こんにちは、ためくにです。

 

なぜ新卒の給与は20万円なのか。

 

これを明確な理由をもって説明できる
人ってどれくらいいるんですかね?

 

ほとんどの人間は、何の疑問も持たず、
「そういう決まりだから」と仕事をしています。
これってめちゃくちゃ危険な思考です。

新卒が20万円なのは必要最低限のお金だから

なぜ新卒社員の給与は20万円程度なのか?

 

答えはとりあえず明日働ける
だろうギリギリの給与
だからです。

 

不満は出るけど、餓死せずに働ける
給与が20万円前後だかから、
月20万円と言われています。

 

年齢とともに結婚して、子どもができて、
必要なお金は増えて行くので、
給与も30万、40万円、50万円と
少しずつ上がっていきます。

 

ただ給与が上がっても
必要経費も増えているので
一生自由になることはありません。

 

ギリギリの生活を一生続けていく
ことになります。

 

この話を聞いて、そんなはずはない!
と疑うかもしれませんが、これが事実です。

 

だって、もし20代で月100万円とか
お給料が出ていたらどうしますか?

 

40代とかでセミリタイアする
人が続出しますよね?

 

それだと会社がうまく回らないから
定年まで働くように仕組まれています。

エリートサラリーマンは奴隷の格好の対象

そもそもですよ、会社員の最高給与が
月収100万円というのがおかしいです。

 

あたかも月収100万円稼ぐこと
が最高基準という錯覚にみんな陥っています。

 

会社員という枠組みを外すと
月収100万円レベルなんてゴロゴロいます。

 

しかし、会社員だとどれだけ優秀な人材
でも月収100万円程度しかもらえません。

 

学生時代毎日勉強を10時間以上
頑張って難関大学に合格し、
大学でも留学や部活動に精を出した
一部の人間が一流企業に就職できます。

 

そこからさらに20年ほど激務に耐えた
人間が月収100万円に到達します。

 

これも一部の人間に仕組まれた罠です。

 

エリート層は優秀カツ真面目だから
一番使い勝手が良いです。

 

彼らを月収100万円という甘い罠で釣り、
一生会社の奴隷にする戦略です。

 

たとえ月収100万円をもらえても
朝から晩まで働かないいけないし、
会社を辞めたらエリート人生から
転落すると思っているので、
容易には辞められません。

 

結局、会社員でいる限りは
自由な人生は手に入りません

 

先ほども言ったように、
会社員の給与はギリギリ生活できる
金額が基準なんで仕方ないです。

新卒で20万円が嫌だったから抜け出したら自由な生活が待っていた

会社員は一生終わらない
ラットレースをしています。

 

このラットレースから抜け出す
方法は、会社員を辞めることです。

 

会社員を辞めたら余計にお金が
なくなるんじゃないか?

 

と思われるかもしれませんが、
今の時代は生きていくぐらいの
金額は個人であっさりと稼げます。

 

それこそ、田舎なら月10万円も
あれば生活できるので、在宅で
月10万円稼ぎながらのんびり
過ごすのもありでしょう。

 

僕は自分の限界がどこまでか
試したいので上を目指して
稼ぎ続けていますが、

 

別にお金に執着がなければ
最低限のお金を稼いで田舎
暮らしも立派な生き方です。

 

会社員として奴隷のように
朝から晩まで働くより
よっぽど自由な生活が送れます。

新卒で入った会社を11ヶ月で辞めた自由人

僕の友人に会社を11ヶ月で
辞めた人間がいます。

 

彼は新卒で入った会社が合わず、
たった11ヶ月で退職。

 

そこからブログや転売をしつつも
今は全国を回りながら農業をしています。

 

別に月収100万円とか稼いでいる
わけではないですが、会社に縛られず
好きなことで飯を食っているので
楽しそうに生活しています。

 

僕の周りにはそういう自由な人が
多いのですが、まだまだ少数派です。

 

会社を辞めるというと、
え、大丈夫なの?と冷笑されます。

 

けれど、何の疑問も持たずに会社員
として働く方がよっぽどリスキーです。

 

よくよく考えたら、お給与以外にも
疑問に持つべきことは多いです。

 

例えば、週休2日制だってそうです。

 

なぜ週5日働かないといけないのか?
なぜ休みは2日しかないのか?

 

他にも、9時5時制度、サービス残業、
長期休みは年3回だけ(お盆、お正月、GW)

 

これらは当たり前のように
受け入れられていますが、
そこに明確な理由はありません。

 

ただただ一部の人間に都合の良いように
作られている仕組みです。

 

別に仕事ができる人なら10時〜15時
が勤務時間でもいいし、残業なんてしなく
てもいいし、1ヶ月くらい長期休みを
とってもいいはずです。

 

しかし、現実ではそんなことを
すると非常識だと揶揄されます。

 

改めて常識を疑うことって
大事だな〜と思います。

 

みんなの常識は一部の人間による
搾取の結果の可能性が高いので、
当たり前こと疑うことをお勧めします。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket