こんにちは、ためくにです。

 

僕は今、ビジネスをしているのですが、
よく「意識高いね」ってよく言われます。

 

これは半分褒め言葉で、半分嘲笑されています。

 

「あいつ、何であんなに頑張ってんだよ」
ってことです。

 

僕は自分がやりたいことをやっているだけ
なので別に何を言われてもいいのですが、
「意識高くて何が悪いのかなー?」と思います。

 

自分の人生なんだし、真剣に生きるし、
そしたら自然と意識も高くなるでしょ。

 

 

意識低い系大学生と意識高い系大学生どちらが
良いか?みたいな討論がたびたび巻き起こって
いますが、僕は断然意識高い系大学生です。

 

理由は先ほど述べたように、自分の人生に
真剣になれない人は仕事も恋愛も人間関係
もうまくいかないからです。

 

自分の人生に真剣で、日々自己研鑽している
人と、毎日のように「バイトだりぃ〜」と
言っている人、どちらと仲良くしたいか?

 

僕は断然前者です。

意識低い系は楽しいけど楽しくない毎日

とはいえ、意識低い系大学生の気持ち
もわからなくはないです。

 

意識低い系ってやる気がないし、
将来やりたいこともないんですよね。

 

頑張るのがダサいし、みんなが頑張って
いる中、遊ぶ俺かっこいいと思っています。

 

僕も昔はそんな意識低い系の時期がありました。

 

昔から超真面目で勉強も毎日するような
子どもだったのですが、中学の頃、一時期
だけ全くやる気がなくなりました。

 

あるあるですよね。中学の頃って、
勉強するのがダサい、遊びたいという
欲望が膨れ上がる時期です。

 

僕もそんな感じで、勉強とかださくね?と、
授業中も友達とふざけて遊んでいました。

 

定規と消しゴムでボードゲーム?
みたいなことをしていました。

 

内心「遊んでいる俺かっこいい」みたいな。

 

しかも良い大学には受かりたかったので、
家に帰ったら影でコソコソと宿題をしてました。

 

いや、超絶ダセェよww

 

で、中学の頃はそんな感じで、
部活も勉強もほどほどにして
友達とふざけて遊ぶ毎日でした。

 

楽しかったですよ。
気の合う友達とワイワイするのは。

 

でも、どこか物足りない感じがしました。

 

楽しいけれど、心のどこかにぽっかりと
穴が空いているみたいな。

 

このまま生きてもつまらないなー
と思って、高校入学したあたりから
もっと真剣に生きようと思いました。

 

自分が興味あることを本気でやろうと
思いました。

 

それからテニスでインターハイ出場目指
したり、大学受験で難関大学目指したり、
起業して自分の力だけで稼ぐことを目指
したりしてきました。

 

真剣に生きれば生きるほど挫折もあるし、
悔しい思いも味わってきました。

 

でも、意識低い系を演じていた頃
よりは毎日が充実しているし、
楽しい思いもたくさん経験してきました。

 

意識低い系を演じていた頃に比べたら
人生経験も考え方もライフスタイルも
何も変わったなーと。

 

今は月収1000万円を目指しています。
正直言って簡単に越えられる壁ではないです。

 

でも、何か大きな目標に向かって
努力するのは楽しいなーと思います。

 

一度きりの人生だし、どこまでいけるか
わからなけど、とことん挑戦したいですね。

意識低い系と意識高い系の10年後は?

結局何が言いたいのかというと、意識高い系
になったら人生楽しいぜってことです。

 

意識低い系大学生の言い分もわかります。

 

今の日本って物質的には豊かだから
普通に生きていたら困りません。

 

バイトして、サークル行って、カラオケや
ボーリング、飲み会して、仲の良い友達と
ワイワイするのは楽しいのはわかります。

 

ただ、多くの意識低い系大学生は、
本気でやりたいことがないから、
仕方なしに毎日ダラダラを過ごして
いる気がするのです。

 

今の毎日が一生続いても最高の人生だった
と言えるなら、それでいいと思います。

 

でも、心の底から今の人生最高と言えない
なら、方向転換するべきです。

 

起業して10代、20代の若手起業家と
よく会うのですが、みんな毎日を真剣
に生きていてかっこいいです。

 

1分1秒無駄にせず自分を高めることに
全力だし、世の中に価値を与え続けています。

 

10年後、30代になったら、意識低い系
大学生と意識高い系大学生では、収入も
関わる人脈もスキルも思考も何もかも
大きく差が開いているんだろうなと思います。

 

どちらの人生が本当に充実した
人生かは明らかですよね。

 

30代以降でビジネスを始めた人と話すと
決まって、「もっと若いうちから人生に
真剣になっておけば」と言っています。

 

大学生の頃は毎日バイトとクラブ三昧で
あの頃に人生をもっと深く考えておけば
と後悔している人が多いです。

 

自分の人生に真剣になる時期は早ければ
早い方がいいですね。

お金と時間があったら何がしたいか?

頑張るのダサいという風潮がありますが、
そんなことないです。頑張っている大人
は超かっこいいです。

 

そして、頑張れが報われるのが
今の日本社会です。

 

努力の方向性さえ間違えなければ
誰でも理想のライフスタイルを
手に入れることができます。

 

だから、今、人生が心の底から
楽しいと思えないなら、
何か始めることをお勧めします。

 

それこそ、大学生だったら時間が
有り余っているので、何でもできます。

 

留学、バックパッカー旅行、サークル、
アルバイト、起業何でもできます。

 

「お金と時間が無限にあったら何がしたいか?」
これは僕の人生を変えてくれた質問です。

 

自分が何でもできる無敵状態だったら
何をするかということです。

 

やりたいことがない人の多くは、
自分の視野だけで考えているからです。

 

今の収入や人脈、知識だとやりたい
ことはなくても、無敵状態だったら
やりたいことはあるはずです。

 

それこそ、世界中を旅行する、
BARを経営する、芸能人と付き合う、
1億円稼ぐなど何でもオッケーです。

 

まずは自分の本音の気持ちに気づくことが大切です。

 

今だったら好きなことで食っていく
ことも可能です。

 

それこそマーケティングを少し学べば、
ゲームやアニメ、音楽だけで食っていく
ことも容易です。

 

資金もいらないし、誰でも挑戦できます。

 

毎日ダラダラと過ごすよりも自分の
好きなことで世の中に価値提供しながら
生きていけたら最高ですよね。

 

意識高い系よりも意識高い系の方が
人生の質は何倍も高まります。

 

僕は意識高い系として、自分の
人生を真剣に生きたいなーと思います。

PS

SNSで意識高い系の発言をしたり、
自己啓発セミナーや本を読むだけで
実際には何も行動していない意識だけ
高い大学生もいます。

 

これはもったいないなーと思います。

 

意識だけ高くても行動しなければ
人生は変わりません。

 

少しずつでいいので、
行動することが大事ですね。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket