱サラや月収100万円レベルなら、
半年、1年で到達できる領域です。

 

僕は今、労働時間ゼロで
日給10万円〜20万円ほど稼いでいます。

 

ちょうどこの記事を書いている間にも
10万円の利益が発生していました。

 

これはいわゆる不労所得で、
ここだけ見たら超絶に怪しいです。

 

でも、ビジネスを自動化しているだけ
なので、ロジックさえわかれば誰でも可能です。

 

 

ビジネスは会社員としても
キャリアアップにもつながります。

 

ゼロからお金を生み出すスキルが身につくので、
たとえゼロになっても死なないです。

 

仮に僕がゼロになっても
3ヶ月あれば復活できますし、

 

ゼロからお金を生み出すスキルを
欲している会社は多いので、
好待遇で就職することもできます。

 

実際にネット起業を始めて、
月15万円ほど稼いだ人が、
転職して年収が3倍に増えた人もいます。

だから20代でビジネスをすることは
人生全体を考えても非常に大事です。

 

 

尊敬する経営者さんが
「20代は全力で稼ぎまくって、
30代以降はセミリタイアする」
と言っていました。

 

実際に彼は28歳にして、
不労所得で月200万円ほど稼いでいます。

 

もう少しでセミリタイアする予定みたいです。

 

どうせ会社員として働くなら、
その労力の一部を副業に当てたほうが効率的です。

 

キャリアアップに繋がりますし、
自由な人生も手に入ります。

 

お金の問題は付きまとうので、
20代の時から真剣に向き合うことが大事ですね。

 

詳しい副業・起業の方法は
無料メルマガで話をしています。

 

読むだけで成長できると好評ですし、
脱サラや日給5万円稼ぐ人もいるので
興味があれば読んでみてください。

→ためくにの無料メルマガを読んでみる

「20代にしておきたい17のこと」まとめ

今回伝えたいのは、20代を無駄に過ごさず、
いろんなことに挑戦しようぜってことです。

 

同年代の人たちの一つの会社に縛られて、
なんとなく毎日を過ごしています。

 

そうやって30代になって、
「最高の20代だった」と言えるのか疑問です。

 

別に失敗をしても死ぬわけではないですからね。

 

20代という貴重な時期を
後悔のないように生きて欲しいです。

 

僕も後悔のないように
全力で行動していきたいと思います。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket