こんにちは、ためくにです。

 

今回は独立して自由になる人と
地獄を見る人の違いを話していきます。

 

正しい独立の方法を学べば、
会社員人生とは比べ物にならない
自由な世界が待っています。

 

でも、間違った方法で独立すると、
会社員生活より悲惨な生活が待っています。

 

 

独立しても地獄を味わっている人は意外と多いです。

 

僕は現在、労働時間ゼロで日給10万円以上
稼げるようになり自由な人生を歩んでいます。

 

ただ、起業1年目は借金を背負い、
貯金が底をつき、地獄を見ました。

 

その実体験をもとに独立して
うまくいく人とそうでない人の違いを話していきます。

自由を夢見て独立した

僕が独立した理由は、
ただただ自由になりたいからでした。

 

独立といっても会社勤め経験はなく、
大学4年の時に就活を放棄して
ビジネスの世界へ飛び込みました。

 

独立のきっかけは、就活時代、
圧倒的な自由人に出会ったことです。

 

 

大学3年までは「大企業の社員や公務員に
なれば一生安泰」と信じていました。

 

大企業に就職したら勝ち組だと思い、
小学校からずっと真面目に勉学に励みました。

 

ただ、就活時代に出会った、
憧れのエリートサラリーマンは違いました。

 

金融、商社、メーカー、公務員に就職した
先輩に話を聞くと、過酷な労働環境でした。

 

朝は満員電車に1時間ほど揺られて、
会社では上司からパワハラを受けて、
サービス残業と媚び売り合戦の飲み会は日常茶飯事。

 

大学時代、輝いていた先輩たちが、
1年、2年で愚痴ばかりの人間になっていました。

 

 

このまま自分も先輩たちと
同じような人生を歩むのかなと
不安になりました。

 

一方、SNSを見ると、独立した人たちが
自由な毎日をアップしていました。

 

・一食数万円の豪華ディナー
・美女とクルージングパーティー
・ブランド品に身を包み、シャンパンパリピ
・毎月のように海外旅行へ

 

・・・と、同じ人間には思えないほど
異次元レベルで自由な毎日を送っていました。

 

こんな人生を歩みたいと思い、
エイや!と就活を放棄して、
ビジネスの世界に飛び込みました。

会社員時代より悲惨な独立生活

それからすでに2年以上の月日が経ちました

 

独立して気づいたことは、
自由な人って意外と少ないということです。

 

 

僕は一時期、交流会を主催していたこともあり、
独立した人たちの知り合いは結構います。

 

10代〜60代と年代もバラバラで、
前職の仕事も様々でした。

 

共通しているのは、
自由を夢見て独立したことです。

 

ただ、実際に自由を享受している人は僅かでした。

 

会社員時代のお給料より少ない収入で
毎日朝から晩まで働いている人が多いです。

 

会社員生活に戻るわけにもいかず、
なんとか目の前のお金を拾っています。

 

これが独立の実情です。

 

 

上司に媚び売るのいやだと独立したのに、
先輩経営者に媚び売って生活している人もいますし、

 

人脈作りだと言って、交流会に参加しまくって、
怪しいMLMの営業を受けている人もいます。

 

また、働かないと収入が得られないので
病気になっても仕事をしている人もいます。

 

「自由だ自由だ」言い聞かせているけど、
現実は全く自由じゃない人が大勢いました。

 

 

僕自身、1年ほど前までそんな感じでした。

 

「俺は会社に雇われず生きてやるぜ」
と誓って独立したものの、
月28日労働とかしていましたからね。

 

いやいや、どこかのブラック企業より
よっぽど働いているじゃねーかという話です。笑

 

なんとか生きていくために
朝から晩までずーーーっと働いていました。

 

同期の会社員より収入はありましたが、
時間的に自由ではなかったです。

 

この生活をこのまま続けるわけにもいかず、
途方に暮れていました。

テニスするだけで14万5000円の収入

就活時代、夢見た自由人たちと
自分の違いを比べてみました。

 

すると、自由人たちは、
全く働かずに収入を得ていました。

 

自分が働かなくても勝手にお金が入るので、
好き放題遊んだり、旅行したりしていました。

 

一方、当時の僕を含めて、
独立しても自由じゃない人は、
自分が働いて収入を得ていました。

 

収入を得るためには自分が動くしかないので、
朝から晩まで働きっぱなしだったのです。

 

 

僕が感銘を受けた
ある経営者の言葉があります。

 

「経営者の仕事は仕組み作りだ」

 

「自分が働いて収入を得ているうちは、
たとえ独立しても労働者のままだよ」

 

この言葉にビビッときました。

 

その経営者は自分が働かなくても
収入が入ってくる仕組みを作って、
月1000万円を自動で稼いでいました。

 

夢物語のように思えるかもですが、
労働時間ゼロで年間1億円以上稼いでいたのです。

 

その言葉がきっかけで、
僕も自分が働かなくても
利益が発生する仕組み作りを始めました。

 

 

自分が働かなくても収入を上げることは
決して難しいものではありませんでした。

 

ビジネスは端的に言うと、
人を集めて、商品を売るだけです。

 

この2ステップを自動化するだけです。

 

インターネットを使えば、
無料で人を集めて、
無料で商品を販売できます。

 

多額の借金を背負うリスクもないです。

 

僕はさささっと仕組みを作り、
翌月には20万円の自動収入を得ました。

 

 

自動収入というと怪しいように思えますが、
ロジックさえわかれば誰でも可能です。

 

むしろ月28日労働する方が、
圧倒的に大変でした。

 

それから仕組みを拡大させていき、
自由な毎日を送れるようになりました。

 

寝ていても遊んでいても勝手に
銀行口座にはお金が振り込まれます。

 

好きなことをしていて、
ふとスマホを見ると、
利益が発生している生活です。

 

 

僕はテニス歴10年で
今でもよくテニスをしています。

 

先日も起業家仲間13時から夕方まで
テニスをして、そのあと焼き肉に行きました。

 

試合をしてベンチに戻りスマホを見ると、
10万円ほど収益が発生していました。

 

よしと心の中で小さくガッツポーズして
再びテニス続けました。

 

結局、その日はもう一つ商品が売れて、
合計14万5000円の自動収入でした。

 

もし自分が働いて収入を得ていたら、
テニスをしている最中も、
収入の不安で楽しめなかったでしょう。

 

 

自動で収益が発生するので、
病気になっても安心です。

 

8ヶ月ほど前にインフルで一週間
倒れた時も26万円の収入がありました。

 

ちょっとやそっとでは
死なないよねって感じです。

 

自動収入を作る前と後では
安心感が全く違います。

自動収入があれば独立して自由になれる

独立したら自由な人生が待っている
というのは間違いではないです。

 

実際に10代、20代で月収100万円以上稼ぎ、
会社員の何十倍も自由な生活を送っている人は多いです。

 

ただ、それは自分が働かなくても
収入を得る仕組みを作った人だけです。

 

自分が働いて収入を得る場合だと、
会社員より地獄を見る可能性があります。

 

これから独立をする人、
またすでに独立をしている人は、
気をつけないと爆死しますね。

PS、

自分が働かなくても収入を得る仕組みを
作ればお金と時間の自由を獲得することができます。

 

ただ、お金と時間の自由があれば、
自由な人生なのかと言われたらNOです。

 

僕は一時期、不労所得生活をしていましたが、
すぐに飽きてしまいました。

 

不労所得生活の絶望については、
こちらの記事で詳しく話しています

→「憧れの不労所得生活をしたらクソつまらなかったww」

 

 

真の自由は、お金と時間に加えて、
心と身体も自由な状態だと考えています。

 

病床で1日中寝ている大富豪が幸せで
はないように、お金と時間があっても、
心と身体の健康が阻害されたら意味がないです。

 

なので、お金と時間の自由を得た上で
適度な運動をしたり、
栄養価の高い食事をしたり、
新しいことに挑戦したり、
日々成長していくことが大事です。

 

そうやって4つの自由を高めていき、
新しい世界、より大きな世界を目指していきたいと思います。

 

結局、お金も時間も手段の一つなので、
その資源を何に使うかが大事ですね。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket