こんにちは、ためくにです。

 

僕の大学の先輩に給料をせっせと
貯金している人がいます。

 

彼は入社3年目にしてすでに
400万円ほど貯金しているそう。

 

それを聞いた周りの友達は
うわー、○○先輩羨ましいーー!
と羨望の眼差しで見ていました。

 

「貯金をしたら安心」

 

日本全土に蔓延っている価値観です。

 

しかし、僕は、一概にも貯金をしたら
安心とは言えないのでは?と考えています。

1億円貯めたら安心か?

宝くじで一攫千金、
億単位のお金が手元に。

 

しかし、3年も経たずに破産。。。

 

こういうニュースをよく目にします。

 

結局、どれだけお金があっても
お金の器がなければすぐに失う結果になります。

 

お金が減っていくことって
心理的にはマイナスの状態です。

 

あれだけお金があったのに、、、
と気が気でなくなります。

 

 

貯金があれば安心と言っている人に
聞きたいのですが、何千万円、何億円
貯めたら安心という境目があるんですかね?

 

今より貯金をしたら安心というのは
盲目的な考えなのでは?と思います。

 

1000万円貯めたら安心という声が多いです。

しかし、1000万円貯めたら、次は
2000万円、3000万円・・・と際限なく
上を目指すことになります。

 

1000万円単位では一生の安心は
買えないということです。

 

 

また、あるデータによると、老後までに
貯金2500万円貯めたら安心という声
がありました。

 

果たしてそれで本当に安心なのでしょうか?

 

85歳まで生きるとして、
年間2000万円前後しか使えません。

 

月20万円です。

 

もしもの事故、火事、子供の教育費
などを考慮すると全然足りません。

 

それにお金があれば使ってしまうのが
人間の性です。

 

宝くじで1億円当てて破産してしまうのは
お金に対する欲望が際限のないものだからです。

 

宝くじに当たっても、年間500万円ずつ
20年間払いとかなら破産しなくなるかも
しれないですね。

 

ちなみに、僕の知り合いに、
30代前半にしてすでに億に近い金額
を貯金している人がいます。

 

一般の世界から見たら羨ましい限りでしょう。

 

ただ、当の本人はそんなことはなく。

 

お金を失う恐怖でいっぱいだそうです。

 

1億円貯めても安心できないのだなーと。

究極の安心に繋がる2つの武器

なぜみんなお金を貯めること、節約する
ことには真剣なのに、自分の力で稼ぐと
いう発想をしないのか僕は疑問です。

 

20円、30円安い食材を求めて隣町の
スーパーに寄ったり、半額セールに
飛びついたり、割引クーポンを愛用したり。

 

別にそれらの行為が悪いとは言いません。

 

ただ、貯金も節約も限度があります。

 

限られた給料の中からやりくりしないと
いけないですから。

 

一方、自分の力で稼げば、収入を青天井に
伸びていきます。

 

それこそ月1万円節約していたのなら、
その10倍、100倍を稼ぐことができます。

 

みんな貯金をして安心感を得たいと思って
いるわけですが、1000万円単位だと
安心はできないです。

 

 

本当の安心は、ゼロからお金を生み出す
スキルと、自分が働かなくても収益が発生
する仕組みだと考えています。

 

自分が働かなくても収益が発生する
仕組みとは不動産、権利収入、投資
の配当、事業の自動化です。

 

この2つを手に入れることが
究極の安心と言えます。

 

だって、毎月毎月勝手に収入が入ってきて、
もし仕組みが倒れても再び作り直せるわけです。

 

使えば使うほどなくなる貯金よりも
はるかに安心です。

 

僕や僕の起業家仲間はみんな、
この2つの武器を手に入れています。

 

まぁ今の事業が倒れても3ヶ月もあれば
復活できるよねって平然と言っています。

 

まるでお金を失う恐怖がないようです。

 

 

仕組みを作れば1年や2年で月収100万円
以上の自動収入が可能になります。

 

毎月100万円が銀行に勝手に振り込まれる
生活はどうでしょうか?

 

毎月3万円とかコツコツと貯金していく
よりも安心感があります。

 

また、一度自動化してしまえば、
3年、5年は何もしなくても収益が発生します。

 

ネットワークビジネスによる
権利収入は外部依存が高いです。

 

しかし、僕が推奨しているブログメルマガ
ビジネスは外部に左右されることも少ないです。

 

突然病気で倒れても大丈夫です。

 

 

病気といえば、2ヶ月ほど前、
ある起業家さんが入院しました。

 

軽い手術をして3週間ほど
入院生活をしました。

 

一般のサラリーマンだと3週間も
入院だと不安になりますよね。

 

入院手当があったとしても
気が気じゃないはずです。

 

でも、その起業家さんは自動収入の
仕組みを持っていたので手術している
間も勝手にお金が振り込まれたそう。

 

いやー、自動収入の仕組みを作っていて
よかったよーと嬉しそうにしていました。

 

いつ誰が倒れるか分からないですからね。
万が一の時に備えるのは非常に大事です。

 

もし彼が、仕組みを持たず、貯金だけの
人間だったら、毎日ライフゲージが削られる
ような心境だったのではないでしょうか。

 

 

結局、安心を得るには貯金をするよりも
自分の力で稼ぐスキルを身につけて、
事業を自動化するのが手っ取り早いです。

 

1000万円単位で余剰資金ができたら
お金を株や不動産など固い投資案件で
資産運用していきます。

 

すると、毎月100万円以上の大金が
勝手に銀行口座に振り込まれます。

ちょっとやそっとでは収益が無くなる
こともないです。

 

万が一事業が倒れたとしても、
3ヶ月もあれば復活できます。

 

これが究極の安心です。

 

貯金をするだけでは安心できない、
ゼロからお金を生み出すスキルと
自動収入の仕組みを作ることが安心
につながるということが伝わればと。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket