こんにちは、ためくにです。

 

今回は引き寄せの法則は効果があるのか
どうかについて話していきます。

 

引き寄せの法則は簡単に言うと、
「欲しいものを欲しいものと認識せず
に、手に入った時の感情を想像して、
すでに手に入ったものと思い込みましょう」

 

「そうしたらで欲しいものが
向こうからやってきますよ」
という魔法のような法則です。

 

自分が欲しいものを願ったら
向こうからやってくるなんて
なんともありがたい法則です。

 

芸能人も使っているみたいで、
モデルの道端アンジェリカさん
が引き寄せノートを出版したり、
スピ系の雑誌が組まれたりと
世間での認知度も高まっていますし、
一種の引き寄せブームになっています。

 

今回はそんな引き寄せの法則が
嘘か本当か話していきます。

 

業界の裏の戦略なども話すので、
業界関係者に読まれないことを祈るばかりです。

引き寄せの法則は嘘なのか?試して1年半が経った

この引き寄せの法則ですが、さっき調べた
ところ、意外と最近有名になった法則みたいです。

 

「ザ・シークレット」という本が日本では
2007年に紹介されて、その本がベストセラー
の大ヒットになり、一気に引き寄せの法則が
広まったようです。

 

自分の欲しいものを得られると信じ、
それを受け取った気持ちになりきり、
幸せを感じると、自分の望むもの、
望む状態を何でも叶えることができるらしいぞ!

 

と、一躍話題になったみたいです。

 

 

僕も以前、ビジョンボードに
挑戦したことがあります。

 

ビジョンボードというのは、
自分が叶えたい夢を、
写真を使って可視化して、
より鮮明にするボードです。

 

可視化することで願望をよりリアルに
思い浮かべて、引き寄せの法則を発動
させようという作戦です。

 

知り合いの起業家さんにこのビジョンボード
を使って夢を叶えたという人がいて、
ビジョンボード講座を開いている人がいました。

 

2時間ほどの単発講座だったので
試しに受けてみました。

 

たしか、1年半ほど前に受けました。

 

実際に引き寄せの法則は
発動することができたのかというと、、、










ビジョンボードをなくしたのでわかりません←

 

すいません、京都から大阪に引っ越す時
にどっかいっちゃいました。

 

捨ててしまったかもしれません。笑

 

まぁでも、仕事に関しては順調なので
ある意味叶っているのかなーとも思います。

 

 

で、今回の本題の、引き寄せの法則を
嘘か本当かということについてですが、
僕の見解としては、本当だと思っています。

 

お金持ちになりたいとなんとなく思っている
人よりも、「お金持ちに絶対になってやる」
「お金持ちになったらあんなことやこんなこと
してやる」とワクワクしている人の方が
お金持ちになりやすいのは当然だと思います。

 

僕も叶えたい夢はノートに書き出したり
しており、徐々に徐々に叶ってきています。

 

ただ、引き寄せの法則はあると思うと
同時に間違った解釈をしている人や
悪用している人がいるのも事実です。

引き寄せの法則は嘘。パチンコ中毒者がお金持ちになるには?

引き寄せの法則は、欲しいものを願ったら
なんでも叶うという法則ですが、何も行動
しなければいくら願っても夢は叶いません。

 

お金持ちになるにはビジネスを
しないといけないですし、
理想の男性と結婚したいならお見合い
パーティーに参加しないといけません。

 

お金持ちになりたい、素敵な人と結婚
したいと願っていても家にずっといたら
一生叶いません。

 

当たり前のことですが、当たり前を
当たり前と捉えることができず、
思考停止している人が多い印象です。

 

引き寄せの法則が嘘だ!という人ほど、
波動がどうちゃらこうちゃらと言ったり、
瞑想ばかりしたりして、夢に叶えるための
行動を避けています。

 

結局、嫌なことから目を背けて
良いことだけを見ようとしているんですよね。

 

 

例えば、朝から晩までパチンコ三昧で
借金まみれの人がいるとします。

 

その人は引き寄せの法則を知り、
お金持ちになりたいお金持ちに
なりたいと願いました。

 

彼は、引き寄せの法則があるから
俺は金持ちになれるんだーと、
相変わらずパチンコ三昧の日々です。

 

そんな彼がお金持ちになれるでしょうか?

 

絶対になれないですよね。

 

彼はまず、パチンコを辞めるということを
しなければお金持ちになることはできないです。

 

そんなのネタでしょ?と思うかもしれませんが、
現実にもこういう人は結構います。

 

自分の痛いところから目を背けて、
ある日突然夢が叶うと幻想を抱いている
ような大人がウジャウジャいます。

 

いくら引き寄せの法則を使っても
行動しなければ叶わないです。

引き寄せの法則の嘘を知らず搾取され続ける情弱たち

もう一つ、問題だと思うのが、
引き寄せの法則を教えている人が
「何もしなくても夢は叶うよ」
と幻想を抱かせていることです。

 

「努力なんて必要ない、
ありのままに生きていたら夢は叶うよ」
と本気で教えている講師がいるから
先ほどのパチンコの例のような
勘違い野郎が生まれるのです。

 

で、さらにおかしいのが、
引き寄せの法則を教えている人は
バリバリのマーケティング手法を
使っているということです。

 

 

引き寄せの法則でお金持ちになる講座
なるものが最近流行っています。

 

その名の通り、引き寄せの法則を使って
お金持ちになろうという講座ですが、
その講座を売るのにローンチを組んで
最先端のマーケティング手法を使っています。

 

いやいや、ありのままでいたらお金持ち
になれるなら、講座もマーケティングを
使うなよと思っていまいます。

 

ここに答えがあります。

 

結局、引き寄せの法則を使うよりも
マーケティングを学んだ方が良いということです。

 

これは他の記事でも書いていますが、
お金持ちになるならマーケティングを
学ぶのが手っ取り早いです。

 

頭がお花畑の人にはなかなか通じない
のですが、この世界はマーケティング
を使った人間が儲けています。

 

そこに気付かないとダメです。

 

引き寄せの法則も、スピ系も自己啓発系も
無思考な情報弱者を狙ったビジネスモデルです。

 

楽して夢が叶う、楽して儲かると言って、
情報弱者に高いお金を払わしているだけです。

 

で、結局、儲かるのは販売者側で、
受講者は1ミリも人生が変わりません。

 

お金と時間を失うのでむしろマイナスです。

 

 

あとは、「引き寄せの法則を学んでお金を
稼ぎましょう」という講座の受講者も
「引き寄せの法則を学んでお金持ちになり
ましょう」と講座を販売氏出すので、
そういうマルチ商法的な流れも問題ですね。

 

引き寄せの法則で勝手にお金が増える
はずがないので、引き寄せの法則の
講座を販売して儲けているだけです。

 

この話をどこまで信じるかはあなた次第
ですが、どんな物事にも表と裏が存在する
ので、業界の裏の戦略を考えないと
いつまでも搾取されるだけで終わります。

 

結論ですが、引き寄せの法則は
存在することは存在するけれど、
願ってばかりだと夢は叶いません。

 

一歩ずつでいいので、夢を叶える
ための行動をすることが大事です。

 

お金持ちになりたいなら、引き寄せの法則の
本やセミナー、講座に大金を払うよりも、
マーケティングを学んだ方が圧倒的にお金持ちになれます。

 

堅実な人間が夢を叶えますね。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は「会社は幸せにしてくれない」と思い、
大学4年の時に就活を放棄して起業しました。
 

1年後には労働時間ゼロで日給10万円稼げる
ようになり、不労所得生活に突入しました。
 

もともと特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


人見知りで友達は少なく、バイトでも
怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


情熱を持ってい自由に生きる個人が増えていけば、
世界はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、僕が底辺大学生
から1年で不労所得生活に突入した思考や方法
を学べる物語を電子書籍として出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるし、
自由を手にいれるヒントが詰まった作品と
好評なのでよかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる

(メールアドレスを入力すれば、今すぐ受け取れます)
 

僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→底辺大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


Pocket