こんにちは、ためくにです。

 

「努力は必ず報われる」という言葉。

 

良い言葉ですよね。僕もこれまで、
この言葉を信じて毎日頑張ってきました。

 

でも、最近、「努力は必ず報われる」って
嘘じゃないな?と考えるになってきました。

 

 

僕の持論として、この世に頑張っていない
人はいないというものがあります。

 

たまに「お前は頑張っていない。」
「もっと頑張れ!」と文句を言う人がいますが

 

「いやいや、みんな頑張ってますから」
と心の中で思っています。

 

だってそうじゃないですか?

 

街中を見渡しても、会社員、学生、主婦、
高齢者・・・みーーんな必死に毎日生きています。

 

努力していない人なんてゼロです。

 

 

ニートやフリーターはどうなんだ!
という声が聞こえてきますが、

 

彼らは仕事をしないという選択をして
世の中に何かを訴えかけていると考えています。

 

だから、全人類、努力をしています。

 

しかし、現実は悲惨で、努力をしても
一向に報われない人もいれば、努力を
した分だけ人生のステージがどんどん
上がっていく人もいるわけです。

 

現実問題として、貧富の差は広がり続けています。

 

あー努力は必ず報われるわけではない
んだなーと思うわけです。

 

僕自身、これまでに学業、テニス、
ビジネスと様々なことに挑戦してきました。

 

どれも自分の限界まで努力をしました。

 

しかし、努力が報われた時、
報われなかった時さまざまでした。

 

他にもこれまでに1000人以上の
ビジネスマンとお会いしてきて、

 

努力が結果に結びつく人、
一向に努力が反映されない人、
どちらも大勢見てきました。

 

努力をしても報われない人の特徴を
今回はお話しします。

努力が報われない人は努力の方向性が間違っている

努力の方向性が間違っている。

 

これが努力しても努力しても
報われない人の大半の原因です。

 

そもそも努力の方向性が間違っているので、
いくら頑張っても一生結果は出ません。

 

この問題の厄介な点は、自分自身では
気づくことが難しいことです。

 

誰だって努力の方向性を間違えるなんて
バカなことをしたくないです。

 

でも、本人は努力の方向性を間違えている
ことに気づかず、無駄な努力をし続ける。。。

 

 

例えば、中学校の時、部活の仲間で
めちゃくちゃ真面目に勉強している人がいました。

 

性格も良くて、テスト前はしっかり
何時間も勉強に励むみたいな。

 

けれど、その人はいつも成績が悪かったです。

 

勉強量でいえば、90点台を取っても
おかしくないのに、いつも40点〜50点台
を行き来していました。

 

なぜだ?と疑問に思い、彼の勉強法を聞きました。

 

すると、絶対にテストに出ないであろう
ことばかり覚えていたのです。

 

「いやいや、もっと重要なとこあるくね?」
と僕が言うと、

 

彼は「ここが重要だと思って」と。

 

努力の方向性を間違えるといくら努力
しても報われないと思った出来事でした。

 

 

僕も過去に同じ過ちをしたことがあります。

 

大学生の頃からお金持ちになりたいと思っていました。

 

で、その時した行動が、テニスをするでした←

 

いやいや、テニスをしてどうやって
お金持ちになるんだよって話ですが、

 

成功者の思考を身につけたらいつか
成功してお金持ちになれるだろうと
本気で思っていました。

 

で、大学3年半ほど引退するまで
ほぼ毎日テニスに打ち込んでいました。

 

テニスを上手くなりたいという気持ちも
あったし、実際にかなり上達したので完全
に無駄な努力とは思っていませんが、

 

お金持ちになるという視点から考えると
3年半もの月日を無駄にしたことになります。

 

お金持ちになるにはビジネスをするしかない
とやっと気づき、大学4年の夏に起業したと
いう流れです。

 

3年半もあれば月収100万円とか
余裕で越しますからね。

 

大学1年の頃から起業していたらもっと
儲けいたんだろうなとちょっぴり後悔してます。

 

 

お金持ちになりたいと思って毎日徹夜で
バイトをしても一生お金持ちになれません。

 

笑い事に聞こえるかもしれませんが、
会社員として真面目に働いたらお金が増えて
幸せな人生が待っていると勘違いしている人は多いです。

 

お金持ちになるには雇われから脱却して
自分の力でお金を稼ぐしかないです。

 

努力の方向性を間違えたらいつまで
たっても結果はついてこないです。

 

 

努力の方向性を間違えないためには
その道の専門家から学ぶのが一番です。

 

努力の方向性を間違えている人は
だいたい独学でやっています。

 

お金持ちになりたいなら
お金持ちから学ぶ必要がありますし、

 

難関大学に合格したいなら、
優秀な先生から学ぶ必要があります。

 

モテたいならナンパ師(恋愛のプロ)
から学ぶのが手っ取り早いです。

 

 

そもそも聞く人を間違えている
ケースもあります。

 

これが一番厄介なケースです。

 

正しい知識を学んで努力していると
錯覚しているので、なかなか抜け出す
ことができないわけです。

 

僕はウェブマーケティングが専門で、
マーケティングを使って個人ビジネス
を繁盛させる仕事をしています。

 

で、世の中にはたくさんの個人起業家
がいるわけですが、売れていない起業家
がゴロゴロいます。

 

彼ら彼女らも当然、努力をしています。

 

でも、教えてもらう人が間違っているので
努力が報われる気配は一向に見えません。

 

あちゃー、そんなことやっていたら
売れないよねってことばかりです。

 

これを解決するには、客観的な視点で
自分や世の中を見ることです。

 

自分の努力の方向性は間違えていないか
常日頃から考えます。

 

アンテナを張っていると、
正しい努力の方向性がわかってきます。

 

僕もこれはいつも考えています。

 

今、僕のビジネスは一番儲かる手法
を使っていると自負していますが、

 

それでももっと良い方法があるかもしれない
と世の中にアンテナを張り巡らせています。

 

努力しても努力しても報われないのは
そもそも努力の方向性が間違っている
可能性が高いので、一度見つめ直すこと
をお勧めします。

努力の基準値が低かったら努力は必ず報われるはずがない

次に多いのが、努力量が違うということです。

 

自分では努力をしているつもりでも、
成功者の基準でいえば全く努力をして
いないことがよくあります。

 

基準値の差です。

 

例えば、サッカーの本田圭佑選手。

 

本田圭佑選手があれほど有名になれた
のは、努力量が桁違いだからです。

 

本人も言っているけれど、サッカーの才能は
他のプロサッカー選手に劣るんじゃないかなと。

 

それでも、練習終わりに毎回自主練をしたり
常に努力し続けたから、夢をどんどん叶え
続けることができたのでしょう。

 

本田圭佑選手に憧れる学生は多いですが、
彼の準備運動くらいのレベルで「今日も
頑張ったー」と満足している人がほとんどです。

 

 

成功する人って努力を努力と思って
いないところが多いですからね。

 

え、こんなの努力に入る?みたいな。

 

僕は今、起業家として上の世界に行きたいな
と思っているのですが、上の世界を見ればみる
ほど、努力の基準値が全然違います。

 

僕はブログ1日3記事(合計1万文字)書いて、
よし頑張ったと思ったら、彼らは3万文字書いていたりします。

 

3倍も差があるわけです。
当然、結果が出るスピードも3倍変わってきます。

 

成功者の努力の基準値たけぇと思いながら
なんとか食らいつこうとしています。

 

 

とはいえ、いきなり小学生が本田圭佑選手
と同じ基準値で努力ができないように、
高すぎる目標もよろしくないです。

 

「才能が違う」とメンタルだけ崩壊して
終わる可能性が高いです。

 

もちろん、自分と同じレベルや格下を
基準にしても成長することはできないです。

 

自分より1つ、2つ先を進んでいる人
を目標にして努力するのがベストです。

 

感覚的には「なんでコイツに負けるんだよ」
と悔しくなる相手です。

 

1つ、2つ前を進む人を追いかけたら
自分の努力の基準値も高まります。

 

で、目標の人に追いつき、追い越したら、
また別の1歩、2歩前を走る人を目指すのがオススメです。

 

 

まとめると、努力が報われるという言葉は嘘です。

 

努力の方向性が間違っていたら
どれだけ頑張っても報われません。

 

正しい方向性で一定数以上の基準
で努力した場合のみ努力は報われます。

 

まずは努力の方向性が正しいか
見直してみてください。

 

努力の方向性が定まったら
あとは最大限の戦略を立てて
努力をしていきましょう。

 

自分の少し先を進む人を追いかけていたら
自然と努力もできるし、結果も出ます。

 

僕も「なんでコイツに負けるんだよ」という
人がいるので、頑張って追いつきます。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket