こんにちは、ためくにです。

 

僕は普段、起業家、経営者さんと
お会いすることが多いのですが、
先日、またまた衝撃的な出会いが。

 

どんな人だったかというと、
プライドゼロの超謙虚な性格の方でした。

 

その人は20代後半の起業家で、
今は月5日の労働で月収300万円を稼いでいます。

 

彼と話して印象に残ったのが、
「僕は年下でも、収入が下でも、
自分にない知識やスキルを持っていたら
迷わずお金を払ってでも学ぶ」という言葉です。

 

この考え方、超かっこいいなーと思いました。

 

速攻でスマホにメモしましたからね。笑

 

 

普通は20代で月収300万円も稼いだら、
「俺すげーだろ」と傲慢になります。

 

でも、彼はどれだけ稼いでも、
自分にない知識を貪欲に求めています。

 

プライドなんて微塵もないのでしょう。

 

そんな魅力的な性格だからこそ、
人もお金もどんどん集まってくるのだろうなーと。

プライドはゴミ箱へ捨てることにした

彼のような聖人君子のような性格の人は稀です。

 

大多数の人間は見栄もプライドも
ガッチガッチにあります。

 

僕もしょうもないプライドが原因で
かなり失敗をしてきました。

 

 

去年の今頃の話です。

 

その当時、会社員のお給料の
2倍、3倍ほどは稼げていました。

 

大学の同期は新卒1年目の年ですから、
世間一般で考えると収入は高い方です。

 

まぁ世の中には20歳で1億稼ぐ人も
いるから何もすごくないですけどね。

 

で、軽く浮かれていた時、
年収1億円を自動で稼ぐ人に出会いました。

 

自分が一ヶ月間必死に働いて稼ぐ金額の
10倍、20倍を労働時間ゼロで稼いでいました。

 

その人に出会った時に僕は
「そんなお金いらないでしょ」
「自動とかクソだな。自分の足で稼げよ」
って反射的に心の中で思ってしまいました。

 

いやー、馬鹿だなー。

 

そんなのただの嫉妬です。

 

月収100万円と年収1億円だと
見える世界も出会う人種も何もかも
異次元レベルで変わってきます。

 

そりゃ後者の方が面白い人生を
歩めるに決まっています。

 

 

当時の僕は自分で動かないと
収入が入ってこない状態だったので、

 

一切働かずに年収1億円稼ぐ人に
興味がないわけがないです。

 

「何この人!?超羨ましい!」と、
本音では思っているはずなのに、
無駄なプライドが邪魔をしたのです。

 

だからお前はその程度のレベルなんだよ
って叱ってやりたいです。

 

大して稼いでいないし、
世の中にも貢献していないのに
無駄にプライドだけ高くなっている
自分がだんだん恥ずかしくなってきました。

 

 

で、自分の人生レベルを上げるために
プライドを捨てて謙虚に生きることに決めました。

 

その後、年収1億円を自動で稼ぐ彼から、
ビジネスを学んだのですが、
まぁ衝撃的な情報の数々でした。

 

そりゃ儲かるわって感じです。

 

年収1億円には届いていませんが、
現在は労働時間ゼロで日給10万円〜
20万円ほど稼げるようになりました。

 

プライドを捨てたことがきっかけです。

 

もっと早くプライドとかゴミ箱に
捨てるべきだったと後悔しています。

捨てるべきプライドと捨ててはいけないプライド

プライドは百害あって一利なしです。

 

だから無駄なプライドは今すぐに
でも捨て去るべきだと考えています。

 

ただ、一つだけ捨ててはいけない
プライドがあります。

 

それは信念です。

 

何があってもこの考えは曲げないという
確固たる信念を持っている人は強いです。

 

見栄や傲慢、怠惰といった、
その他のプライドはすべて無駄です。

 

「俺はすごいぜー」
「俺はなんでも知ってるぜー」
「そんな頑張って無駄じゃね?」

 

こういったプライドは
成功から遠ざけるだけですからね。

 

 

歴史に名を残す人とか、
成功している人って、
何かしらの信念があります。

 

漫画の話になりますが、
ワンピースのルフィとかまさにそうです。

 

・海賊王に俺はなる
・仲間を傷つけた奴は許さない
・どんなに強敵が相手でも挑む

 

ルフィにはこういった
確固たる信念があります。

 

海賊って本来、悪役なのですが、
信念があるから魅力的だし、
時には敵(海軍や民衆)にも応援されます。

 

「海賊王になれたらいいなー」
「四皇とか怖いから戦いたくない」
「仲間の一人や二人、犠牲になっても仕方ない」

 

もし、ルフィがこのような考えだったら
誰もワンピースを読まないでしょう。

 

 

これは漫画の世界だけでなく、
現実世界でも同じです。

 

魅力的な人、応援される人ほど
何かしらの信念があります。

 

以前、20歳で1億円稼いだ人と会ったのですが、

 

「多少グレーな手法でもいいから、
とにかくお金を稼ぎまくる」

 

「そして自分の周りの人に還元していきたい」

 

といった信念がありました。

 

法に触れるか触れないか
ギリギリを攻めているので、
この信念は賛否両論あります。

 

実際に彼を詐欺師呼ばわりする
人もいるみたいです。

 

それでも彼は実際に1億円を稼ぎ、
仲間に奢ったり、面倒を見ていました。

 

だから彼の周りには常に人がいるし、
彼も人生を楽しんでいました。

 

 

もちろん詐欺とか犯罪は
絶対にやってはいけないのですが、
信念って大事だなーと思いました。

 

僕にも確固たる信念があるのですが、
そういった信念は曲げてはいけないし、
信念は必ず持っておいたほうがいいです。

 

ただ、その他の見栄や傲慢さなど
そういったプライドは全ていらないです。

 

プライドを持った時点で
成長は止まってしまいますからね。

 

人生を豊かにしていきたいなら、
素直に人から学んだほうがいいです。

プライドを捨てるメリット

先ほども言ったように、
僕は昔、プライドの塊でした。

 

ちょっとだけ稼げるようになって、
俺はすごいと勘違いしていたのです。

 

ただ、どんどん成長が鈍化していき、
収入も少しずつ下がっていきました。

 

このままではヤバイと思い、
プライドは捨てて、
一からやり直すことにしました。

 

するといろんなメリットがあったのです。

魅力的な人と交流できる

基本的にお金持ちや成功者は
プライドがない人が多いです。

 

だからプライドがあると、
その輪に入ることができないです。

 

一回は会ってくれるのですが、
そこで関係が終了してしまいます。

 

僕も結構やらかしていて、
無駄なプライドのせいで、
迷惑をかけたことが度々ありました。

 

ビジネスでもなんでもそうですが、
やはり最後は人と人に関係が大事です。

 

どれだけ稼いでいても
周りに人がいなければつまらないですし、

 

愚痴や不満ばかりの人よりは、
向上心ある人と交流していきたいです。

 

 

で、プライドを捨てたら、
魅力的な人と交流できるようになりました。

 

なんでもします精神なので、
いろいろと可愛がってもらえます。

 

相手の立場になったらわかるのですが、
これしたらいいよーとアドバイスして、
何もやらなかったらガッカリします。

 

だから、オススメの本を紹介されたら
その日のうちに買って読んだりしました。

 

そうすることで、
付き合う人間が変わっていきました。

収入が増える

プライドを捨ててから、
収入レベルは格段に上がりました。

 

僕はWebマーケティングが専門なのですが、
ちょっと学んで理解した気になっていました。

 

集客×教育×販売の3つをすれば
利益はどんどん増えるだろうと、
理解しているフリをしていたのですが。

 

集客×教育×販売の3つが大事なのは
間違ってはいないのですが、
実際はもっともっと奥が深いです。

 

より上の世界を目指すために
稼いだお金は自己投資に回し、
どんどん知識を増やしていきました。

 

すると知らない知識がたくさんありましたし、
実践していくことで収入が劇的に伸びました。

 

世の中には知らない世界や
知らない知識がまだまだあります。

 

もっともっと稼いでいろんな
情報に触れていきたいとなーと。

ストレスフリーになる

プライドがある状態って、
世間や人を斜め上から見ています。

 

自分よりできない人は、
「あいつトロイな」と思っていますし、

 

自分より優れた人には
「あの人は才能があっただけだ」と思っています。

 

端的に言うと性格が歪んでいるわけですよ。

 

 

プライドを捨てることで、
世の中にはいろんな人がいて、
自分は自分、他人は他人と理解できました。

 

十人十色なので、結果が出るのが
遅い人がいるのも当たり前ですし、

 

逆に自分より先を言っている人も、
実は自分より努力をしているだけです。

 

フラットに捉えられるようになったので、
ストレスがどんどんなくなっていきました。

プライドを捨てる方法

ここからは具体的にプライド
を捨てる方法を話していきます。

 

結論、プライドが高い原因は
視野の狭さにあります。

 

小さな領域で物事を判断しているので、
プライドがどんどん高くなるのです。

 

自分という小さな物差ししかないので、
誰よりも優れていると勘違いしたり、
誰よりも頑張っていると勘違いするのです。

 

なので、プライドを捨てる方法としては
新しい人、物、知識に触れることが大事です。

 

具体的には以下のことをすれば
プライドは捨てることができます。

レベルの高い人と交流する

手っ取り早くプライドは捨てる方法は、
自分よりレベルの高い人と出会うことです。

 

漫画とかでよくありますが、
自分のことを強いと思っていたら、
もっと強い人がいて井の蛙だったみたいな。

 

例えば、ルフィは自分が最強で、
海賊王になれるものだと思っていました。

 

しかし、マリンフォードの頂上戦争で、
手も足も出ないような
強敵がゴロゴロいると知りました。

 

それがきっかけでプライドがなくなり、
より強くなるために成長をしました。

 

自分より強い人、レベルの高い人に
出会うことでプライドがなくなり、
より大きな成功を手にすることができます。

 

だから、常に自分よりレベルの
高い人と触れ合うことが大事です。

 

世界は広いですし、
自分よりすごい人はいくらでもいます。

 

逆に自分と同じか、レベルの低い人
ばかり接していたら成長は鈍化します。

 

インターネットを使えば、レベルの高い
人と出会う機会はいくらでもあります。

 

セミナーや交流会に参加すれば、
成功している人と交流できます。

 

自分が少し不快的に感じる人と
触れ合うことが大事ですね。

新しいことに挑戦する

人が最も成長するときは、
新しいことに挑戦するときです。

 

毎日、同じことの繰り返しだったら、
つまらないし、怠惰な生活になります。

 

で、そこそこ上手くこなせるから、
「俺はできる」とプライドができます。

 

けど、新しいことに挑戦したら、
上手くいかないことの方が多いので、
プライドを捨てることができます。

 

僕のオススメは、スポーツです。

 

ストレス発散にもなって、
健康にも良いですし、
勝ち負けが明確だから面白いです。

 

週末の1日やるだけでも、
人生の質は高まります。

 

毎日同じルーティーンだったら
成長しなくなってしまうので、
新しいことには挑戦することが大事です。

本を読む

人に会ったり、新しいことに挑戦
したりするのがハードル高い場合は、
本を読むのがおすすめです。

 

読書は家にいながらできますし、
コスパの良い自己投資咲きです。

 

本って1500円で著者の英知を
学べるから優れたツールなんですよね。

 

最近は金融、歴史、生物といった
ジャンルを読んでいるのですが、
世界は広いなーと謙虚になれます。

 

読んだ知識をブログやYouTubeに
発信していけばお金稼ぎもできますし、
一石二鳥なのでお勧めです。

謝る

日本人って謝ることが苦手な人多いです。

 

謝ったら負けみたいな。

 

これって悪しき風潮で、
間違いはすぐに謝るべきです。

 

尊敬する起業家さんに、間違いがあれば
年下の人にもすんなり謝る人がいます。

 

変に言い訳するよりもかっこいいですし、
素直に謝ると気持ちも良いですよね。

 

僕も昔は謝ったら負けと思っていましたが、
最近は自分に非があるとすぐに謝るようにしています。

 

変に媚びる必要はないですが、
ごめんなさいを言うって大事です。

 

以上がプライドを捨てる方法です。
参考にしてみてください。

プライドを捨てる方法のまとめ

僕たちは大人になればなるほど
無駄な感情が芽生えてきます。

 

・人に聞くのは恥ずかしい
・馬鹿にされたくない
・失敗するのが恐いなどなど。

 

でも、そうやって何も挑戦せず、
何も知らないまま年をとる方が危険です。

 

年をとればとるほど
プライドが邪魔をします。

 

40代、50代のおっさんになって
「昔の俺はさー」と武勇伝を語るの
ってダサくないですか。

 

そんな過去の栄光なんて捨てるべきです。

 

それよりもおっさんになっても
「俺はもっとこうして生きていきたい!」
と熱い想いで未来を変えようとする人の方が
かっこいいですし、応援したいです。

 

 

知り合いにも、40代、50代で夢を持って
活動している人たちがいるのですが、
「あー、こんな大人になりたいなー」と思います。

 

何歳になっても夢を持って生きる
そんな人生を歩みたいものです。

 

他にも、
・年下からは学びたくない、
・お金なんていらない。
・今の自分のままでいい

 

全てゴミ屑レベルのプライドです。

 

年下から学ぶべきことはたくさんありますし、
お金があれば人生の99%の問題は解決しますし、
日々自己研鑽して高いレベルを目指した方が
より面白い人生を歩めます。

 

もっと自分の気持ちに素直に
なって生きていきたいですね。

 

 

・・・と、偉そうなことを言ってきましたが、

 

僕もふと気が緩むとしょうもない
プライドがニョキニョキと生えてきます。

 

まぁ完璧な人間なんていないので
しょうがないかもしれませんが。

 

そんな時は「自分は何者でもない」
と考えるようにしています。

 

結局、プライドがあるってことは
「俺はすごい」という傲慢さです。

 

でも、本来、人間にすごいも
すごくないも境界線はないはずです。

 

みんな同じ人間だし、
短所もあれば長所もあります。

 

変にプライドを持って生きるより、
そうやってフラットに考えたほうが
人生の幅は広がります。

 

できないことは素直に聞けばいいし、
失敗しても何も恥ずかしくない、

 

そうやって何歳になっても謙虚に、
素直に学ぶ姿勢を持ち続けたいですね。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket