こんにちは、ためくにです。

 

「時は金なり」ということわざがあります。

 

「時間はお金では買えない貴重なもの」
という意味で世間には知られていますが、
実は本来の意味合いはちょっと違いました。

 

で、この「時は金なり」の本来の意味が
お金持ちの考え方を表す素晴らしいことわざでした。

 

成功するかどうかの違いって実は、
才能や学歴、人脈、知識は関係なく
お金と時間の使い方によるところが大きいです。

 

お金と時間の正しい使い方を学べば
誰でも成功することができます。

 

今回は、時は金なりの本来の意味から、
お金持ちになるためのお金と時間への
考え方を話していこうと思います。

時は金なりはバリバリのビジネス用語だった

「時は金なり」は一般的には、
時間はお金と同じように貴重なものなので、
無駄に浪費してしまうことなく、できる限り
有意義に使いましょう。ということです。

 

これはこれで正しいですよね。
時間は有限で、一度過ぎ去った時間は
2度と戻ってこないですから。

 

ただ、時は金なりの本来の意味はちょっと違いました。

 

時は金なりの本来の意味は「時間を失うと
その分だけお金を稼ぐ機会を損失する」です。

 

つまり、
「時間を浪費すればその分賃金は減る。
だから時間は金である」ということです。

 

これを知って、時は金なりってバリバリの
ビジネス用語だったんだなーと思いました。

 

それもそのはず、「時は金なり」は
タイムイズマネーが発祥ですが、

 

このタイムイズマネーを作った人が
ベンジャミンフランクリンというビジネスマンでした。

 

僕は歴史好きで彼の名前も知っていました。

 

ベンジャミンフランクリンは世界史の
教科書なら絶対に出てくるような偉人です。

 

元々、印刷業で成り上り、アメリカ独立宣言
でも中心人物となった人です。

 

彼がそこそこ成功した時に
若いビジネスマンに送った言葉が
タイムイズマネーと言われています。

 

いいかお前ら、時間を失うとその分
だけお金を稼ぐ機会を損失するから、
時間を無駄にせずとにかく稼げ!

 

という意味合いで伝えたのでしょう。

 

実際に、ベンジャミンフランクリンは
若き起業家へ宛てた手紙でこう言っています。

 

「時間は貨幣だということを忘れてはいけない。一日の労働で10シリング儲けられるのに、外出したり、室内で怠けたまま半日を過ごすとすれば、たとえ娯楽や怠惰のために6ペンスしか支払っていないとしても、それを勘定に入れるだけではいけない。本当はその他に、5シリングの貨幣を支払っているか、むしろ捨てているのだ。」

 

つまり、大きな支出がないと思っても、
実は目に見えないところで機会損失を
しているということです。

 

例えば、1日働いたら1万円稼げる人間が
半日怠けて過ごしたら、支出はないけど、
実際には5000円を損失しているということです。

 

「時は金なり」は機会損失の考え
を表したことわざだったのですね。

時間を安売りする人間は損をする

お金持ちほど時は金なりを実践しています。

 

20代で月収200万円稼ぐ起業家
や億の金額を軽く動かす経営者など、

一般的にお金持ちと呼ばれる人たち
とよく交流するのですが、みんな時間
に対する考え方がシビアです。

 

無駄な時間を過ごせば、
その分だけ機会損失でお金を失う
と体感でわかっているのでしょう。

 

例えば、時給5万円の起業家だと、

 

1時間無駄にしたら5万円を
ドブに捨てたのと同じです。

 

だから、時給の高い人間に
会うときは要注意です。

 

1時間くらい会うならいいじゃん
って思うかもしれないですが、
相手からしたら1時間人に会う
ことで時給分を失うことです。

 

本物の起業家や成功者は、
むやみやたらに人に会わない
と言われていますが、それも
時は金なりの考え方なんでしょうね。

 

僕も昔は、とにかく人に会いまくっていました。

 

自分から会いに行っていたし、SNSで
「会いませんか?」とメッセージが来たら、
「良いですよー」と快諾していました。

 

でも、自分の貴重な時間を安売りする
のは良くないなーと思って、最近は
本当に大事な人とだけ会うようにしています。

 

すると、機会損失していた分だけ収入は
上がるし、時間の余裕もできました。

 

意外と無駄な時間を過ごしていることが多い
ので、その時間を減らしたら収入は上がります。

 

 

あとは、お金持ちってどんどんお金を
使いますが、あれも機会損失の考え方です。

 

お金持ちってやたらとタクシーに乗ったり、
グリーン車に乗ったり、高級料理を食べたりします。

 

そんなの無駄遣いでしょと思っていたの
ですが、実はあれも理にかなっていました。

 

例えば、僕がお世話になっている
資産7000万円の若手起業家さんは
難波と梅田(電車で10分)を常に
タクシーで移動します。

 

しかも、1日に2、3往復とかザラです。

 

さすがに無駄遣いじゃね?
と思っていたのですが、

 

でも、彼は車内でビジネスパートナーと電話
したり、生産性の高い仕事をしています。

 

電車だと無理だし、
エネルギーも消費しますからね。

 

タクシーに乗ることで、生産性を極限まで
高めて時間による機会損失を防いでいるというわけです。

 

グリーン車も同じで、
快適に移動した方が仕事は捗ります。

 

また、高級料理をもてなした方が、
仕事が決まりやすいです。

 

一見無駄に見えるような行為でも、
実はお金を先に使って、時間もお金も増やしているということです。

脳を鍛えたらお金も時間も手に入る

お金を先に使うか、それとも時間を先に使うか
で、お金持ちになれるかどうかが決まります。

 

成功している人ほど、先にお金を使っています。

 

お金を先に使って時間に対する機会損失
を最小限に抑えて、結果、お金も生み出しています。

 

とはいえ、なんでもかんでもお金を先に
使えばいいというわけではないです。

 

例えば、先ほどお金持ちはタクシーや
グリーン車、高級料理に投資して
お金で時間を買っていると言いました。

 

しかし、お金がない状態で同じことをやっても
ただただお金が減っていくだけです。

 

ただの浪費ですね。笑

 

じゃあ何にお金を投資したいいのかというと、
自分の脳みそです。

 

脳みそを鍛えることに投資します。

 

思考は誰にも奪われないので、
知識武装した人間は強いです。

 

情報に投資するとお金を生み出すスキル
が身につくので、収入も自然と増えます。

 

僕もお金がない時から
お金を情報に投資していました。

 

すると、どうやったら収益が発生するか
どんどんわかってくるんですね。

 

その結果、今では労働時間ゼロで
日給10万円稼いだりしています。

 

先にお金を投資したからこそ、
時間もお金も手に入れられた例です。

 

逆に、お金を失うのが怖くて、投資
できない人はどんどん機会損失していきます。

 

お金を投資しないと脳みそは鍛えられない
ので、収入は上がりません。

 

その間、刻一刻と貴重な時間は過ぎ去って、
結局、お金も時間も浪費して終わりという結果になります。

 

 

まとめると、時は金なりの由来は、
時間を無駄にせずお金を稼げ!という意味です。

 

1時間失えば、1時間分の時給が機会損失
しているという考え方です。

 

ベンジャミンフランクリンは
タイムイズマネーの言葉で
「時間をどうやって有効に使ったら
お金を稼げるかを考えろ」ということ
を伝えたかったんだと思います。

 

そのためには、時は金なりを体現する
には先にお金を使うことです。

 

自己投資して脳みそを鍛えたら
お金も時間も自然と増えます。

 

逆に、時間に対する考えが甘かったら
時間もお金もどんどん減っていきます。

 

僕も時は金なりを意識して過ごしたいと思います。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket