こんにちは、ためくにです。

 

僕は大学の友達が新卒で内定するのと
同時に起業しました。

 

いわゆる新卒起業ってやつですが、
それから約2年が経過しました。

 

この2年で感じたことを書いてきます。

新卒起業で調子乗ったら上には上がいた

僕は22歳の時に起業しました。

 

世間一般だと早い方らしいです。

 

あるデータによると新卒で起業している
人は全体の3%だそうです。

 

一学年に3人はいるということだから、
意外と多いのだなーという印象です。

 

これから個人の時代になっていくし、
その割合はますます増えるでしょう。

 

とはいっても、世間では22歳で
起業するのはかなりの希少種です。

 

交流会に参加しても目立つし、
若いのにすごいねーと30代以上の
経営者さんに可愛がってもらいました。

 

チヤホヤされて、俺ってすごいんじゃね?
と軽く調子に乗っていました。

 

 

ただ、最近は10代、20代で起業しても
何もすごくないと思うようになりました。

 

たしかに割合で言えば少ないけれど、
日本全体を見渡せば新卒起業している人
はゴロゴロいます。

 

中には高校生で月収100万円稼ぐ人、
大学生で1億円稼いだ人、
大学在学中に9社経営した人など、
異次元レベルの人にも会ってきました。

 

あー、俺って何もすごくないじゃん。
というかちょっと稼げて調子乗るって
めちゃくちゃ小物だしダサいじゃんって感じました。

 

しかも、彼らはみんな魅力的です。

 

素直で実力では半分以下の僕にも
丁重に接してくれます。

 

先ほどの大学在学中に9社経営した人は
僕より年上なのですが、帰り際に深々と
90度以上曲げてお辞儀された時はビビりました。

 

年下で年収も10分の1以下の僕に
そんな深々とお辞儀しますか?

 

あのお辞儀は一生忘れられません。

 

そんな魅力的な性格だからこそ、
若くして大金を稼げているんだろうなと感じました。

 

当然、彼らの元には魅力的な人が
集まります。

 

仲間と楽しくビジネスしながら
人生を謳歌していました。

 

こういう姿を見ると、
自分ももっと上を目指そうと思えます。

 

 

一番感じたのが、彼らの意識の高さです。

 

起業は収入も結果も自己責任なので
ある意味当たり前かもしれませんが、
みんな自己成長に本気でした。

 

1日1冊本を読むなど読書好きで、
常に上を目指している姿が印象的です。

 

自分もちんたらしている場合じゃないなー
と危機感を覚えます。

 

一方、世間一般を見渡すと、
ダラダラしている会社員が多いです。

 

大学の友達はイヤイヤ会社をしながら、
家に帰ったYouTube、オンラインゲームの
毎日だそうです。

 

頭の中は常にパチンコ、ゲーム、タバコ、
女遊びでいっぱいです。

 

そういう姿を見ると、
大丈夫かと心配になります。

 

もちろん、彼らがそれで楽しいなら
いいですが、どこか人生を諦めている
ような感じがしてたまらないです。

 

自分磨きをしている人と、
ダラダラと自堕落に生きている人。

 

両者は5年、10年経てば、
とんでもない差になります。

新卒起業は危険じゃないのか?

新卒起業する上で一番のネックは
稼げるのかという点です。

 

起業して自由な人生を歩みたいけど、
将来の不安を感じて一歩踏み出せない人は多いです。

 

2年間、起業して感じたのが、
起業はキャリアアップになるということです。

 

会社員だろうが起業家だろうが、
自己成長していたら大丈夫です。

 

社会における希少性が高まり、
収入は増えるし、食いっぱぐれる
心配も無くなります。

 

会社員で下積みした方がいいんじゃない
という意見もありますが、無視してオッケーです。

 

そもそも会社員と起業家だと、
風土も考え方も真逆です。

 

会社員で雑用をしたり、どうでもいい
名刺や飲み会の行儀を覚えるくらいなら、
起業家として現場で仕事を覚えた方が
何百倍も役に立ちます。

 

実際に、新卒起業した人で、
会社員になった方が良かったと
後悔している人は皆無です。

 

逆に、一度会社員になってから起業した人
は、会社員の経験はほとんど役に立たないと言っています。

 

だから、起業したいなら、新卒起業でも
学生起業でもいいから早くすべきです。

 

先ほどもチラッと言いましたが、
起業はキャリアアップにつながります。

 

起業したらゼロからお金を生み出す
スキルを身につけることができます。

 

このスキルってかなり貴重です。

 

それこそ、大手企業に法人コンサルで
300万円とかもらう若者もいます。

 

10代、20代の若者が法人コンサルをして
一度に数百万円の大金をもらうのです。

 

普通だったらありえないですよね。

 

でも、希少性を高めたら可能になります。

 

だから、スキルさえ身につけたら、
起業は最高のキャリアアップになります。

 

 

会社員って実力が反映されない
じゃないですか。

 

あれってかなりもったいないなーと、

 

大学の友達には優秀な人が多かったのですが、
みんな悶々と会社員として働いています。

 

彼らが起業したらすぐに結果でるし、
実力も収入も何倍も高まるのに。

 

仮に事業が失敗しても
雇ってもらえる確率は高いです。

 

僕はウェブマーケティングが得意なのですが、
このスキルを欲しがってくれる会社は多いです。

 

場合によっては、一般の会社員より高待遇
で雇ってくれる可能性もあります。

 

だから起業したいなら
起業したらいいじゃんって思います。

 

ネット起業すればリスクゼロで起業できます。

 

リスクゼロで月収100万円以上稼げて、
しかも一生食いっぱぐれないスキルも
手に入るってここは天国かと思います。笑

 

たまにネット起業とかしょうもない
とバカにする人がいるのですが、
何もわかっていないんだなーと思います。

 

ネットビジネスとかアフィリエイトと聞くと、
なんかアングラなビジネスに思われがちですが、
その本質は実業と同じです。

 

実業のビジネスモデルをただただ
インターネットで展開するだけです。

 

何も怪しくないし、
むしろチャンスしかないです。

 

カッコイイからという理由で実業に
挑戦して利益も出ない人たちよりも
よっぽど価値があります。

 

現に、僕の元には毎日感謝のメールが届きます。

 

そういうのを見ると、自分のやっている
事業って無駄じゃないんだなーと感じます。

毎日を真剣に生きようと思った

新卒起業をして2年が経ったのですが、
人生は短いなとひしひしと感じます。

 

今、僕は24歳なのですが、
ついこの間に20歳になった気分です。

 

24歳とかおっさんの領域です。

 

このままちんたらしていたら、
すぐに30代に突入します。

 

30代になったら結婚して、
子どもも生まれて・・・

 

気づいたら50代手前なんてことも。

 

実際そういう人生を歩んでいる
人って超多いと思います。

 

まだ若いから大丈夫。

 

落ち着いたら頑張る。

 

そうやってなんとなく生きているうちに
どんどん年を取っているみたいな。

 

考えるだけで恐怖しかないです。

 

若いうちは今しかないんだし、
もっと真剣に毎日を生きなきゃと感じます。

 

 

周りの起業家も毎日毎日
真剣に自己研鑽しています。

 

それについていって、
もっと面白い世界を味わいたいです。

 

そのためにも、もっともっと成長できる
ように頑張りたいと思います。

 

今回の記事は完全に感想になりましたが、
何か伝わったらいいなーと。

 

僕たちの人生は意外と短いので、
起業したいなら起業するべきだし、
やりたいことはどんどんやっていくべきですね。

 

では、では。

1200円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学4年の時に起業して、
1年で自由な人生を手に入れることができました。


とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。


もともとは人見知りで友達は少なく、バイト
も怒られてばかりの典型的なダメ人間でした。


貧乏で半額のお惣菜ともやしとカップ麺が主食でした。


知識も人脈も資金も何もかもゼロから
のスタートでしたが、ちょっと真剣に
頑張ったら人生が180度好転しました。


僕の周りの起業家仲間も、借金800万円、
高卒フリーター、新卒半年でうつ病など、
マイナスのスタートから半年そこらで
月収100万円を突破した人が大勢います。


だから、これまでどんな悲惨な人生を歩んで
いても、ちょこっと勉強して実践すれば誰でも
理想の人生を歩むことはできると確信しています。


僕は自由に生きる個人が増えたら、
日本はもっと活気付くと思っています。


その理念を達成するために、貧乏大学生
が1年で自由な人生を手に入れた方法が
学べる電子書籍を出版しました。


普段は1200円で販売していますが、
メルマガ限定で今だけ無料公開しています。


ストーリー形式でスラスラ読めるので
よかったら読んでみてください。

→「自由を手に入れて人生を謳歌しよう」を無料で読んでみる


僕の経歴やビジネスの理念は
こちらの記事で詳しく話しています。

→貧乏大学生が自由を手に入れるまでの軌跡と活動理念 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます) 


Pocket