こんにちは、ためくにです。

 

この前、中学の友達から連絡が来ました。

 

その友達は鉄道会社に就職したものの、
3年経たずに突然のリストラに遭遇したそうです。

 

いきなりのことだったのでびっくりしたの
ですが、誰がどこでクビになるのかわから
ない時代だなーと思いました。

 

で、「いつ仕事をクビになっても大丈夫」
と胸を張って言える人ってどれくらいいる
のだろう?と疑問に思いました。

 

その友達もいきなりの通告で
慌てふためいていました。

 

なんとか派遣社員として再就職は決まった
ものの、収入は下がり、新しい職場にはまだ
慣れていないそうです。

仕事をクビになっても大丈夫?

このように、誰でもクビになる
リスクを抱えています。

 

今の時代、大企業などエリート
サラリーマンでもそのリスクはあります。

 

パナソニックや東芝のような大手企業で
さえ大規模リストラを敢行していますからね。

 

大事なのは、いつクビになっても
大丈夫と言える自信です。

 

悪く言えば、会社員は会社に
利用されているわけです。

 

でも、低賃金で働かされて、上司に媚を売り
ながらビクビク働くなんて嫌じゃないですか。

 

で、いざ仕事をクビになったら
路頭に迷うという・・・

 

そんな悲惨な運命を辿らないためには
会社に使われるのではなく、
会社を使う側になることが生き残る術です。

仕事をクビになっても安心できる2つの要素

いつ仕事をクビになっても安心と言える
ようになるには、以下の二つが必要です。

 

1,副収入
2,自分の力で稼ぐスキル

 

それぞれ詳しくみていきます。

1,副収入

ほとんどの会社員は
イヤイヤ働いています。

 

それなのに会社に依存しているのは
会社以外に収入源がないからです。

 

仮に会社以外に月20万円の
副収入があったらどうでしょう?

 

仕事をクビになっても
食っていけるという自信になるし、
上司に媚を売る必要もなくなります。

 

副収入を獲得するなんて難しいように
思えますが、意外と簡単です。

 

大学の後輩でも月10万円ほど
副収入を得ています。

 

それにこれからは大企業の時代ではなく
個人の時代が来ます。

 

一昔前までは、高学歴で大企業や
公務員に就職した人間が勝ち組として
収入も地位も上でした。

 

しかし、これからの時代は、
個人の価値を高めた人間が人生を謳歌できます。

 

大企業の時代が終わり、個人の時代が
来る理由は大きく分けると2つあります。

 

1,価値観の多様化
2,インターネットの発達

 

1,価値観の多様化

 

現代社会は物質的な豊かさは
かなりの水準に達しています。

 

あれが欲しい、これが欲しい
というのはなくなりつつあります。

 

日本人が次に向かうのが精神的な充実感です。
娯楽、エンターテイメントと呼ばれるものです。

 

戦後から一昔前までは、テレビや洗濯機、
パソコン、車など物質的な豊かさを求めていた時代でした。

 

これらはある程度の資本がないと作れません。

 

だからこそ、お金、時間、人材など資本
で勝る大企業の時代だったわけです。

 

彼らは薄利多売で儲けるのが得意です。

 

しかし、現代社会は物質的な豊かさを
満たしています。

 

物質的なニーズを満たすと、
次は精神的なニーズが出てきます。

 

精神的なニーズは人それぞれ異なるので
ニーズが多様化していきます。

 

すると、薄利多売が得意な大企業よりも
一人一人のニーズに対応できる個人が
活躍する場が広がるという流れです。

 

 

2、インターネットの発達

 

個人が活躍する上で欠かせないのが
インターネットの存在です。

 

一昔前までは商品を宣伝するには
新聞やテレビCMなどマスメディア
の活用が必須でした。

 

これらは何千万円、何億円という
広告費がかかるので、資本で勝る
大企業が有利です。

 

しかし、インターネットが発達することで、
誰でも無料で自分や自分の商品の宣伝を
することができるようになりました。

 

SNSやブログ、YouTubeを使えば、
無料で何千万人にアプローチできます。

 

これは革命以外の何物でもないです。

 

例えば、モテ術に長けている個人が
いるとします。

 

彼はSNS、ブログ、YouTubeで
モテ講座を配信しました。

 

すると、モテたい男性がどんどん
彼の講座に集まってきます。

 

集まってきた人に、有料講座を販売
したらそれだけで食っていけます。

 

10万円の講座を月3人に売れば
生活費を賄うことができます。

 

何千万人というインターネット人口
の中のたった三人です。

 

さほど難しいことではないです。

 

発信力を鍛えていけば、月10人、
20人に講座が売れるようになります。

 

大企業の会社員より給料は上です。

 

このように、ニーズの多様化と
インターネットの発達により、
大企業の時代から個人の時代になりつつあります。

 

なので、個人ビジネスをして、
副収入を獲得することは時代の
流れを考えても最適です。

2,自分で稼ぐスキル

とはいえ、ただただ副収入を獲得
したらいいわけではないです。

 

個人で稼ぐ方法もたくさんありますが、
その中でもお勧めできないものもあります。

 

お勧めできないものは、
スキルが身につかないものです。

 

例えば、投資ツール。

 

お金を預けておくだけで、
お金が勝手に増えるツールです。

 

一見、魅力的ですが、投資ツールの
問題点はスキルが身につかないことです。

 

で、こういうツールは3ヶ月もしたら
ポンコツツールに早変わりします。

 

結果、何も残らないということに。

 

 

会社員以外の副収入があっても、
いつ途切れるかわからない収入
だったらクビが怖いですよね。

 

だからこそ、ゼロからお金を生み出す
スキルを身につけることが大事です。

 

僕はこれまでにマーケティングやら
セールスやらライティングやらを学びました。

 

これらのスキルを使えば、ゼロから
お金を何度でも生み出すことができます。

 

会社員のお給料くらいなら、
3ヶ月もあれば稼げます。

 

もし仕事をクビになっても
すぐに復活できますよね。

 

しかも、このスキルは貴重なので、
会社からも喉から手が出るほど欲しいスキルです。

 

仕事をクビになるリスクはほぼゼロに
なるし、クビになっても雇ってくれる
会社はたくさんあります。

 

一生食いっぱぐれることがなくなるのかなと。

 

 

会社員以外の副収入があり、
しかもゼロからお金を生み出せる。

 

この2つが揃えば、クビに怯えること
なく楽しく過ごすことができます。

 

独立して自由な人生を送ることも可能です。

 

仕事をクビになるのが怖ったから、
この2つを手に入れることが大事です。

 

副収入を獲得することも、
スキルを身につけることも
数ヶ月あれば達成できます。

 

30年、40年とクビに怯えながら、
会社に使われるよりは楽ですね。

 

いつクビになっても大丈夫なように
事前準備をすることをお勧めします。

 

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket